2019年12月2日 更新

ベンツが、世界初の燃料電池プラグインハイブリッド車「GLC F-CELL」を発表!

ベンツは、燃料電池プラグインハイブリッド車という新たな選択肢を生み出しました。「GLC F-CELL」は世界初の燃料電池プラグインハイブリッド車として、ヨーロッパと日本のみで販売される予定ですが、どのような仕様になっているのか紹介していきます。

ベンツが、世界初の燃料電池プラグインハイブリッド車「GLC F-CELL」を発表!

「GLC F-CELL」の詳細

「GLC F-CELL」は、水素を燃料にして発電し、その電気を動力とする燃料電池自動車でありながら、プラグを介して充電したり、回生ブレーキにより発電した電気をリチウムイオンバッテリーに蓄電し、その電気を動力とすることもできる、世界初の燃料電池プラグインハイブリッド乗用車です。
「GLC F-CELL」の価格は、10,500,000円~(10%消費税込み)になっています。(※原則4年間のクローズエンドリース契約での提供予定であり、車両は 4 年後に返却)

デザイン

「GLC F-CELL」を発表 (69415)

エクステリアには、EQブランドを象徴するブルーのアクセントがフロントグリル、サイドスカート、リアバンパーに採用されます。また、サイドには「F-CELL」のロゴが入ったブルーのデカールが装着され、燃料電池自動車であることが一目で分かるようになっています。アルミホイールは「EQC」にも採用されている、ブルーのアクセントが入り、空気抵抗の低減にも寄与する20インチ10スポークアルミホイール(ブルーアクセント)が装着されます。さらに、フロントバンパーはクリーンなイメージの専用デザインとなっており、「GLC」の中での差別化も図られています。

パワートレイン

「GLC F-CELL」は、リアシート下部と、センタートンネル部に合計約4.4kgの水素を充填することができる水素タンクが配置され、水素のみでの航続距離336kmを達成しています。世界標準となる700気圧タンクを採用し、水素補給時間はわずか3分と、ガソリン自動車の給油時間とほぼ同程度となります。
また、プラグを介して6.0kWまでの交流普通充電を利用したり、回生ブレーキにより発電した電気を車体後部に搭載される13.5kWhのリチウムイオンの高電圧バッテリーに充電することができます。これらの電源から供給される電力により、最高出力200PS(147kW)、最大トルク350N・mを発生するモーターを回転させ、動力を得ます。

2つの電源を持つことにより、加速の最初期は高電圧バッテリーに充電された電気を使用し、その後、燃料電池で発電された電気を主に使用するなど、それぞれの特性を理想的に活用することが可能となります。
また、日常の短距離走行は水素を使用せず、充電された高電圧バッテリーの電気で電気自動車として使用したり、水素が不足した場合でも水素ステーションまで充電された電気で走行したりするなど、まだ先進的である燃料電池自動車の実用性を向上することが可能となっています。

ドライブモードとシステムモード

「GLC F-CELL」には3つのドライブモードから選択できます。

※コンフォート:デフォルトのモード。快適性を重視するとともに、理想的なクライメートコントロールを実現するモードです。

※エコ:効率重視で電力消費率を抑えるモード。

※スポーツ:スポーティな走りに最適化したモードです。

さらに、燃料電池と高電圧バッテリーの連携関係を調整する4つのシステムモードが設定されています。

※ ハイブリッド : 燃料電池と高電圧バッテリーの両方を電源として使用します。加速の最初期は高電圧バッテリーに充電された電気を使用し、その後、燃料電池で発電された電気を主に使用するなど、それぞれの特性を理想的に活用することが可能となります。

※F-CELL : 燃料電池を電源として使用し、高電圧バッテリーの充電状態を一定に保ちます。特定の走行条件に備えてバッテリーを満充電しておくには、水素のみで走行するのが理想です。

※バッテリー : 高電圧バッテリーを電源とする 100%EV 走行を行い、燃料電池は使用しません。短距離走行に最適なモードです。

※ チャージ : 高電圧バッテリーの充電が優先されます。(水素補給の前にバッテリー充電を行って総航続距離を延ばす場合など。)

トヨタの「MIRAI」と比較

TOYOTA、MIRAIを一部改良 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69426)

トヨタの「MIRAI」は、国産車で唯一市販で販売されている燃料電池自動車です。
航続距離では「MIRAI」はJC08モードで約650km走行することができるので、「GLC F-CELL」より航続距離は優れています。ただプラグインハイブリッド車ではないので、充電することは不可能で、水素補給前のチャージモードなどの便利な機能はないので、その点は燃料電池プラグインハイブリッド車である「GLC F-CELL」に軍配が上がります。

まとめ

今回はベンツの世界初の燃料電池プラグインハイブリッド車「GLC F-CELL」の詳細を紹介してきました。
どのメーカーもクルマの電動化に力を入れていますが、今回発表したベンツの「GLC F-CELL」は、燃料電池自動車としての新たな可能性を見出したに違いありません。納車は2020年中頃を予定しているとのことで、気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi