2018年6月20日 更新

小気味良いコンパクトスポーツに乗ろう!

大きなエンジンで豪快に加速していくようなスポーツカーはもちろん魅力的ですが、コンパクトカーのスポーツバージョンも魅力では負けていません。むしろ郊外やワインディングの続く峠道などでは、こちらの方がエンジンを使い切る醍醐味が楽しめるかもしれません。価格的にも新車が無理なく手が届く設定ですし、普段はファミリーカーとしても便利に利用できます。最近は外観、インテリアだけではなく、メカ的にもかなり手が入ったモデルが登場しています。気になったモデルは是非一度試乗してみてください。コンパクトカーならではの魅力が味わえると思います。

小気味良いコンパクトスポーツに乗ろう!

トヨタ・ヴィッツ・GR SPORT

GR SPORT

GR SPORT

ヴィッツは1,000ccエンジンを主軸とするコンパクトカーですが、ちゃんとスポーツタイプが用意されています。
2018年6月に発売されたGRMNは別格としますが、GR SPORTでもかなりスポーティな走りと雰囲気を楽しむことができます。

従来、トヨタではスポーツコンバージョンのシリーズとして「G Sports」(通称Gs:ジーズ)を販売していましたが、今後は「GR」シリーズに一新、車両のラインアップ、パーツ等の新アイテムを充実させていく計画です。

社長自身が「運転好き」ということもありますが、走ることを通じてクルマを楽しもうという文化を育てる取り組みに力を入れています。

さて、ヴィッツでのお勧めとなるのは「GR SPORT」です。エンジン車は2,076,840円~、ハイブリッド車は2,318,760円~という価格帯です。

ガソリン車のFFには、自動無段変速機(Super CVT‐i)に加えて5MTも選ぶことができます。CVTも7速スポーツシーケンシャルシフトマチック、パドルシフト、SPORTモード付きです。シフトをMポジションに入れると、マニュアル感覚で素早いチェンジが可能です。これを自在に駆使すれば、アクティブな走りが楽しめます。

エンジンこそ1,500ccの109PSということで、けっしてパワフルではありませんが、軽量&コンパクトな車体なので、パワー不足を感じることはないでしょう。

サスペンションもGR SPORT専用チューニングです。アブソーバーの減衰力、バネ定数がチューニングされ、更にはアブソーバーのピストン径の拡大で応答性を高めています。路面の凹凸は気持ち良く吸収しながらも、フラットな乗り心地で、より楽しめるハンドリングになっています。

スポット溶接をロッカーフランジに追加し、ボディも剛性アップが図られています。これで操作性のレスポンスの向上が期待できます。

こうした機能面のアップと共に見た目も変更されています。

主なエクステリア装備としては、GR SPORT専用のフロント大型バンパー&グリル、サイドマッドガード、リヤバンパー、リヤルーフスポイラー(ガソリン車)、ドアミラーカバー色変更、GR SPORTエンブレムなどがあります。

インテリアについても、専用のステアリングホイール、スポーティシート、シフトノブ、ドアトリム&ドアアームレスト、スタートスイッチ、助手席オーナメントパネルのカーボンルック化、GR SPORTエンブレムなどがあり、雰囲気もGRらしくなっています。

GR SPORTほどのハードさが要らない場合は、Uスポーティパッケージでもいいかもしれません。こちらなら車体価格も1,941,840円ということで200万円を切ります。エンジンは1,300cc、直列4気筒DOHCで99PSです。

日産・マーチ・NISMO S

NISMO S

NISMO S

トヨタの「GR」に対向するのは、日産の「NISMO」でしょう。日産のコンパクトカー・マーチにも「マーチ・NISMO S」があります。

マーチNISMO Sの5MT車は 1,842,480円です。ノーマルグレードではやや女性よりのやさしいデザインが印象的なマーチですが、NISMOバージョンは一味違います。

ただし、以前のスポーツ仕様のように、街中で固い乗り心地で我慢を強いるような方向ではなく、街中でも楽しめる気持ちのいい走り、かつ、ワインディングロードでもイキイキと楽しめる仕上がりになっています。ベースはかわいいマーチですが、NISMOバージョンは、いざステアリングを握れば程よい緊張感が漂い、コーナーでもスポーツする快感を堪能させてくれます。

エンジンは、低速トルクを重視した専用開発の1,500ccの直列4気筒で116PSを発生し、5速マニュアルトランスミッションと組み合わされています。

車体はレースフィールドからのフィードバックで、ゼロリフトを実現したエアロダイナミクススタイルです。見なれたマーチですが、ただ者ではない雰囲気を漂わせています。専用デザインとなるフロントバンパーは、SUPER GTシリーズに参戦しているGT-Rの空力ノウハウが投入されています。効果的なダウンフォースを発生しながらも、ルーフスポイラーが空気抵抗を減少させます。ゼロリフトを実現したことにより、高速走行時のグリップも増しています。

