2019年7月15日 更新

アウディ 新型Q7発表!アウディ最新デザインを採用し内外装の質感を向上

アウディQ8の日本販売が、7月から開始しました。同モデルは、現時点で最新のデザインイディオムであると言えますね。またアウディ 新型Q7が、欧州で発表されました。Q8の最新デザインを継承しているのではないでしょうか。同モデルのエクステリアや内装等をご紹介します。

アウディ 新型Q7発表!アウディ最新デザインを採用し内外装の質感を向上

アウディ 新型Q7のエクステリア等

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62797)

via https://www.netcarshow.com/
Audi Q7のエクステリアは、視覚的・技術的に全面的なアップデートを施して登場します。同ラグジュアリーSUVは、Qファミリーの新しいデザインをポイントとしています。優れた車内空間だけでなく、すばらしいダイナミクスディテールが与えられて登場ですね。

新型アウディQ7は、現在のデザイン言語をモチーフに顕著なSUV要素を表現しています。グリルを構成する6つの直立したスラットが描かれた、大きい八角形のシングルフレームから、新デザインが始まっています。同SUVは、その特性をさらに強力に見せるために仕上げられています。

2つのパーツからなるサイドエアインレットは、SUVの地上高と、オフロード機能を強調するエリアとして、より表現力豊かなラインを構成しています。ヘッドライトは、オプションでAudiレーザー光を使ったHD Matrix LEDテクノロジーで、輪郭と光のサインで同モデルの幅を強調した存在です。

日本現行型画像

 (62802)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62799)

via https://www.netcarshow.com/
アウディは、Q7のダイナミックな特性を大幅に強化させています。電気&機械的構成のアクティブロール安定システムは、大型SUVのオプションとして利用可能です。可変調整スタビライザーは、直線で運転しているときに、そして平坦でない道路でのロールや不安定感を効果的に軽減します。

スポーティーな運転スタイルでは、焦点は最適なロール量補正が重要です。車が曲がり角に寄りかかる傾向を大幅に補正して、安定感を生み出します。

サイドビューを見ている限りでは、全体的なディテールに変更は無く、プレスラインの刷新などが行われているのがわかります。新型モデルは、フルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジとして登場するということでしょう。

日本現行型画像

 (62803)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62798)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、印象的なクロムストリップが描かれていますね。クロムストリップラインは、平らな後部ライトの間の視覚的な特徴を描いていますね。リアでの水平なボディラインを与えています。デザイナーは、ピンと張った平らな面に、明瞭な視覚効果を与えたたかったのではと推察します。

日本現行型画像

 (62804)

アウディ 新型Q7の内装等

新型画像

 (62800)

内装では、コックピットアーキテクチャが刷新されています。2つの大型タッチスクリーンを組み込んだ新しいデジタル操作コンセプトと完全に調和するような内装デザインです。タッチコントロールをクリックするときに触覚と音響のフィードバックも装備され、最新テクノロジーも採用されていますね。

オフにすると、ダッシュボード上のディスプレイは、目に見えずに大きな黒い装飾的な画面となります。フラットエアベントストリップからセンタートンネルのワイドコンソールまで、すべての要素が、相乗効果を最大限に出せるように配置されています。

インテリア照明パッケージは、暗闇の中でも綺麗に車内を照らすように設計されています。コンフォート装備のオプションには、4ゾーンオートエアコン、ドアが静かに閉まるパワーアシスト機能、Bang&Olufsen 3D Advanced Sound System、芳香剤とイオナイザー付きの空気清浄パッケージとなっています。

MMIナビゲーションプラスは、最高水準の接続性が提供できるようにシステマライズされています。LTEAdvanced、Wi-Fiホットスポット、ナチュラルボイスコントロール、Audi connectポートフォリオを装備しています。

オンラインでの交通情報、Google Earthによるナビゲーション、ハイブリッドラジオにまで広範囲をサポートしています。MMIオペレーティングシステムに統合されているクラウドベースのAmazon音声サービスAlexaも新装備となっています。

日本現行型画像

 (62805)

新型画像

https://www.netcarshow.com/ (62801)

via https://www.netcarshow.com/
5席タイプも7席タイプもアウディQ7は、快適な空間と実用的な日常の両方を満足のいくレベルで仕上げています。ディテール等の改善により、新型モデルは、5,063mm(16.6フィート)の長さに拡大しています。幅1,970mm(6.5フィート)、高さ1,741mm(5.7フィート)の高さです。

新型アウディQ7は、前後のヘッドルーム間隔と快適なシート空間によって、強豪モデルを圧倒できるように仕上げてます。数多く用意された収納コンパートメント、インストルメントパネルでの新コンパートメント、さらに広い積載量は、非常に機能的で実用的になっています。

後部シートの位置に応じて、5人乗りバージョンのラゲッジルームは865から2,050リットル(30.5から72.4立方フィート)の容量まで可変します。

日本現行型画像

 (62806)

アウディ 新型Q7のパワートレイン等

2種類のディーゼルエンジンが用意され、新型市場投入時にユーザーにチョイスできるようにラインアップされます。欧州では、9月の市場投入後間もなく、ガソリンモデルとプラグインハイブリッドモデルもラインナップに加わると公開されています。

マイルドハイブリッド技術は、エンジンの燃費効率に大きな役割となっています。アウディQ7のすべてのエンジンは、8スピードtiptronicオートマと全輪駆動の組み合わせです。

安全装備として採用されているアダプティブスピードアシスト、渋滞アシスト、アクティブレーンアシストの機能を兼ね備えたアダプティブクルーズアシストは、特に長旅でのドライバーのドライビング負荷を軽減します。

まとめ

アウディQ7は、アウディQ8の次に位置するSUVモデルですね。Q8は、新開発され2019年7月に日本に導入されました。市場では、Q8が現時点で最新のデザインであると言えます。

グリルデザインの垂直の6本ラインは、Q8デザインから取り入れられ、今後のQシリーズデザインイディオムとなりそうです。新型Q7は、欧州で9月頃からの販売開始となっています。順次日本にも導入されることでしょう。
31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me