2018年1月15日 更新

12月度、年間ともに「N-BOX」の圧勝に終わった軽自動車販売台数ランキング

全国軽自動車協会連合会は11日、2017年12月および2017年の車名別販売台数を発表しました。ともにトップはホンダの「N-BOX」、2位はダイハツの「ムーヴ」。全体的に好調な軽自動車ですが、個別には苦戦している車種もあるようです。

12月度、年間ともに「N-BOX」の圧勝に終わった軽自動車販売台数ランキング

12月度 N-BOXが4か月連続でトップ

ホンダN-BOXカスタム

ホンダN-BOXカスタム

12月度のランキングでは、フルモデルチェンジされたホンダの「N-BOX」が、前年比23.3%増で登録者を含めても4か月連続のトップ。2位の「ムーヴ」との差は8千台あまりと大きく、「ムーヴ」の台数に、に6位の「ワゴンR」の台数を加えた数字といえば、その差がわかりやすいかも。

4位のスズキ「スペーシア」が 前年同月比145.5%と、これまでになく好調で、ついにライバルのダイハツ「タント」をとらえました。フルモデルチェンジされたのは12月末なので、この数字には反映されていませんが、最後まで発売していた「カスタムZ」の人気が牽引したものと思われます。

1月からは、この新型「スペーシア」がカウントされるので、絶勝「N-BOX」にどこまで迫れるか、注目されます。

2017年12月度の車名別新車販売台数ランキングトップ10(前年同月比)

スズキスペーシア

スズキスペーシア

1位:ホンダ N-BOX 18,458台(123.3%)
2位:ダイハツ  ムーヴ 10,073台(86.1%)
3位:日産  デイズ 9,288台(81.3%)
4位:スズキ  スペーシア 8,757台(145.5%)
5位:ダイハツ  タント 8,741台(84.9%)
6位:スズキ  ワゴンR 8,284台(157.0%)
7位:ダイハツ ミラ 6,654台(119.5%)
8位:スズキ アルト 5,193台(75.4%)
9位:ホンダ N-WGN 4,949台(75.4%)
10位:スズキ ハスラー 4,194台(66.8%)

2017年1月~12月累計 N-BOXがダントツの首位を獲得

ホンダN-BOXカスタム

ホンダN-BOXカスタム

同時に発表された年間ランキングでも、ホンダ「N-BOX」が前年比17.2%増の218,478台で圧勝。クラス別では、ハイトールワゴンで「N-BOX」に続いたのはダイハツの「タント」、スズキの「スペーシア」は後半に伸びたが届かずクラス最後尾。しかし、「タント」が前年比を落とす中、フルモデルチェンジされた「スペーシア」が追い上げるのは必至。

トールワゴンは「ムーヴ」が「ワゴンR」を引き離した。「ワゴンR」は前年比を大きく上回っているが「ムーヴ」も衰えていない。「N-BOX」が売れすぎて「とばっちり」を受けているホンダのトールワゴン「N-WGN」も元気がなく、「N-ONE」にいたっては、ダイハツからのOEM供給車両であるトヨタの「ピクシス」を下回った。ちなみに12月度は前年同月比38.4%の386台しか売れていないのです。

「ミライース」と「アルト」のハッチバック対決は、「ミライース」の完勝。現在でもフルモデルチェンジで勢いを増し続けています。逆に「アルト」は前年比を割り込み、安全性能と質感で差別化に成功した「ミライース」に、じりじりと差を広げられています。

2017年の車名別新車販売台数ランキングトップ10(前年比)

ダイハツムーヴ

ダイハツムーヴ

1位:ホンダ N-BOX 218,478台(117.2%)
2位:ダイハツ  ムーヴ141,373台(138.0%)
3位:ダイハツ  タント 141,312台(90.6%)
4位:日産  デイズ 137,514台(130.1%)
5位:スズキ ワゴンR 114,711台(141.4%)
6位:スズキ スペーシア104,763台(128.9%)
7位:ダイハツ ミラ 95,772台(131.3%)
8位:スズキ アルト 88,394台(88.6%)
9位:ホンダ N-WGN 75,591台(87.2%)
10位:スズキ ハスラー 72,600台(84.7%)

まとめ

スズキワゴンR

スズキワゴンR

2018年もホンダ「N-BOX」を中心に回ることが決定的な軽自動車。販売台数ランキングも「N-BOX」とそれ以外という二極化がハッキリとしてきそうです。しかし、老舗のダイハツとスズキも、ユニークな新型車を準備しており、軽は「N-BOX」以外も面白いというメッセージがユーザーに伝われば、トータルでホンダを凌ぐ魅力が出せるでしょう。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン