2018年1月5日 更新

東京オートサロン2018 軽トラ部門のおもしろ出展車両のご紹介!

やはり今年も軽トラックが、熱いと筆者は感じます。東京オートサロン2018でも軽トラック部門での出展が多数ありそうです。この部門を先取りしてみたいと思います。

東京オートサロン2018 軽トラ部門のおもしろ出展車両のご紹介!

今年の軽トラック部門は、どんなラインアップでしょうか???

スズキ CARRY FISHING GEAR

先日の東京モーターショー2017で登場したコンセプトカー同様のロングキャビンの登場です。スズキではキャビンを延長して、ドライバーや助手席そして荷物の積み込みを可能にした軽トラックの提案をしています。

今回もコンセプトをあえて限定しています。魚釣りをイメージしているようです。荷台や荷室にも荷物が積み込めて、フィッシングポイントへたどり着く走破性をイメージしたデザインをモチーフにし、さらに趣味を満喫できることを全面に打ち出しています!
 (20973)

ハイゼットトラック ジャンボバージョン

今回ダイハツでもロングキャビンの提案を行ってくるようです。ダイハツでは、あくまでもこの軽トラックにて色々なシーンでスローライフを楽しむといったコンセプトがあるようです。

スズキと違いコンセプトが幅広くスローライフとなっております。現時点ではどのような使い方が出来るのかが「?」な部分では有りますが、このロングキャビンというのはこれからどんどん推し進められていく予感がします。
 (20974)

サムライピック歌舞伎

株式会社 シーザー(Caesar,Inc.)
〒744-0071 山口県下松市清瀬町3-18-10
平成9年創業の会社であります。サムライピックアップシリーズは、仕事に遊びに本気で使えるリフトアップ軽トラックとして提案されています。既に販売も開始している車両であるようです。

雪道・砂浜・田んぼに畑のような悪路での抜群の走破性を備え、アメリカンピックアップトラックを思わせる様な迫力のスタイルとなっています。

現在、アメリカで非常に人気の軽トラック、海を渡った向こうでは既にカスタマイズされた車両が多数走行しているとのことです。このカスタムを逆輸入した感覚となるのではないでしょうか!!!装着タイヤ等によっては、白ナンバー変更になるようです。

参考ホームページ
http://samuraipick.com/complete.html
 (20972)

D`s Pick

株式会社 T・S・D
神奈川県横浜市保土ヶ谷区川島町 661-32 1F
平成27年創業の比較的新しいカスタム会社であります。ハイエース・プリウス等のカスタムを行っている会社ですが、もう1つ軽トラック等のカスタムも\にも精通しているとのことです。

今回そんなT・S・Dさんから軽トラックのコンプリートが東京オートサロンで展示されるようです。開発目的や詳細画像(CG)はH30.1.6発売の某雑誌にも掲載されるとのことです!また、東京オートサロン2018にて発表され予約も開始されるとのことです!

参考URL
http://www.tokyoautosalon.jp/TAS/2018/apl/ap/CList02.dll/?mode=&st1=55901&cid=S0180085

参考ホームページ
http://www.t-style08.com/
 (20971)

サムライピックアップ 駕籠

但東自動車株式会社
兵庫県豊岡市但東町出合51
昭和48年創業の比較的歴史のある会社であります。平成24年から軽トラックのカスタム車両の販売をスタートさせています。

今回まだ同社のホームページにも掲載されていないサムライピックアップ駕籠が、東京オートサロン2018でお披露目されるとのことです。どんな仕様になっているか楽しみですね!

参考ホームページ
http://www.tantojidosha.jp/
 (21047)

まとめ

東京オートサロン2018でも軽トラック部門の出展はどんどん増えていきそうな予感がします。大手メーカーからは、今後ロングキャビン仕様を前提にした軽トラックが、ラインアップされると考えます。

カスタムメーカーは、やはりピックアップやダンプ、そして特殊加工の装備を携えたモデルが増えてくると感じます。これから市場が大きくなっていくであろう軽トラック部門に期待したいと思います!
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me