2017年1月24日 更新

東京オートサロン2017に11台のコンセプトカーを出展

ダイハツ公式サイトで12/22リリースされたニュースをまとめます

東京オートサロン2017に11台のコンセプトカーを出展

東京オートサロン2017に11台のコンセプトカーを出展

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、2017年1月13日(金)から1月15日(日)まで、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される「東京オートサロン2017」に軽乗用車 「ムーヴ キャンバス」や小型乗用車「トール」など、計11台のコンセプトカーを出展する。

ダイハツブースは「もっと楽しく。もっと自分らしく。」をテーマに、4つのカテゴリーでコンセプトカーを出展。ダイハツがこれまで生み出してきた個性的な車両の特長や、従来のカスタムグレードなどをベースアイデアとしながら、さらに新しいカタチへと昇華したコンセプトカーとした。

出展コンセプトカー 一覧

カテゴリー/ベース車
1 SPORZA(スポルザ)/ブーン シルク、トール、ムーヴ キャンバス、コペン
2 Grand Custom(グランド カスタム)/トールカスタム、タント カスタム、ムーヴ カスタム
3 Beach Cruisin’(ビーチ クルージン)/ブーン、ムーヴ キャンバス
4 CROSS FIELD(クロス フィールド)/キャスト アクティバ、ウェイク

【SPORZA】

・ダイハツ往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」や「TR-XX」の要素を、現代仕様として復活
・赤×黒の専用ボディカラーにゴールドのアルミホイールで、上質なスポーツテイストを演出
・個性で際立つダイハツスポーツラインナップの再始動を想起させるコンセプトカー

【Grand Custom】

・専用メッキパーツや大型LEDフォグランプで圧倒的な存在感を表現
・迫力と優美さを身にまとった、至高のカスタムスタイルを提案

【Beach Cruisin’】

・専用ボディカラーとオリジナルのラッピングでテイスト系の新たなカタチを提案
・ライフスタイルをゆるく、のんびり、スローに楽しむためのクルマを表現

【CROSS FIELD】

・マットに仕上げた専用ボディカラーとオリジナルのDラッピングなどでアクティブ感を付加
・外遊びが好きな「大人の趣味人」が遊びのフィールドを広げるための一台を表現

<イメージイラスト※1>

【SPORZA】
ブーンシルク

ブーンシルク

トール

トール

ムーヴ キャンバス

ムーヴ キャンバス

コペン

コペン

【Grand Custom】
トール カスタム

トール カスタム

ムーヴ カスタム

ムーヴ カスタム

タント カスタム

タント カスタム

【Beach Cruisin’】
ムーヴ キャンバス

ムーヴ キャンバス

ブーン

ブーン

【CROSS FIELD】
キャスト アクティバ

キャスト アクティバ

ウェイク

ウェイク

※1:画像はイメージイラストの為、展示車両とは、仕様が一部異なる可能性があります

関連コンテンツ

32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya