2017年9月7日 更新

新型日産セレナのプロパイロットは安全?ユーザーの口コミ・感想をご紹介!

日産のセレナといえば、ミニバントップの販売台数を誇る人気のミニバンです。見た目のかっこよさや室内の使い勝手の良さ、トップクラスの燃費とバランスよく優れた車両ですが、現行車のC27セレナから搭載された『プロパイロット』の存在も大きいと言えるでしょう。では一体どのような機能となっているのでしょうか?特徴やデメリット、口コミまで全てご紹介いたします。

新型日産セレナのプロパイロットは安全?ユーザーの口コミ・感想をご紹介!

日産の新技術『プロパイロット』は安全と言えるのか?

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ (9167)

日産セレナといえば、デビュー当時から現在まで日本のミニバン人気のトップを走る、人気の高い車両です。特にミニバンに必要な室内環境から、経済性の良さ、見た目の良さがバランス良く高いレベルで実現されています。

2017年3月の販売台数も全車種で6番目に高い14,577台を記録し、前年比192%とさらに販売台数を伸ばしています。(自動車販売協会のデータ)

そんなセレナが売れている原因の一つには、技術の日産として搭載られている『プロパイロット』の影響もあるのではないでしょうか?ではプロパイロットとは、一体どのような機能なのでしょう。

日産の自動運転技術「プロパイロット」

日産が掲げる目標に自動運転があります。これは目的地を入力すれば、その行き先まで文字通り自動で運転してくれる夢のような機能です。この自動運転を2020年までに実際の公道で実現されるため、昔から日産では準備が進められてきたと言われています。

その計画の商品化第一弾となるのが、この新型セレナのプロパイロットというわけです。C27型に搭載されているプロパイロットは目的を入力すれば、自動で目的地へ運転してくれるものではないですが、

高速道路といった特定の状況においてハンドル操作、ブレーキ、アクセルといったほぼ全ての操作を自動に行ってくれるというものになっています。簡単にいえばクルーズコントロールの進化系といったイメージでしょうか?
日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | このクルマの魅力 | プロパイロット (9171)

具体的には車両に取り付けられているカメラやレーダーにより、白線や前方の車両を判断し、同一車線を維持し、前の車に追従または一定走行をする機能ですね。

しかしこの機能において注意が必要です。それは完全な自動運転ではなく、運転支援装置であることを理解しなくてはならない点でしょう。

プロパイロットという名前で、ハンドル操作とペダル操作をしてくれるということから、運転者はもはや座っているだけです。しかし、この装置はあくまで補助として操作してくれているだけですので、完全に任せることはできないのが事実です。

実際にもメーカーサイトの注意書きにもあるように、事故でも責任はメーカーが取れるものではないので、自動ブレーキと同じような解釈が必要でしょう。さらにカメラやレーダーで制御しているため、故障や天候による誤作動だって大いに考えられます。

ですので、あくまで補助としてプロパイロットを使用するのが大切と言えるでしょう。

実際に事故が起こった例はないのか?

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | このクルマの魅力 (9177)

しかし実際に渋滞などの状況では、完全ではないもののかなりの負担を減らすことができるプロパイロット。正月やお盆の交通ラッシュには大いに役立つ機能でしょう。

そこで心配になるのが、実際に事故を起こす可能性があるのかについてでしょう。C27型日産セレナのプロパイロット使用中によって起きた事故はあるのでしょうか?

結論として、事故を起こし注意喚起されているようです。こちらは詳しい事故内容の一文ですが、
試乗車がプロパイロットを使用して走行中、ドライバーが前方に停止している車を認識していたにもかかわらず、「自動車販売店員の誤った認識に基づく指示」により、ブレーキをかけなかった。その結果、走行環境の影響から衝突被害軽減ブレーキが作動せず、停止車に追突。停止車に乗っていた2人が負傷したという。
これは完全に自動運転であると勘違いして起こった事故ですが、この事故の背景にはプロパイロット=自動運転(何もしないでも良い)という誤認識が原因と言えるでしょう。

当然事故の責任はセレナの運転者にあり、この記事を見る限り販売したセールスマンが誤った情報を伝えた結果で起こった事故であるため、確実に店と揉めたでしょうね。しかし事故の責任や損失、無駄な時間などはお店にも完全に保証することはできません。

不幸中の幸いですが、死者が出なかっただけ大きな事件になりませんでしたが、これは充分注意すべきニュースと言えるでしょう。

あくまで運転の補助で、目視や確認は運転者が行わなければならないことは、忘れてはなりません。

実際に使用したユーザーの感想とは?

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | このクルマの魅力 (9179)

ここまでどちらかというと、否定的な内容となってしまった日産のプロパイロットについてですが、実際に使用したユーザーの感想はどうなのでしょうか?

実際にC27セレナのプロパイロットを使用したユーザーの感想を見ていきましょう。
高速でのプロパイロット機能は便利です。
遠出する時は本当に楽になりますし、高速から降りると自分で運転するのが面倒くさくなる位でした(笑)
ただ高速運転中に一瞬プロパイロット機能が解除される時は焦りますので慣れが必要ですね。

プロパイロット本当に素晴らしいです!
遠出するのに高速を使用し、プロパイロットを発動させたんですが、想像を超える便利さと運転の楽しさが増しました。
乗らなきゃ分からない走行性能の良さがあります。
ただ、プロパイロット中での自動でブレーキは本当に危ないと思い、ブレーキを踏む際は自分で踏み込んで止まるようにしてます。
どちらもプロパイロットの性能に関して、素晴らしいと高評価しています。技術の進歩による快適さをかなり堪能されているようで、自走する面倒さを嘆くユーザーも、、、

しかし、どちらのユーザーにも言えることですが、しっかりとプロパイロットの性能や特徴を理解し、運転の最終判断は自分でしている点がとても重要なポイントです。

但し書きがあるように、プロパイロット使用中に危険と思うシーンもあるようですので、この点には充分注意し快適な高速走行にしたいですね。

まとめ

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン | このクルマの魅力 (9184)

新型セレナのプロパイロットの注意点や口コミについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

内容が否定的になってしまいましたが、個人としても自動運転は魅力的で実現してほしい機能です。しかしみんなが同じ装置の自動運転をしているわけではないですし、天候や誤作動による危険も充分あります。

どんなに技術が進歩し快適になっても、使う人間が危険について最終的に判断し使い方を誤らないことが、これからの車社会においてより重要であると言えるでしょう。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき