2018年2月10日 更新

DS AutomobilesからDS7 Crossbackのニューモデルが販売開始。日本で購入できる高級ブランドに迫る!

DS7 Crossback LA PREMIERE Limited Editionが限定40台で日本販売!そして予約後、数ヶ月してお手元に届くとのことです。今回は、DSの高級感を掘り下げてみます。

DS AutomobilesからDS7 Crossbackのニューモデルが販売開始。日本で購入できる高級ブランドに迫る!

DS Automobilesって?

2009年にシトロエンの高級サブブランドとして発足したメーカーです。2015年には、完全に独立しており高級ブランド路線を追及しているメーカーであります。

今回その中でも1番クラスの大きいDS7が発表されました。日本では、DS Automobiles JAPONでの予約が可能であり、ディーラーでの予約制となっているようです。今回は、このDS7 Crossbackの高級感に迫って行きたいと思います。

DS7 Crossback LA PREMIERE Limited Editionって!

DS Automobilesによるとコンセプトは以下の通り。
名匠による建築物のように、咲き誇るオートクチュールのように。
人がつくり出すものは、時に実利を超えて美学の領域へとその成熟を深めるらしい。
DS7 CROSSBACK LA PREMIEREも然り。
クルマ用語よりも、技と光と美をもって語れば、その本質は鮮やかに浮かび上がる。

彫刻的な美を醸すフォルム、宝石のようなライトの輝きは、Ville de Lumière(光の都)と呼ばれるパリへのオマージュか。

レザーやメタルなど多様なマテリアルに凝らされた装飾的技巧は、パリが培ってきた伝統的な職人工芸のエスプリを甦らせる。
何という官能美、SUVにあるまじき妖艶さ。
ただし数か月、焦がれる気持ちに耐えていただきたい。
すぐに手に入るものよりもはるかに大きい歓びとともに、そのクルマはあなたのもとにやって来る。

筆者は、非常にフランス志向の哲学に基づいて完成させた高級車であると、素直に思いました。車を擁護や数値で語るのでなく名匠の職人の技で造り込んできていると感じました。

DS7 Crossbackのエクステリアデザイン!

フロントビューでの最大の特徴は、やはりフロントグリルを縁取るクロームが、ヘッドライトと連なるように左右に広がっている点でしょう!DSウィングと呼ばれているようです。

フロントグリルに光るDSのエンブレムも特徴的でフランスデザイナーが手がけたようなデザインになっていると感じます。

さらにフロントバンパーサイドには、LEDランプを備えたDSアクティブLEDビジョンが装備されて、ダイヤモンドの輝きのように見えます。
https://www.netcarshow.com/ds/2018-7_crossback/ (22603)

via https://www.netcarshow.com/ds/2018-7_crossback/
サイドビューでは、SUVを実感できる最低地上高であると考えます。匠の技によって作り出されたフォルムと塗装技術によって作り出された艶やかなエクステリアカラーが非常に特徴的でも有ります!

DS7 Crossback LA PREMIERE Limited Editionでは、ボディカラーはグリアルタンス、ノアール ペルラネラ、ブラン ナクレの3色をラインナップされているようです。
https://www.netcarshow.com/ds/2018-7_crossback/ (22604)

via https://www.netcarshow.com/ds/2018-7_crossback/
リアビューでは、DS7のエンブレムと中央のDSのエンブレムが目立ちますね。
ヨーロッパSUVの特徴であるリアバンパーデザインですが、特徴的なのはマフラーエンドの造形がスクエアデザインになっており、各所にメッキの装飾が施されている点でしょう!
しかしこのマフラーのように見える穴はダミーとなっている模様です。
https://www.netcarshow.com/ds/2018-7_crossback/ (22605)

via https://www.netcarshow.com/ds/2018-7_crossback/

DSアクティブLEDビジョン

キーロックの解除で、ヘッドライトが180度光を放ちながら回転するシステムになっています。今までにないフランス感覚の遊び心が注入されているとのことです。
 (22607)

リアランプも今までにない新しいDSのポイントとなっているようです。3D LEDをモチーフにしてこれからのDSのデザインとなる指針にもなっています。
 (22608)

DS7 Crossback LA PREMIERE Limited Edition専用の20インチアロイホイールに専用バッジがついています。
これに装着されるタイヤは、235/40R20となっています。
 (22606)

29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me