2017年7月25日 更新

日本で今夏発売予定の新型「CIVIC(シビック)」シリーズを東京オートサロン2017で日本初披露

HONDA公式サイトで1/13にリリースされたニュースです

日本で今夏発売予定の新型「CIVIC(シビック)」シリーズを東京オートサロン2017で日本初披露

日本で今夏発売予定の新型「CIVIC(シビック)」シリーズを東京オートサロン2017で日本初披露

 Hondaは、千葉県の幕張メッセにて開催中の「東京オートサロン2017」<1月13日(金)〜15日(日)>において、2017年夏に日本で発売を予定している新型「CIVIC(シビック)」シリーズの3モデル、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R(タイプアール)」のプロトタイプモデルを日本で初めて公開しました。

 シビックは、1972年の発売以来、世界で累計約2,400万台を販売しているグローバルモデルです。新型シビックシリーズは、2015年11月の米国でのシビック セダン発売を手始めに、欧州、中国などでも販売を開始し、2016年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、各地域のお客様にご好評をいただいています。
 新型シビックシリーズは、新設計のプラットフォームを採用し、スポーティーかつ上質な走行性能を実現したほか、居住性、燃費性能、安全性能、デザイン性など、すべての領域で優れた性能を追求しました。日本仕様のシビック ハッチバック、シビック セダンのパワートレインには、力強い走りと高い燃費性能を兼ね備え、さらに高出力となった1.5L直噴VTEC TURBOエンジンを搭載します。
 シビック セダンは埼玉製作所 寄居完成車工場での生産を予定しており、シビック ハッチバック、シビック TYPE Rはホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド<Honda of the U.K. Manufacturing. Ltd.>での生産を予定しています。
シビック セダン プロトタイプモデル(左)、シビック ...

シビック セダン プロトタイプモデル(左)、シビック ハッチバック プロトタイプモデル(右)

シビック TYPE R プロトタイプモデル

シビック TYPE R プロトタイプモデル

【東京オートサロン2017※開催概要】

開催日時: 2017年1月13日(金) 9:00〜19:00 (報道関係者招待日)※一般特別公開は14:00〜
1月14日(土) 9:00〜19:00 (一般公開日)
1月15日(日) 9:00〜17:00 (一般公開日)

開催会場: 幕張メッセ国際展示場ホール1〜11・国際会議場・イベントホール・屋外展示場 Hondaブース:中ホール 小間番号438
※主催:東京オートサロン事務局(TASA〈TOKYO AUTO SALON ASSOCIATION〉)

東京オートサロン実行委員会
後援:経済産業省、千葉県、千葉市、日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)、
  一般社団法人 日本自動車工業会(JAMA)、一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)(順不同)
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya