2019年9月5日 更新

日本国内で初めて販売されたベンツの電気自動車!「EQC」の魅力を紹介します!

「EQC」は、ベンツが日本国内で今年7月から販売している初めての電気自動車です。今回はこの「EQC」の魅力を紹介していきます。

日本国内で初めて販売されたベンツの電気自動車!「EQC」の魅力を紹介します!

「EQC」の概要

「EQC」は、ベンツが2018年から販売している電気自動車であり、日本国内では今年の7月から販売されています。ベンツのクルマはどのモデルも高品質なのが特徴ですが、この電気自動車「EQC」は、その高品質を保ちながら、電気自動車としての加速性能・高い静粛性を実現したモデルになっています。以下にこの「EQC」の魅力を紹介していきます。

「EQC」のエクステリア

The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65605)

「EQC」のエクステリアは、長く伸びたルーフラインがリアに向かってなだらかに下降し、低いウエストラインと結合し、SUVの逞しさとクーペの流麗さを融合した、独自のフォルムを形成しています。フロントで目を惹くのはマルチビームLEDヘッドライトとフロントグリルを囲む大型のブラックパネル、そしてハイグロスブラックに仕上げられたサイドエアインテーク。オプションのAMGラインはツインルーバーデザインのフロントグリルや21インチの専用マルチスポークホイールを採用し、さらにスポーティな印象を深めています。マルチビームLEDヘッドライトの内部はブラック地にブルーのアクセントが加えられ、EQのアイデンティティを主張。独創性と先進性の調和で、EQ専用のスタイルを創出しています。
The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65606)

「EQC」のインテリア

The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65608)

運転席周りは、操作性に優れたタッチスクリーンやタッチパッドを装備し、先進のドライビング環境を実現しています。またエアアウトレットやドアパネルなどにローズゴールドを採用し、デジタルとアナログの要素を融合した時代を先駆けるデザイン、「プログレッシブラグジュアリー」を「EQC」の室内に取り入れています。
The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65611)

ラゲッジルーム

The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65613)

大容量リチウムバッテリーをフロア下に配置したことで、フラットなフロアと広い開口部を実現しています。積み下ろしがしやすく使いやすいラゲッジルームは、後席バックレストを立てた状態でも500L(後席を倒した状態で1,460L)という余裕あふれるスペースを確保し、SUVとしての機能性も高いレベルで満たしています。

「EQC」の走行性能

The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65616)

「EQC」には、高出力モーターをフロントアクスル、リアアクスルに1基ずつ搭載しています。この2つのモーターを合わせた最高出力は408PS(300kW)、最大トルクは765N・m、航続距離は約400kmにも達します。低・中負荷時にはフロントモーター単独で、追い越し時などパワーを要する場合はリアモーターと「4MATIC」の組合せにより、力強い加速を発揮します。電気自動車ならではの極めて高い静粛性とともに、発進時から立ち上がる強烈なパワー&トルクを実現しました。アクセルを踏み込んだ瞬間、一気に最大トルクを生み出し、これまでのモデルとは一線を画す、電気自動車ならではのダイレクトかつレスポンスの鋭い新次元のドライビングを実現しています。

「4MATIC」

The all-new EQC|メルセデス・ベンツ日本 (65619)

「EQC」はフロントアクスルとリアアクスルにモーターを備え、パワーが必要な時には両モーターで駆動する可変式「4MATIC」を採用しており、様々な天候や路面状況で常に最適なトラクションを発揮します。オンロードではコーナリング時や高速走行時の高い安定性を、オフロードや雪道などでは力強い走破性と安心の走行安定性を実現します。

「EQC」の価格

「EQC」の価格は、10,800,000円~(EQC 400 4MATIC)になっています。
1000万円超えの高級車ですが、価格以上のパフォーマンスは持ち合わせています。

まとめ

今回はベンツが日本国内で初めて販売した電気自動車である「EQC」の魅力を紹介してきました。
2つのモーターから繰り出される加速性能は、ガソリン車では味わえない感覚であり、さらに高い静粛性も実現しているのは電気自動車の「EQC」の最大の魅力です。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi