2018年7月23日 更新

財布に優しい中古コンパクトカー選び!初代ミライース

コンパクトカーが欲しいけど、新車はちょっと予算が…という方へ。手頃な中古のコンパクトカーはいかがでしょう?ひとつふたつ前のモデルだと、現在でも通用する実力を持ちながらも、値段は実にお手頃。筆者が実際に乗り比べ、感じた事を率直にレビューします。皆様のクルマ選びの一助となれば幸いです。

財布に優しい中古コンパクトカー選び!初代ミライース

どんなクルマ?

ミライースは「第3のエコカー」をコンセプトに開発されました。当時はリーマンショックの真っただ中ということもあり、環境性能と同じくらい経済性が重要視されていました。

また、徐々に軽自動車の登録台数が増えてきていた時期でもあり、このようなクルマが出てきたのは必然の流れだったのかもしれません。

車両価格を抑えるため、当然ながら高価なハイブリッドシステム等を搭載するなどということはできません。その代わり、ダイハツは既存の技術を徹底的に見直し、車体構造の改良・エンジンとトランスミッションの改良により40%の燃費向上を実現しました。
ミライース(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (37229)

初代ミライースのここがイイ!

安いのに安っぽくない

軽自動車ですから、当然ダッシュボードやインパネにソフトパッド等が使われているわけはありません。それでも材質や表面の処理の工夫により、プラスチックの安っぽさは上手く消されています。

また、アクセルの踏み具合で色が変わるデジタルメーターも視認性抜群で、なかなかの出来です。ここからも安っぽさは感じられません。

思いのほか山道が得意

155/65R14という当時としては大きめのタイヤを装着し、また車重が730kg程度ということもあり、ワインディングロードに持ち込むと意外にヒラヒラと走ることができます。

燃費向上のため、ボディだけでなく車体下部の整流も考えて作られており、それが快活な走りの助けになっているのかもしれません。

嫌味のないオーソドックスなスタイリング

コンセプト車両は少し奇抜なデザインでしたが、実際に販売されるモデルのデザインは実にオーセンティック。どこに乗って行っても調和する、有り体にいえば「普通」の見た目になりました。

外も中も飽きのこないベーシックなデザインであり、時間が経っても古さを感じさせないことでしょう。
ミライース(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (37230)

初代ミライースのここはそうでもない…

リアシートのヘッドレストが無い

リアシートの居住性は意外なほど良いです。見た目の割に広々としており、男性が乗っても窮屈さを感じさせません。しかしリアシートにはヘッドレストが搭載されておらず、万が一の事故の際、首を傷めてしまう可能性があります。

この点は2012年5月のマイナーチェンジで改良され、一部グレードに標準装備になりました。他のグレードではオプションとして選択できるようになりました。

フロントシートの作り

生地やクッション性は問題ありません。乗降性も良いため、デイリーユースにはばっちりです。ですが、ホールド性は今一つ。山道をヒラヒラ走れる性能はありますが、コーナーで傾いた体を支えてくれるものはありません。

また、シートの背もたれの大きさが小さい気がします。筆者が乗ると両肩がシートからはみ出ました。シートがドライバーの体を支えきれないと、長距離ドライブでは疲れやすくなります。

ラゲッジルームが狭い

リアシートの居住性を確保した代わりに、ラゲッジルームが犠牲になっていました。このパッケージングなら仕方のない事なので、ここに文句をつけるのは筋違いかもしれません。

買い物に行った際は、リアシートをラゲッジスペースとして使う事になるかと思います。
ミライース(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (37231)

まとめ

ミライースは、低価格・低燃費という軽自動車の本質をしっかりと体現しています。低価格ながらも下のグレードでも安っぽさは極限まで抑えられており、ダイハツの小型車作りのセンスに改めて驚かされます。

インテリアとエクステリアの質感、走行性能のどちらも枠内いっぱいに高められており、「これでいいや」という妥協を感じられるところはありません。

また、我慢を強いられる事が少ないというのもミライースの魅力のひとつです。エコカーでありながら走行性能は悪くなく、安いクルマなのにインテリアは安っぽくありません。

コンサバなデザインのおかげで、ビジネスからプライベートまであらゆるシーンにマッチするのも魅力です。通勤やお買い物だけでなく隣町までのちょっとしたドライブも出来ますし、社用車として営業マンの足にすることだってできます。

中古市場の相場は10万円~130万円となっており、程度により値段に大きな開きがあります。

今売られている軽自動車は、正直な所豪華になりすぎた感じがします。軽自動車にそこまでの豪華な装備を求めず、手頃で長く乗れるクルマを探している方はぜひミライースを検討してみてはいかがでしょうか。
ミライース(ダイハツ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (37232)

22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