2017年4月16日 更新

スズキスペーシアカスタムZ見てきた!後席やラゲッジの実用性は?

スズキの軽ハイトワゴン、スペーシアの追加モデル「スペーシアカスタムZ」を見てきました。 今回はスペーシアカスタムZの後席やラゲッジを中心にレポートします!

スズキスペーシアカスタムZ見てきた!後席やラゲッジの実用性は?
 (6352)

シリーズでお届けしている、スズキスペーシアカスタムZの特集ですが、前回までの記事はこちら↓
今回はその続きで、スペーシアカスタムZの後席やラゲッジスペースを見てみましょう。

スズキスペーシアカスタムZの後席の広さは?

さっそくスズキスペーシアカスタムZの後席スライドドアを開けて中を見てみましょう!
 (6341)

開口部は広くフロアも低いので乗り込みやすいのが良いですね。
軽ハイトワゴンの魅力の一つです。
スズキスペーシアカスタムZと普通のスペーシアとの違いは主にエクステリアや内装素材の違いなので、このあたりの使い勝手はまったく同じです。
 (6342)

スペーシアの後席はスライド機能が備わっています。
後席足元は十分な広さがありますね。
大人の男性でも足が組めるくらいの広さがあります。
 (6343)

後席シートもクッション厚もしっかりしているので座り心地は悪くないです。
ただ、格納するように背もたれの長さは短め。
これはスペーシアに限ったことではなく、ライバル車も同様ですが。
 (6344)

スライドドアの内側はこんな感じになっています。
ドリンクホルダーまで備わっているのは素晴らしいです。グリップがついているのもお子様やお年寄りにも優しいですね。
 (6345)

後席の窓には、サンシェードも備わっていました。
これは「ユーティリティパッケージ」というメーカーオプションで、フロントドアガラスには、「プレミアムUV&IRカットガラス」もセットになっています。

最近の軽自動車には紫外線だけでなくIRカットガラスまで採用されているんですね。
 (6346)

後席足元から助手席したを覗いてみると、リチウムイオンバッテリーが見えました。
スズキ謹製のSエネチャージというマイルドハイブリッドのバッテリーですね。
 (6347)

前席のオーバーヘッドコンソールを見てみましたが、サングラスホルダーなどはついていませんでした。

スズキスペーシアカスタムZのラゲッジをチェック

つづいて、スズキスペーシアカスタムZのラゲッジを見てみましょう。
 (6353)

さすがに限られた軽自動車の枠いっぱいに作られた後席スペースなので、ラゲッジスペースはミニマムです。
 (6354)

ラゲッジアンダーボックスには工具類が備わっていましたが、収納スペースはほとんどありません。

続いて後席をダイブダウンで畳んでみました。
 (6348)

ホンダのN-BOXのようにセンタータンクレイアウトではありませんが、ちゃんとラゲッジとほぼツライチにフラットになります。
 (6349)

後席両側を畳んでみましょう。
 (6350)

流石に広いですね!
高い頭上高と相まって数字以上に広く感じます。
軽自動車で車中泊も流行ってきていますが、スペーシアなら後席を畳めば快適に過ごせそうですね。

まとめ 人気のハイトワゴンカテゴリーで個性を出せるか?

 (6373)

スズキスペーシアカスタムZを3回に渡って内外装を見てみましたがいかがでしたか?

さすがスズキが真面目に作った軽ハイトワゴンなだけに、完成度は高いと思いました。
デュアルカメラブレーキサポートの安全性、マイルドハイブリッドの燃費など、ライバルに勝るメリットが有る一方で、タントのミラクルドアやN-BOXセンタータンクレイアウトのような飛び道具がないのも事実。

N-BOXやタント、デイズルークスと言った、人気車がひしめくハイトワゴンのカテゴリーでどれだけ個性が発揮できるかが注目のポイントとなりそうです。
そういった意味では、この押し出しの強いマスクは個性といえると思いますが、吉と出るか凶と出るかは販売台数で占ってみるしかなさそうです。
この見た目が気に入った!という方には太鼓判でオススメできる内容となっている車です。

あとは、「N-BOXやタントは走りすぎていて嫌だ」と言う人にも、スペーシアカスタムZならまだそれほど街でも見かける機会もないので人とかぶらなくて良いのではないでしょうか。

スズキスペーシアカスタムZが気になる方は、スズキのお店に足を運んでみてはいかがでしょうか?^^
37 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部