サスペンション、タイヤ、ステアリング、ブレーキも専用チューニングです。軽量コンパクトなボディに引き締められた足回りなので、狙ったコーナーのラインを正確にトレースできるような操舵感です。

NISMO Sはステアリングギヤ比もクイックにチューニングされています。スタビライザーも追加されています。タイヤは205/45R16へサイズアップ。

ボディ各部の剛性も向上しています。フロントサスペンションメンバーステー、フロア2ヶ所のトンネルステー、リヤサスペンションステー、テールクロスバーが追加され、重量バランスを考慮しながら最適な車体の補強がなされています。

NISMO S専用の装備として、レッド電動格納式リモコンカラードドアミラー、車速感応式電動パワーステアリング、本革・アルカンターラⓇ巻3本スポークステアリング(レッドのセンターマーク、レッドステッチ付)、専用タイヤとなるブリヂストン POTENZA RE-11+16インチアルミホイール、エンブレム、フロントグリル、フロントバンパー、サイドシルプロテクター、専用リヤバンパー、ルーフスポイラー(ハイマウントストップランプ付)、フェンダーモール(フロント&リヤ)、コンビメーター(nismoロゴ入り、220km/hスケール)、アルミ製アクセル・ブレーキ・クラッチペダル、フットレスト(nismoロゴ入り)などがあります。

トルクフルなエンジンでかなり活発に走りが楽しめるはずです。

スズキ・スイフトスポーツ

スイフトスポーツ

スイフトスポーツ

コンパクトスポーツということで外せないのがスズキ・スイフトスポーツです。車体価格は 1,836,000円~とお値頃です。

もともとスイフト自体が走りの良さで定評があるのですが、それはクルマの基本性能となる「走る、曲がる、止まる」を高レベルで実現した軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が大きく貢献しています。

プラットフォームの構造、部品配置は全面刷新され、アンダーボディーは理想的な骨格構造になっています。サスペンションの部品も骨格の一部として利用されています。スイフトスポーツの俊敏な走りの基本にはこのプラットフォームがあるわけです。

搭載しているエンジンは、1,400cc直噴ターボで、140PS、23.4kg・mというパワフルさを誇っています。直噴なので、燃料消費を抑えながら混合気を冷却し、ノッキングを抑制します。軽量・小型エンジンにターボがプラスされ、このクラス随一のパワフルカーとなっています。走り出した瞬間から力強いトルクが発揮されるのはターボならではです。

デュアルエキゾーストパイプも魅力的で、マフラーの内部構造、容量が見直され、排気音チューニングも施されています。低音の効いた排気音は迫力があります。

ミッションは徹底的にチューニングされた走りのための6MTです。高トルクな性能を生かすために、ギヤ比はクロスレシオ化されています。ショートストローク化されたシフトフィールで、カチッと決まる操作感も実現しています。1速、2速のトリプルコーンシンクロ、3速はダブルコーンシンクロを採用し、更に素早いシフト操作が可能になっています。

フロントサスペンションは、路面を確実に捉えるフロント マクファーソンストラット式の強靭なサスペンションです。スイフトスポーツのワイドトレッド化に併せてロアアーム長も拡大、タイヤと路面間の接地角度の変化量を抑制しています。

リヤサスペンションはトーションビーム式サスペンションで粘り強いスタビリティをもたらします。トーションビームのねじり剛性とコイルスプリングは専用チューニングです。こうしたこだわりのサスペンションによって、コーナリング時の車両姿勢の最適化、路面追従性は向上し、ロールを抑えたクイックなコーナリングが可能になっています。

外観こそちょっと大人しいのですが、中身はかなりのベビーギャングです。

お勧めのコンパクトスポーツは?

デミオ 13S Touring

デミオ 13S Touring

フィット RS・Honda SENSING

フィット RS・Honda SENSING

ここまでに紹介した3台がコンパクトスポーツということでは抜けた存在だと思います。特にスイフトスポーツはパワフルさでも抜きん出ており、筆者としては「イチオシ」ということになります。

また、他にも「デミオ・13S Touring」や「フィットRS・Honda SENSING」などがピックアップされることになると思うのですが、前述の3台と比較すると「スポーツルック」というポジションになるでしょう。

もちろんこの2台も基本的にしっかりした最新のクルマなので、好みで検討してもらえたらいいかと思います。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai