2018年1月13日 更新

【比較】スズキ・クロスビーVSハスラー!あなたならどちらの小型SUVを選ぶ?

ハスラーの兄貴分として登場したスズキ・クロスビー。 小型車のクロスビーは軽自動車のハスラーに比較してどのような違いがあるのでしょうか? ここでは、クロスビー・ハイブリッドMXとハスラー・Gターボについてデータを基に徹底比較しますので、これから購入しようとする人は必見ですね。

【比較】スズキ・クロスビーVSハスラー!あなたならどちらの小型SUVを選ぶ?

クロスビーとハスラーのボディー関係の比較について

 (21508)

上記の表から、ハスラー・Gターボと比較してクロスビー・ハイブリッドMXの方が乗車定員で1名多いです。
ボディーサイズは、ハスラー・Gターボと比較してクロスビー・ハイブリッドMXのほうが、全長で365㎜、全幅で195㎜、全高40㎜大きくなっています。
同様に室内空間を比較すると、クロスビー・ハイブリッドMXの方が、室内長で15㎜、室内幅で60㎜、車内高で30㎜大きいです。
一方、車両重量はクロスビー・ハイブリッドMXの方が、150㎏重いです。

これらのことから、クロスビー・ハイブリッドMXはハスラー・Gターボと比較して、ボディーは大きくなった割には、室内空間はあまり大きくなっていないことが分かります。
また、重量差が150㎏というのは、大人の男性で、2人分程度もあり、かなり重く感じますね。
 (21512)

クロスビーとハスラーのエンジン・ミッション関係の比較について

 (21511)

ハスラー・Gターボと比較してクロスビー・ハイブリッドMXのほうが、排気量で340cc、最高出力で35PS、最高トルク5.6kg・mで大きくなっており、このパワー差は、体感できると思います。
ミッションは、ハスラー・GターボはCVT、クロスビー・ハイブリッドMXは6ATとなっており、走行フィーリングはかなり違うかもしれません。
一般的にATは独特の変速ショックがありますが、CVTには変速ショックがありません。
スズキの6ATはダイレクト感があって評判が良いので走りを楽しみたい方にはクロスビーが魅力的かもしれません。

気になる燃費ですが、JC08モードでハスラー・Gターボのほうがクロスビー・ハイブリッドMXより、7.8㎞/l低燃費です。
燃料は、クロスビー・ハイブリッドMXのほうがでハスラー・Gターボより5リットル多く入ります。

排気量が大きいので当たり前といえば当たり前ですが、パワー重視であれば、クロスビー・ハイブリッドMX、燃費重視であれば、ハスラー・Gターボといったところですね、
ただ、両者ともに20km/lを超える低燃費であるとは素晴らしいですね。
燃料タンクの大きさはあまりかわりませんね。
 (21513)

クロスビーとハスラーのサス関係の比較について

 (21510)

サス関係で注目して欲しいのがリヤサスの違いですね。
ハスラー・GターボのI.T.L.(アイソレーテッド・トレーリング・リンク)式コイルスプリングは、長年、スズキが拘ってきたリヤサスですが、クロスビー・ハイブリッドMXには採用せずに、トーションビーム式コイルスプリングを採用しました。
トーションビーム式コイルスプリングはI.T.L.コイルスプリングより軽量化できるといわれています。

ボディーサイズが大きくなったためか、クロスビー・ハイブリッドMXの方がタイヤサイズはで1インチ、最小回転半径は0,1㎜大きくなりました。
 (21514)

まとめ

クロスビー・ハイブリッドMXとハスラー・Gターボを比較してきましたが、クロスビー・ハイブリッドMXはハスラー・Gターボを比較してワイドボディとはなっていますが、室内空間はそれほど大きくなっていませんので、5人乗車は窮屈な感じはしますね。

エンジンについては、排気量が大きくなった分パワーアップしたクロスビー・ハイブリッドMXのほうが、よく走りそうな感じですね。
クロスビー・ハイブリッドMXには採用したトーションビーム式コイルスプリングや6ATは試乗の際のチェックポイントになりますね。

低燃費、軽自動車ならでのランニングコスト安さを重視するならハスラー・Gターボ、ハイパワーでストレス無く走りたいと考える人はクロスビー・ハイブリッドMXですね。
クロスビーにしようか、ハスラーにしようか、迷っている人の参考になれば幸いです。
 (21515)

16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

dreamber123123 dreamber123123