2017年3月29日 更新

【軽自動車終了のお知らせ?】軽自動車を買いたい人が減っている…だと?!

マイボイスコムのリサーチによると、「軽自動車を買いたい人」が、前年比3.2ポイントダウンの44.7%になっているとのこと!これは由々しき事態ですぞ!

【軽自動車終了のお知らせ?】軽自動車を買いたい人が減っている…だと?!
 (4899)

ハイト系ワゴンはまだ数字に現れてない

マイボイスコムは、軽自動車に関するインターネット調査を2月1~5日に実施、有効回答1万1482件の調査結果を発表しました。
この調査は今回で4回目となります。
この手のアンケートは母数が少ない物も多いですが、マイボイスコムの調査は母数が多いので、信頼できるデータだと思います。

調査結果によると、家庭で軽自動車を所有している人は全体で27.6%。
北海道・関東・近畿以外のエリアでは40~50%と高い数字になっており、交通網が発展していないエリアでの軽自動車比率が高いのは従来通りとなっています。

所有している軽自動車メーカーでは
スズキ 約25%
ダイハツ 約25%
ホンダ 約10%
その他 約40%
となっており、スズキ・ダイハツで約半数となっています。


車名別では、スズキ『ワゴンR/ワゴンRスティングレー』が10.8%、ダイハツ『ムーヴ/ムーヴカスタム/ムーヴキャンバス/ムーヴコンテ/ムーヴコンテカスタム』『ダイハツミラ/ミライース/ミラココア』が8~9%などとなっており、昨今人気のN-BOXやタントなどのハイトワゴンはまだ数字には現れてきていませんね。
軽自動車に関する調査(第4回)/アンケートデータベース(MyEL) (4893)

軽自動車のイメージは、所有者以外からは評判悪い

続いて、軽自動車のイメージについては

「小回りがきく」 58.6%
「維持費がかからない」「燃費がよい」「庶民的」 各40%
「実用的である」「割安感がある」 各30%

などが上位に挙がっており、ポジティブなイメージが多い反面、マイナスイメージとして、

「安全性が低い」「パワー・馬力がない」「乗り心地が良くない」 各20%

なども挙がっていました。
やはり安全面や乗り心地などにおいては、軽自動車に関して不満を持っている人が多いようです。

アンケートに答えた人の属性別では「小回りがきく」「女性的」は、女性の回答がやや高く、「安全性が低い」「乗り心地が良くない」は、軽自動車を持っていない人からの回答が、軽自動車を所有している人よりも高い傾向となっている。
乗らず嫌いが多いってことですね^^;

軽自動車離れが進んでいる?

軽自動車を買いたいと思っている購入意向者は全体で44.7%で、前年調査より3.2ポイントダウンしてしまっています。

軽自動車を買いたいと思っている人の中では、女性10・20代が各60%程度と購入意欲の高さが伺える一方で、地域別では関東が40%弱と低くなっており、交通網が発展したエリア、もしくは駐車場が1台分しかないエリアでは購入意欲が低いことが伺えます。

すでに軽自動車を所有している人では80%以上がまた購入したいという購入意欲を持っていますが、軽自動車を所有していない人では30%弱に留まっています。
ここでも軽自動車の乗らず嫌いが鮮明に現れていますね…。


軽自動車購入意向者の「購入したい理由」としては、

「維持費が安い」 67.4%
「価格がリーズナブル」「小回りがきく」 各50%
「燃費がよい」「自動車税が安い」「運転がしやすい」 30~40%

などが上位に挙がっています。

特に、女性からは「小回りがきく」「運転がしやすい」と言った部分が購入意欲として高く、
高齢者層からは「維持費が安い」「燃費がよい」「自動車税が安い」「日常の足として、近場の移動に使いたい」が購入意欲として高く挙がっていました。

軽自動車のメリットはまだまだあるのに…

このデータから読み取れるのは、首都圏などの都市部や男性からの軽自動車離れが感じられます。
2015年に税金が上がったことによるイメージが大きい事も考えられますし、軽自動車の車両価格が普通車と変わらなくなってしまっていることで、割高感を感じて普通車に流れていることなども考えられます。

ただ、軽自動車は上がった税金でも普通車に比べると数万円も年間維持費が安く、高速道路なども割引料金で走れるというメリットもまだまだ多いです。

「価格が安いから軽自動車を買う」という時代は終わり、「コンパクトで運転しやすく、維持費が安い」という理由で選ばれる時代になってきていると感じます。

乗らず嫌いの人が多い状況となっていますが、軽自動車の「乗り心地悪い」「安全面が弱い」などのイメージが払拭できなければ、この状況は続いていってしまうかもしれませんね。
危機感を感じます。

軽自動車サイト「chibica」ではこれからも軽自動車に関するメリットなどを積極的にアピールしていきたいと思いますので応援よろしくお願い致します!!
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部