2017年9月25日 更新

ダイハツムーヴキャンバス試乗しました!エクステリアインプレッション

2016年秋に発売された、ダイハツのルーフの高さを抑えたスライドドアのムーヴキャンバスが売れています。 ムーヴと言えばダイハツの軽自動車の代名詞とも言えるロングランモデルですが、最近ではムーヴの販売台数の多くをこのキャンバスが占める状況だそうです。その人気の秘密に迫ります。

ダイハツムーヴキャンバス試乗しました!エクステリアインプレッション

ハイトワゴンじゃない、ルーフが低いワゴン!

ダイハツのムーヴキャンバスは、ムーヴをベースにした両側スライドドアを持つワゴンです。
昨今はタントを始めとするハイトワゴンが流行っていますが、ムーヴキャンバスはあえて全高を抑えたスタイリングでデビュー。
ハイトワゴンに見慣れているので、こうしたルーフが低いワゴンスタイルは逆に新鮮に映ります。
 (8683)

今回試乗させていただいたのは、ベースグレードとなるL "SAⅡ"です。
価格はFFで1,252,800円となります。
 (8684)

ムーヴキャンバスのフロントマスクは、ワーゲンバスのような愛らしいデザインで、ツートンカラーのモデルを選択するとさらにレトロ感が増して昨今の軽自動車にはない可愛さになります。
 (8710)

上記画像は上位グレードのG "MAKE UP SA Ⅱ"にツートンカラーのオプション(64,800円)を装備したものです。
各所にメッキパーツなどもあしらわれ、レトロ感がありながら質感も高くて女性に人気なのも納得です。
 (8685)

ベースグレードのL "SA Ⅱ"でも十分ファニーで可愛らしいスタイリングです。
 (8686)

下位グレードのLとXは、ハロゲンランプになります。
上位グレードのGにはLEDヘッドランプが標準装備になります。
 (8687)

ムーヴキャンバスは2BOXスタイルながら、ボンネットはギリギリまで切り詰められてキャビンを広く取っています。

通常のムーヴはAピラーは1本になっていますが、ムーヴキャンバスはAピラーは2本になっており、補助窓がついています。
これはハイトワゴンに見られる手法ですね。
でもルーフは低く抑えられているので、ボディの全長は同じながら長く見せる効果があります。
 (8688)

抑えられたルーフで全長を長く見せることで、ワーゲンバスのようなバススタイルに見える工夫となっています。
限られた軽自動車の規格のなかで、新しさを感じるエクステリアです。

ピラーはすべてブラックアウトされて、屋根が浮いているかのように見えるデザイン。
ツートンカラーにするとルーフが白くなるのでそれもまたおしゃれな感じなんですよね。
 (8689)

ムーヴキャンバスのLには14インチのフルホイールキャップが付いています。
ちなみに、ムーヴキャンバスは上位グレードでもフルホイールキャップですが、デザインがおしゃれなものになります。
 (8722)

この可愛らしいデザインなら、アルミホイールにしなくても良いですね。
 (8690)

ムーヴキャンバスのリアは、ほんの少しだけリアガラスが傾斜し、完全な箱型でない柔らかさがあります。
スペース効率よりもデザインを重視したエクステリアながら、とても好印象です。
室内も十分広いですしね。
 (8691)

ムーヴキャンバスのリアの方も見てみましょう。

バンパーには丸型のリフレクターが付いていて可愛らしい印象です。
ルーフスポイラーなどは付いておらず、可愛らしさを最優先したのがわかります。
 (8692)

リアを正面から見ると、こちらは箱型な印象です。
でもルーフが低いのでハイトワゴンよりも安定感があります。
これは操縦安定性にも効いています。
 (8697)

ムーヴキャンバスのリアを斜めからどうぞ。

この角度から見ると、実質的な先代モデルに当たるムーヴコンテにも通じるイメージがありますね。

ダイハツの人気軽自動車、ムーヴキャンバスのエクステリアを見てみましたが、可愛らしくルーフが低いスタイルは見た目に新しく、高さをそれほど必要としていない、それよりもスタイルのバランスを重視している女性に支持されているのだなと思いました。
広くて可愛いムーヴキャンバス、売れているのも納得でした。

その室内の広さのレポートは次回お届けしたいと思います。
お楽しみに!

32 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部