2018年9月27日 更新

Opel Corsa GSiがモデルチェンジして登場しそう!日本では並行輸入で新車に乗れそう!!!

オペルと言えば、かつては日本でも輸入販売されていたメーカーですね。しかしながら現在は、日本で正規輸入されなくなってしまいました。GM傘下となっているのでGMさんから買えればうれしいのですが・・・。このモデルを調査してみます!並行新車であれば日本でも乗れます!!!

Opel Corsa GSiがモデルチェンジして登場しそう!日本では並行輸入で新車に乗れそう!!!

Opel Corsaってどんなクルマ???

GMグループ傘下にあるオペル、ボクスホール、ホールデンなどは、市場によって様々なブランド名に変えて販売されていますね。また、生産工場もスペインのサラゴサをはじめ、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、インドなど多岐になっています。日本では、2代目、3代目モデルが、オペルヴィータとして販売されてました。

初代 コルサA
フォルクスワーゲン・ポロやフォード・フィエスタ等、コンパクトサイズがしのぎを削っていた時代。オペルの開発として、欧州で、コルサAが、1982年発売開始されました。スペインに新設されたサラゴサ工場で生産が行われ、車自体のデザインは、1979年にFF方式を採用したカデットモデルを縮小した印象に。

2代目 コルサB
日本では1995年~2004年モデルをヤナセが輸入販売開始。車両本体の販売価格は150万円台からで、当初は左ハンドル仕様のみだったが、翌年右ハンドルも発売されました。

可愛いベイビーのメロディに乗せて「かわいいVITA!ハイハイ」と親しみやすいCM音楽と丸みを帯びたデザインがポイント。さらにデュアルエアバッグやABSといった安全装備が充実し、価格も輸入車としては安かったことより、輸入分は、すぐに完売となるほど。

日本ではすでにトヨタがコルサという車名を使っていたため、「オペル・ヴィータ」に改名した上で販売されたのも特徴。

3代目 コルサC
欧州では2001年から販売開始。オペルは、このころゼネラルモーターズ傘下となっており、同社では新しいシャーシを搭載し 、他の多くのグレードラインアップを展開していました。 ラテンアメリカ、南アフリカ、中東でもサルーン版が提供され、いろいろな仕様が販売されてました。

日本では、2001年~2003年モデルをGMが輸入販売をし、さらにヤナセでも併売。日本名は、2代目同様「オペル・ヴィータ」。なお、この代をもって、日本への正規輸入は途絶えてしまったのが国内の現状。

4代目 コルサD
欧州では、2006年5月発売。「GM ガンマプラットフォーム」が採用されており、これはフィアット・グランデプントとも共用されていました。日本では、2006年5月にオペルが撤退したため、この代も、正規輸入ならびに販売されていないのが寂しいところ。

5代目 コルサE
欧州では、2014年から発売開始。このモデルが、現行型となっており現在販売されているモデル。残念ながらこの代も日本では輸入されておらず、未発売となっております。このモデルにGSIモデルが存在し、スポーティ性をアピールしたモデルになっております。

コルサB画像

 (44029)

Opel Corsa GSiのエクステリア等

新しいOpel Corsa GSiの高性能な部分は、大型ダクト、エッジラインの利いたボンネット、目立つリアスポイラー、このモデル特有のサイドシルをポイントとするエクステリアによってグレード上位にある点。

フロント部分では、大型のハニカムグリルを備えた大胆なOpel GSiエンブレム、2つの翼で支持された中央のOpelエンブレムがポイント。カーボンレーシング製のリアビューミラーハウジングがスポーティ感がアップしていますね。

フロンとサイドをを横切って走る黒いクロスピースを介して水平線で視覚的に接続された大きなクロームリングのデザインが、特徴的。ボンネットの黒いトラバース・クリートがスポーティさをさらにアップ。

フロント画像

 (44649)

サイド画像

サイドのプレスラインがクッキリとそして、下側に入っており、このモデルにスポーツ性能を有している印象を与えていますね。まっすぐでなくカーブしているのが特徴的。
 (44650)

リア画像

後ろから見ると、凹凸のあるスタイリングが印象的。ルーフエンドに取り付けられたスポイラーが、ダウンフォースをさらに作り出すようです。スポーティなクロムテールエンドは、ボディカラーでリアエプロンの鮮やかなデザインの中でさらに目立つ存在に。
 (44651)

215/40ZR18スポーツタイヤを装備したオプションの18インチ軽合金ホイールとこのブレーキシステムが組み合わされた場合、ハンドリング性能アップと短い制動距離を体感できるとの事。
 (44652)

スポーティーなOpel Corsa GSiは、19,960ユーロとの事で、日本円では、265万円ほど。
 (44653)

Opel Corsa GSi の内装デザイン等

 (44654)

完全にスポーツ走行をするために開発されているモデルであることが伺えますね。セミバケットタイプのシートは、横にスリットが入っており、スパルタンな印象を増幅。

小型ホットハッチモデルであることを証明するかのようなブラックインテリアデザインは、このモデルの最大のポイントであると言えますね。

ステアリングデザインもスポーツ仕様、必要最小限のすっきりとしたメーターパネル類、スポーツモデルでも必要な情報を操作しやすいようにステアリングスイッチが左右についており、簡単に操作できるように仕上げているとの事!
 (44655)

スポーティなGSiモデルは、オペルで長い伝統となっていますね。ユーザーのアドレナリンレベルを上げたのは、1984年発売のManta GSiとKadett GSi(1800㏄で115馬力)モデルから。わずか4年後、2000㏄のDOHC 16バルブエンジンがKadett 2000 GSi 16Vで150馬力を達成しました。最初のアストラはこのエンジンを搭載。

この伝統を受け継ぎながら進化したパワートレインを現行GSiい搭載していますね。1400㏄ターボ4気筒エンジンは、150HPの最高出力を達成しています。

OPCのシャシーと赤いキャリパー付きのディスクブレーキは、オペルのパフォーマンスカーとモータースポーツのVolker Strycekが伝説的なニュルブルクリンク "Nordschleife"でテスト後に装着。

まとめ

オペルは、日本撤退をしてしまい、現在では正規ディーラーでは購入することが出来ないメーカーであります。ただ並行輸入であれば、購入することは可能ですね!四半世紀前とは違い、乗りたい車を購入することが比較的容易にもなっています。

今回のオペルコルサだけでなくアダム(最小モデル)等も気になるところですね!
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me