2017年6月1日 更新

唯一イエローが似合う日本車!?スズキのハスラーってどんな車?

レッドやイエローといった派手な外装色は、基本的に査定に悪影響となるため避けられがちな色です。設定自体ない場合も多く、一般的にフェラーリのような高級スポーツカーくらいしか見たことがないなんてことも。そんなイエローが日本車で唯一似合うといっても過言ではないのが、スズキハスラーです。ポップなデザインが特徴的ですが、中身は一体どのような車なのでしょうか?

唯一イエローが似合う日本車!?スズキのハスラーってどんな車?

アニメの世界から飛び出した?ポップなデザインが魅力的!

ハスラー | スズキ (9211)

スズキのハスラーはアニメの世界からそのまま飛び出してきたような、ポップなデザインが特徴的なスズキの軽自動車です。実際にアニメのDrスランプアラレちゃんが宣伝キャラクターに使われるなど、とても可愛らしくも遊び心のある車両に感じます。

コンセプトも『遊べる軽』になっており、文字通り見た目と中身に遊び心が詰まっています。見た目は現在人気のボディータイプとなっているSUVに軽自動車を掛け合わせ、ジムニーなどと違い全体的に丸く可愛らしくデザインされているのが特徴。

それはインテリアにも見れ、落ち着いた黒や茶色系ではなく、外装色と同じようなポップなカラーリングがチョイスされます。もちろん白といった、落ち着いた内装色もあるので派手なのが苦手な方もご安心ください。
ハスラー | スズキ (9213)

さらにハスラーの嬉しいところは、ハイトワゴンのような広さを持ち合わせているところでしょう。

遊べる軽と言うのは、見た目が遊び心がある以外に、遊びに行ける軽と解釈できるくらい荷物も乗るし、人を乗せるこのにも不自由しません。

特に車内泊にも優れ、メーカーオプションに快適な車内泊を送ることが可能なパッケージまで存在します。他にもサーフィンをはじめとする様々なパッケージがあるので、アクティビティと経済性を高いレベルで兼ね備えた車両と言えるでしょう。
スズキ、個性あふれる新型軽クロスオーバー「ハスラー」 - Car Watch (9215)

デザインやインテリアのデザインはポップで使いやすいのはわかりましたが、軽自動車として1番大切なことは燃費ではないでしょうか?

果たして人気の軽自動車である、スズキハスラーは燃費にも優れているのでしょうか?

見た目以上に低燃費!?気になる実燃費は?

ハスラー | スズキ (9218)

ハスラーの見た目はSUVとなっているため、イメージとしては燃費がそこまで良さそうに見えません。しかし実際のハスラーのカタログ燃費はリッター32キロとかなりの低燃費です。(ターボ車はリッター27.8キロ)

これはスズキのハイブリットシステムである、S-エネチャージによるものでしょう。S-エネチャージは日産のS-HYBRIDと同じような構造で、モーター機能を兼用したオルタネーター(発電機)を使用して加速のアシストなど走行支援するもの。
ハスラー 走行・環境性能 | スズキ (9220)

画像のように減速時に普段は損失されるエレルギーでバッテリーを充電し、発信や加速時といった場合にオルタネーターをモータへ切り替えることによって無駄なく走行が可能となります。
ハスラー 走行・環境性能 | スズキ (9222)

この際、一般的に負荷として存在するオルターネータを介さずモーターとして作動するため、普段より少ないエネルギー(燃料)で走行できるため低燃費に繋がるわけですね。

またモータ作動時にはオルタネーターとしての機能しないため、発電されていないといった問題がありますが、減速時にチャージした電気を使用して電装品を作動させているので、心配はいりません。

ただし電装品の負荷が大きいことやバッテリー残によっては、発電している場合もあるので、ここは臨機応変に作動をしているところです。
ハスラー | スズキ (9224)

気になる実燃費に関しては

NA車:約リッター16〜21キロ
ターボ車:約リッター15〜20キロ

以上のような燃費が目立ちました。カタログ燃費からすると、結構落ちてしまっていますが、他車種と比較して実燃費は比較的悪くないと思います。

特にターボの燃費が思った以上に良くて、乗り方次第ではNAとそう変わらないでしょう。これならターボの弊害は価格のみとなるので、走りにストレスを残す軽自動車にとって魅力的なことですね。

実際に乗っているユーザーの口コミは?

ハスラー | スズキ (9227)

カタログ燃費と実燃費のように、実際に使用して見なければわからない部分は多く存在します。では実際にハスラーを所有するユーザーは、一体どのような印象を持っているのでしょうか?

気になる意見をご紹介します。
この車に決めた理由の第一は外観です。大の大人の男が言うのもなんですが、とにかくかわいい!

これが一番の決め手でした。
こういう外見の軽自動車、有りそうで無かったので。

山道を走ったりするとガッチャンガッチャン揺れます。
人によっては酔うかも。

多少は覚悟していましたが走行時は横風の影響をモロ受けますし、路面のうねりでは揺れがハンパなく襲ってきます。正直、乗り心地は悪い!ですね。
まず印象的だったのが、購入理由がほぼ見た目だった点です。外観はカタログでもわかるため、正直載せなくてよかったのですが、それだけ万人ウケするデザインであることが言えるでしょう。

気になる点に、乗り心地の悪さがありました。正直背の高い軽自動車なだけあって仕方のない部分もありますが、最近では軽でも質感がいい車両が多いので試乗などしてしっかり確認したいですね。

意外だったのが走りについてですが、NAの意見でも割とパワー不足を指摘する人は少なく感じました。走りについても個人差はありますが、想像以上に走りはいいと感じました。ただしターボでもあまり実燃費に差が感じられなかったため、保険でターボを選ぶのもアリでしょう。

まとめ

ハスラー | スズキ (9232)

スズキの人気車両、ハスラーについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

見た目以上に燃費や走行性能で優れた軽自動車でした。ハスラーにはデュアルレーダサポートもあり、スバルのアイサイトと同じメーカーから作られていることもあり、信頼できる性能となっています。

遊び心だけでなく、安全安心にも力を入れたしっかり者とも言えるでしょう。

そんなハスラーの販売価格は約110万円からとなっており、上級グレードも約170万円です。

低グレードならかなりお求めやすい価格ですが、カラー設定に2トーンがないこともあり、中身の充実度と合わせてGグレード以上を購入したいところです。

かわいいだけじゃない、そんなハスラーに乗ってポップな日常を過ごして見てはいかがでしょうか?

*口コミはhttp://review.kakaku.com/review/K0000607175/#tabなどを参考にしております。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき