2018年4月4日 更新

デリカD:5特別仕様車が登場も新型デリカD:6は2018年に?最新情報まとめます!

2017年10月26日に三菱は10年もの長きに渡って長期モデルとなっているデリカD:5の特別仕様車「CHAMONIX」を設定しました!そんなデリカD:5ですが、2018年あたりを目処に新モデルとなるデリカD:6が登場するのではと噂されています。今回は追加されたデリカD:5の特別仕様車「CHAMONIX」と新型デリカD:6についての最新情報をまとめていきたいと思います!

デリカD:5特別仕様車が登場も新型デリカD:6は2018年に?最新情報まとめます!

デリカD:5に特別仕様車「CHAMONIX」が登場!

CHAMONIX | デリカD:5 | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (18803)

デリカD:5は三菱が2007年より発売し続けている人気のミニバンです。

ミニバンと言えど、SUVのような走行性能を兼ね備え、パジェロなどを代表車として持つ三菱らしいアウトドアに特化した車両となっています。

デリカD:5の累計販売台数は2017年9月時点で約16.3万台となっているとのこと。10年もの月日が経っているにも関わらず、現在でも月に1000台程度の販売台数を誇るこの車両は三菱にとってもユーザーにとっても大切な1台と言えるでしょう。

そんなデリカD:5ですが、10周年のアニバーサリーモデルとして、特別仕様車となる「CHAMONIX」を追加しました。
CHAMONIX | デリカD:5 | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (18805)

真冬の真っ白な世界を連想させるカラーリングと、専用シートなどが特徴的なモデルとなっており、所々にアニバーサリーモデルらしさが感じられる作りとなっているのが特徴です。

価格は、三菱独自の多機能ナビゲーションシステム(MMCS)装着車両で3,834,000円(非装着車両で3,656,880円)となっており、デリカファンにとって見逃す事のできない1台となっています!

東京モーターショー2017での新型デリカD:6が期待されたが・・・

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (18808)

10周年アニバーサリーモデルとなる「CHAMONIX」も素晴らしい車両ですが、多くのデリカファンにとって気になるのが新型デリカD:6だと思います。

10年ものロングライフとなっている上、三菱の中で人気のあるモデルですので、フルモデルチェンジ後の新型デリカD:6が話題にならないはずがありません。

そんな新型デリカD:6については、2017年11月に行われた東京モーターショ−2017での登場が開催前に噂されておりましたが、残念ながら今回登場したのは『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』でした・・・

しかしながら、インドネシアで販売されている三菱のMPV「エクスパンダー」と新型デリカD:6は全くの別と発表されており、今回登場とならなかった新型デリカD:6の開発状況に関して関係者は順調だと答えているそうです。

新型D:6のスペックは?

日産:エルグランド [ ELGRAND ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ (18812)

東京モーターショ−2017での発表とならなかった新型デリカD:6ですが、新型D:6のスペックはどのようなものになっているのでしょうか?

現在わかっている新型デリカD:6のスペックについておさらいしてみたい思います!

まずはプラットフォームですが、提携している日産のエルグランドとプラットフォームを共有することがわかっています。しかし、デザインについては、エルグランドのような高級路線の車両になるのではなく、現行型のデリカD:5を意識したSUVよりのミニバンのままでいくとのこと。

ちなみに、10周年のアニバーサリーモデルが登場したデリカは冒頭でも紹介したように、10年間ベースを全く変更していないにも関わらず好調なセールスを維持している車両ですので、この方向性は間違い無いかと思います。

またパワートレーンに関しては、ディーゼルメインになるとの話やPHEVメインとなる話が挙がっておりますが、個人的な意見を入れるのであれば、PHEVがメインとなると考えます。そもそも東京モーターショ−2017で発表した『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』もそうですが、今後三菱も日産同様にEVに力を入れていくことがわかりますね。

ですので、パワフルなディーゼルのラインナップとエクスパンダーにも搭載されているような1.5Lガソリンエンジン、メインとなるPHEVの3ラインナップが個人的な意見です。(ラインナップに入りそうなパワートレーン)

PHEVに関しては、既にアウトランダーで搭載されているツインモーター4WDを日産の培ったバッテリー技術でアップデートすることが期待できそうです!

新型D:6のベースと噂されたエクスパンダーとは?

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (18815)

新型デリカD:6の話題を語る上で、度々出てくるエクスパンダーという車名ですが、皆さんはエクスパンダーについてご存知でしょうか?

自動車ファン、または三菱ファンでない方は知らない場合も多いかと思います。

エクスパンダーについて簡単にご紹介すると、三菱がインドネシアにて発売しているMPV、つまりはミニバン
です。発売といっても初公開されたのが2017年8月となっており、三菱の新たな車両の1つです。

そんなエクスパンダーは、スタイリッシュでありながら、存在感のあるグリルから生み出されるフロントフェイスが印象的なエクステリアと、3列シートで室内の使い勝手のよいインテリアが持ち味の車両となっています。

パワートレーンには1.5Lガソリンエンジンを搭載し、受注時点で2万を超えるオーダーがあるほどの人気っぷりです。

このエクスパンダーが当初は新型デリカD:6のベースになると考えられていましたが、既にエクスパンダーとデリカは別に開発中とのことですので、ここでご紹介したエクスパンダーとは別に日本に登場することになるようです!

新型D:6の登場時期は?

エクステリア・インテリア | デリカD:5 | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN (18817)

今回はデリカD:5の10周年アニバーサリーとなる特別仕様車「CHAMONIX」が登場したこともあり、新型D:6に関する最新情報やスペック予想などをご紹介しました。

残念ながら、現段階でわかっていることはそれほど多くなく、現段階では明確な発売時期や価格に関してご紹介はするのは難しい状況となっています。

しかしながら、2017年内に発表が期待されていた新型デリカD:6ですので、2018年のできるだけ早い時期での発表を期待してもいいかもしれません。

今後もチビカでは最新情報が揃い次第、順次記事化しますので、今後の朗報をお待ちください!
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき