2017年6月2日 更新

CX-3 ガソリンモデルがこの夏にかけて追加となる模様です

兼ねてからうわさのあった3列シートのSUV「マツダ CX-8」。正式に発表がありワタクシも個人的に期待しております(笑) それに隠れた形になっちゃってますがCX-3もガソリンモデルを投入。海外で既に投入しているSKYACTIV-G 2.0で展開する模様です

CX-3 ガソリンモデルがこの夏にかけて追加となる模様です
マツダ、新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の導入を公表。国内向け新世代商品初の多人数乗用車、2017年中に発売
名前がCX-6だの何だのでありました、噂の3列シートSUVがマツダから登場の様です。
「マツダ CX-8」ですが、全長 4,900mmx 全幅1,840mm x 全高1,730mm・ホイールベース2,930mmとなっており
CX-9を省いた国内モデルとしてはアテンザが全長 4,865mm 全幅1,840mm ですから約3センチ5mm差と長さほぼ同じ幅は同じで、高さについてはベースとなるCX-5が1,690mm ですから4センチ高くなる様です
エンジンはSKYACTIV-D 2.2 クリーンディーゼルエンジンのみ・・トランスミッションはSKYACTIV-DRIVE6速で乗車定員は、6名/7名と2つパターンとなっており、写真のとおり2列目シートが分離したものといわゆるベンチシート型のものと2パーンの様です
CX-3は月販目標台数3000台に対して、2017年1月1,283台、2月1,447台、決算月の3月でも2,079台という厳しい数字。ライバルのホンダ/ ヴェゼル、新参もののトヨタ/C-HR が相当売ってる中、加えて身内の新型CX-5の登場で更にキツくなるのは間違いないと思われます。
 (7564)

デザインで買う車だと思いますが、狭い・高い・ディーゼルしかない・・という批評もあり中々厳しいCX-3
そんな中近々、CX-3にガソリンモデルを投入するという情報を仕入れました・・・
エンジンは1.5Lではなく、海外で当初より販売済みのSKYACTIV-G 2.0。
CX-5で登場の新色「ソウルレッドクリスタル」を追加する模様。現行どうりAWD設定はあるが、MT車はない。価格はディーゼルのXDより30万位安くなる

デザインで惚れ込み、私本人も購入検討したてたCX-3

 (7566)

今でもすれ違ったりするとカッコいいなぁと思っちゃいます
SKYACTIV-G 2.0搭載のCX-3、海外ではガソリンモデルの方が好評とも聞きます。おそらく燃費もアテンザ2.0並の17.4km/Lかそれ以上の数値が期待でき、走りもきっと素晴らしいに違いありません。期待しましょう
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やれんのー やれんのー