2018年3月28日 更新

エンジンオイルってそもそもナニ? 粘度や交換時期、種類を知って燃費も節約しちゃおう!

車の運転をされる方であれば「エンジンオイル」という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。 しかし、それがどのような役割を持っているのか、どうして交換しなければならないのかイマイチわからない方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。 車にあまり興味がなかったりされるとそれが普通かと思いますが(過去のわたしもそうでした!)、ちょっとだけエンジンオイルに詳しくなるだけで、燃費の向上・節約にもつながってくるんですよ!

エンジンオイルってそもそもナニ? 粘度や交換時期、種類を知って燃費も節約しちゃおう!

エンジンオイルって、どんなはたらきをするの?

 (26151)

車の心臓部になるエンジン、それの中を循環している血液のような役割を担っているのがエンジンオイルです。
エンジンオイルにはおおきく5つの作用があり、これがなくなってしまうとエンジンが壊れてしまいます!

①潤滑作用
種類によりますが、エンジンは1分間に数百~数千回転をすることで車を動かす力を生み出しています。
このときにエンジン内部の金属と金属が接触するところにオイルが膜をつくることにより、金属同士の摩擦を減らし、エンジンをなめらかに動くようにしているんです。

②密閉作用
ピストンの爆発によって作られた力が吹き抜けてしまうのを防ぐことで、エネルギーロスにならず、エンジンのパワーを維持します。

③冷却作用
エンジンの内部は、ガソリンなどの燃料が燃焼されたり、金属が高速回転されることにより、時には100℃以上もの高温になることがあるそうです…!
そこへエンジンオイルがエンジンの中を循環することで熱を吸収し、オーバーヒートを防ぎます。

④洗浄分散作用
燃料のススや汚れ、金属が摩耗してできる粉など、エンジン内部は様々な汚れが発生します。
エンジンオイルがだんだんと黒く汚れていくのは、それらをきれいに洗い落としてエンジン内をクリーンに保っている証拠なんです。

⑤防錆作用
外部との温度差により発生する水蒸気が結露して、エンジン内部に錆が付いてしまったり、腐食してしまう原因となります。
しかし、エンジンオイルは金属の表面に膜をつくることで水分をはじき、錆や腐食を防ぎます。

どんなことを基準に選んだらいいの?

 ▼ベースオイル(基油)の種類で選ぶ

ベースオイル(基油)は大きく3つに分類されていて、これに添加剤を加えるとエンジンオイルになります。

【化学合成油】
ベースオイルの中でも、いちばん良いもの。不必要な成分が含まれておらず、蒸発しにくく高い耐熱性を持つ優れたオイル。けれど、製造方法がむずかしいためコストは高くなってしまいます。
愛車を大事にしたい方、スポーツ走行をされる方にはオススメ!

【部分合成油】
鉱物油と化学合成油をミックスしたもの。後述に記載してある鉱物油のデメリットを化学合成油で補っています。
毎日のように車を運転される方や、よく高速道路を利用するという方にオススメです。

【鉱物油】
原油を蒸留することによってできたもの。耐熱性能が悪い、劣化が早いなど他と比べると見劣りしてしまうけれど、街乗りをしたり高速道路を走ったりと日常で使用する分には問題ありません。
それほど費用は高くないので、コストを抑えたいという方にオススメです。

 ▼オイルの粘度(かたさ/やわらかさ)で選ぶ

 (26152)

 (26153)

エンジンオイルの粘度は、アメリカ自動車技術協会が定める「SAE規格」により分類されています。それを参考にしながら、車の特徴や使用する状況・目的に合ったものを選ぶことで燃費が良くなり、エンジンの寿命も変わってきます。

【低粘度オイルの良い・悪い&利用シーン】
 ✔ 燃費性能が◯
 ✔ 冬シーズンや寒冷地向け
 ✔ 寒いときでもエンジンの始動性が良い
 ✔ エンジンの保護性能は高粘度オイルよりも悪い

【高粘度オイルの良い・悪い&利用シーン】
 ✔ 気温の高い地域向け
 ✔ エンジンの音が静かになる
 ✔ スポーツ走行をするときなどの高温時でもエンジンをしっかりと保護してくれる

【エンジンオイルの読みかた(例:5W-30)】
5w:粘度は低い(サラサラしている)、外気温が低くてもエンジンの始動性が良い(寒さに強い)、燃費が良い
30:粘度が高い(ネバネバしている)、高温時でもエンジンをしっかり守ってくれる

いつ交換したらいいの?

thinkstock (26358)

オイル交換の目安は、だいたい1年または10,000kmと言われています。 車のメーカーや車種によって異なってきますので、自分の車はどれくらいが理想なのかディーラーなどで確認しておくことをオススメします。

エンジンオイルは使用し続けることで劣化・減少していくものです。車のパワーダウンや燃費の悪化、最悪の場合はエンジンが壊れてしまうことも考えられるので、定期的に交換していきましょう。

まとめ

thinkstock (26359)

エンジンオイルはベースオイルの種類や品質規格が決められていることから、自分の愛車にベストなオイルがどれなのかわからないのも無理ありません。
もしエンジンオイル選びで悩んだ場合は、カー用品店のスタッフや行きつけのディーラーの整備士に素直に聞いてみることが一番です。

ちなみに、エンジンオイル交換は自宅でもできてしまうことをご存じでしょうか?
愛車の点検を自分の手ですることにより、ますます愛着が増えると思いますよ!

エンジンオイルの交換方法【コメリHowtoなび】

17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

えむちゅん えむちゅん