2018年1月17日 更新

【ジープ】Wrangler Unlimited Altitude(ラングラー・アンリミテッド・アルティテュード)を発表!

FCAジャパン株式会社は1月12日に、ジープのSUVであるラングラーにWrangler Unlimited Altitude(ラングラー・アンリミテッド・アルティテュード)を追加して1月20日に発売することを発表しました!

【ジープ】Wrangler Unlimited Altitude(ラングラー・アンリミテッド・アルティテュード)を発表!

目次

「Jeep® Wrangler Unlimited Altitude」を発売  | FCAジャパン株式会社 (21706)

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、「Jeep® Wrangler(ジープ・ラングラー)」のラインアップに、専用パーツにより内外装の特別感を高めた「Wrangler Unlimited Altitude(ラングラー・アンリミテッド・アルティテュード)」を設定し、1月20日(土)より全国のジープ正規ディーラーにて販売します。
FCAジャパン株式会社は1月12日に、ジープのSUVであるラングラーにWrangler Unlimited Altitude(ラングラー・アンリミテッド・アルティテュード)を追加して1月20日に発売することを発表しました!

今回追加されたラングラー・アンリミテッド・アルティテュードは、ファッションやカルチャーなど様々な面で新たなトレンドを生み出し続けているアメリカのような柔軟な発想を感じさせる一台となっており、独特のグリルや足元を演出するグロスブラックカラー18インチアルミホイールなどによってラングラーの良さをさらに引き立てるエクステリアとなっています。

インテリアにも、シートヒーター対応のブラックレザーシートや、各所に見られるチタンカラーのアクセントが目を引く機能性に優れながらも、個性を忘れない独特かつ上質な室内空間となっております。

ボディーカラーには、通常グレードで設定のないグラナイトクリスタルメタリック C/Cなどを採用した全7色展開となっており、価格は4,550,000円とのこと。

昨年の日本カーオブザイヤーをボルボが受賞するなど、日本でも海外SUVに対する評価が高いものとなっていますが、今回ご紹介したラングラーとXC60はコンセプトが異なるものの、SUVらしさが感じられる素晴らしい1台ですので気になる方はお近くのディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?
5 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部