2017年11月17日 更新

ホンダのミニバン「オデッセイ」がHonda SENSINGを標準搭載し11月17日にマイナーチェンジ

人気の「ODYSSEY」が11月17日にマイナーチェンジとなるようです。

ホンダのミニバン「オデッセイ」がHonda SENSINGを標準搭載し11月17日にマイナーチェンジ
Honda | 「ODYSSEY」をマイナーモデルチェンジして発売 (18469)

 Hondaは、広い室内空間と風格のあるスタイリング、優れた燃費性能と上質な走りなどで好評の上級ミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」に、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝手などを向上させ、11月17日(金)に発売します。
ホンダのミニバン「オデッセイ」が2017年11月17日にマイナーチェンジして発売されるようです。
今回主に変更となるのは以下の通り

・「Honda SENSING」の機能を充実させ、全タイプ標準装備化
・エクステリアデザインの進化
・インテリアに快適装備を採用
・コバルトブルー・パールとプラチナホワイト・パールのボディーカラーを追加

何と言っても注目なのが、ホンダセンシングの標準装備による安全性アップでしょう。特にハイブリットモデルに関しては、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機が追加され、ドライバーの運転を支援し、高速道路などでの運転負荷軽減が期待されます。

他にも、オデッセイの大きな特徴とも言える2列目プレミアムクレードルシートには、大型ヘッドレストが採用され、さらなる快適性が期待できます。同時に小物や飲み物が収納できるスペースを足元に採用し、総合的にリラックスできる空間へと進化していることでしょう。
気になる価格に関しては、通常のガソリンモデルが2,980,000円〜3,653,600円、ハイブリットモデルが3,750,000円〜4,150,000円となるようです。

美しいデザインが魅力のオデッセイだが・・・

オデッセイといえば、元々はミニバンではなくステーションワゴンで人気を得てきた車両。

2013年から登場した、現行モデルよりミニバンに路線チェンジした訳ですが、その中でも特に美しいエクステリアなど、見た目の印象が高評価を得ているモデルとなっています。

それに対して、乗り心地など、ミニバンに大切な部分でユーザーから低い評価を受けていることもある車両ですので、このモデルチェンジでユーザーの満足度をさらに高めることができるのか注目です。

マイナーチェンジ後の新型オデッセイは2017年11月17日より販売が開始されます。
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部