2017年9月12日 更新

ダイハツムーヴキャンバスがマイナーチェンジ!スマアシ3を搭載!

2016年秋に登場し、以来ヒットを続けているダイハツのムーヴキャンバスがマイナーチェンジを行い、スマアシ2からスマアシ3にバージョンアップされました。

ダイハツムーヴキャンバスがマイナーチェンジ!スマアシ3を搭載!
 (14950)

安全装備スマートアシストが2→3へバージョンアップ!

ムーヴキャンバスは、女性をターゲットに開発された両側スライドドアを持つ、ルーフが低めの軽乗用車で、そのレトロで可愛らしいエクステリアと、使い勝手の良い内装が支持され、2016年秋の発売から約1年間で累計8万台を販売しているヒットモデルです。

ムーヴキャンバスには、スマートアシストIIが搭載されていましたが、今回2017年9月11日に行われたマイナーチェンジでは、スマアシIIからスマアシIIIへとバージョンアップがなされました。

スマアシIIは、レーダーレーザーと単眼カメラを組み合わせて、プリクラッシュセーフティシステムとして機能していましたが、それがスマアシIIIになると、ステレオカメラ


スマアシIIではプリクラッシュセーフティシステムの作動範囲が4~50km/hと限られており、また衝突回避可能な速度差が4~20km/h、衝突被害軽減可能な速度差が20~30km/hと、その能力を発揮するには限定的な部分がありました。

それがスマアシIIIのステレオカメラになることにより、衝突回避可能速度が30km/h以下まで拡大。
さらに、衝突被害軽減可能速度が80km/h以下まで拡大し、全体的に性能が向上しています。
また、プリクラッシュセーフティシステムには歩行者検知機能も加わり、ブレーキまで踏んでくれるようになりました(スマアシIIでは警告音のみ)。

安全装備の性能が向上するのはとても嬉しいですね。
正徳被害軽減可能速度が80km/hまで引き上げられたことにより、一般道での安全性が格段に高まりました。
 (14955)

さらにスマアシIIIになった恩恵はまだあります。

スマアシIIではレーダーレーザー照射部分が必要だったため、フロント部分にレーダーレーザーのセンサー部分がありましたが、これがけっこうな存在感になっており、デザイン面ではデメリットでした。

それがステレオカメラになることで、センサー部分が不要になり、スッキリしたフロントグリル周りになります。
 (14956)

上記写真は、スマアシIIの頃のムーヴキャンバスですが、グリルの黒い部分にレーダーレーザーのセンサー部分がありました。

ムーヴキャンバスはまだ目立たないほうですが、ダイハツ車のレーダーレーザー部分はけっこう目立っていたので、それが無くなるだけでもスッキリして良いですね。
 (14951)

今回のマイナーチェンジでは、このスマアシIIIの搭載により、歩行者検知機能+ブレーキも加わり、従来から採用しているパノラマモニターとあわせ、軽自動車としてはトップクラスの安全性能を有するモデルになりました。

スマートアシストは、2012年12月に軽自動車初の衝突回避支援システムとして登場し、現在ではスマアシシリーズの搭載車の累計販売台数は140万台を突破。

最新版となる「スマートアシストIII」は、2017年発売の新型ミライースを始め、マイナーチェンジを行ったタントやムーヴにも搭載されています。

ダイハツムーヴは、このムーヴキャンバスも合わせて、2017年8月度の軽自動車販売ランキングで1位となっており、さらに今回ムーヴキャンバスが9月11日にマイナーチェンジしたことで今後さらに好調に推移するかもしれませんね。


ムーヴキャンバスの価格は、118万8000円から166万8600円となっています。
気になる方は、お近くのダイハツのお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。
10 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部