2018年5月6日 更新

レクサスUXの発売時期は2018年12月に延びた!? 実車画像も公開!価格は400万円以下から?レクサスUX200・UX250h

レクサスのコンパクトSUV「レクサスUX」がジュネーブモーターショーで公開となりました。ハイブリッドモデルのUX250hと、2.0LガソリンNAのUX200がラインナップされます! レクサスUXの発売日は2018年冬とのリリース情報ですが、以前には2018年10月の登場予想とお伝えしていましたが、2018年12月くらいまで延びているとの情報も。レクサスUXの予約は9月以降から始められるとの噂もありますが、わかっている情報をまとめます!

レクサスUXの発売時期は2018年12月に延びた!? 実車画像も公開!価格は400万円以下から?レクサスUX200・UX250h

レクサスUX製品版の実車画像追加公開!

ジュネーブモーターショーの際にレクサスUXが公開されましたが、さらにニューヨークモーターショーにおいて画像が追加になりました。

公開された画像もご紹介します。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (28472)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
レクサスが新しくブランニューで登場させる、コンパクトSUV「UX」。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26636)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
2011年にデビューしているCセグメントハッチバック、CT200hと同じようなサイズ感ですが、CTのモデルチェンジというわけではなく、完全に新しいモデルとしてデビューします。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26868)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
新たに追加された画像は、街中で撮影されたレクサスUX200のF SPORT。

2.0Lガソリンモデルです。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26638)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
全開公開された画像よりも、現実感のある風景で撮られているので、こちらのほうが実車のイメージがつかみやすいですね。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26640)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
今回追加された画像では、全開のヘッドライトと、内部のデザインが違うものがあります。
L字三眼ではないヘッドライトも存在するということは、アダプティブハイビームはオプション設定になりそうですね。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26705)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
レクサスUXのリアは左右を貫通するコンビネーションランプが印象的です。

リア正面から見た印象は、NXにも通じるものがあります。

全高は1.5m程度に抑えられているので立体駐車場OKなサイズですが、迫力はありますね。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26706)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
レクサスUXは背の低いSUVなので、メルセデスのGLAなどがイメージに近いと思います。
ハッチバックの車高を少し上げたものと思えば良いですね。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26707)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
レクサスUXの室内画像も追加公開されました。
こちらの画像はF SPORTです。

ダッシュボードのトリムは黒やグレーではなく茶色がかっているようにも見えます。
カラーバリエーションはいくつかあるようです。

水平基調のインテリアデザイは開放感がありますね。
10.2インチワイドディスプレイのナビは、タッチ操作には対応しておらず、センターコンソールにあるリモートタッチにて操作するのは、他のレクサス車同様です。
https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux (26708)

via https://www.netcarshow.com/lexus/2019-ux
さらに、公開された画像では、AppleCarPlayに連動している画面もありました。
これは国内モデルでは残っているかは微妙なところですが、使えるに越したことはありません。

ナビパネル内に配置されたアナログ時計が今までのレクサス車にも無いデザイン。
レクサスCT200hではアナログ時計がありませんでしたので、レクサスUXはCT以上の車格があるということでしょう。
117 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部