2019年6月8日 更新

キャデラック エスカレードに全身ブラックの特別仕様が登場。

フルサイズSUVとなるキャデラック エスカレードにて、特別仕様モデルが販売開始になりました。同モデルは、全身ブラックにして洗練さと高級感をさらにアップさせた仕様です。このモデルのエクステリア等をご紹介していきます。

キャデラック エスカレードに全身ブラックの特別仕様が登場。

キャデラック エスカレードSPORT EDITIONの概要等

GM ジャパンは、キャデラック エスカレードの特別仕様車となる「キャデラック エスカレード SPORT EDITION」を2019年5月29日より発売することを発表しました。価格は、1409万4,000円(消費税込)です。

同モデルは、キャデラック「エスカレード プラチナム」をベースに、フロント・サイド・リアから専用の22インチホイールに至るまで、全身丸ごとブラックアウト仕様の専用パーツを装備し、黒く引き締まったデザインにしています。

Cadillac Escalade Sport Edition 2019

ユーザーの個性を際立たせてくれるブラックアウト仕様のエスカレード SPORT EDITIONの登場です。初代から20年以上にわたり進化を進め、多くのユーザーを魅了し続けるキャデラックモデルとなっていますね。

エスカレードは、フルサイズのラグジュアリーSUVを牽引するモデルです。今回は、装いを新たにした特別仕様車に仕上げています。フロント、サイド、リア、ホイールに至るまで、全身をブラックアウトにした仕様です。スポーティかつエレガントなデザインは、ユーザーの個性をさらに際立たせるでしょう。
 (61741)

アグレッシブな漆黒に仕上げたブラックアウト仕様が最大のポイントです。まさに全身ブラックとなっていますね。

ブラック化された特別パーツは?
・グリルアッパー
・フロントグリル
・グリルメッシュ
・バンパーローワー
・ピラーガーニッシュ
・サイドモールディング
・22インチミッドナイトシルバーホイール
・リアゲートアクセント
 (61742)

ベースモデルは、キャデラック ESCALADE プラチナムとなっています。ベースモデルの価格は、13,716,000円です。

キャデラック エスカレードSPORT EDITIONの諸元
ハンドル位置 左
全長×全幅×全高 5,195×2,065×1,910mm
エンジン種類/型式 V型8気筒OHV
総排気量 6,153cc
最高出力(SAE) 426PS/5,600rpm
最大トルク(SAE) 63.5kg・m/4,100rpm
トランスミッション 8速AT
駆動方式 セレクタブル4WD
タイヤサイズ 前:285/45R22 後:285/45R22
使用燃料(ガソリン) 無鉛プレミアム
 (61743)

キャデラック エスカレードってどんな車?

キャデラックエスカレードは、1997年にフォードが発売開始したリンカーン・ナビゲーターが、販売好調なのを受けて、GMが高級SUV市場参入したことが始まりです。フォードの対抗車種として企画されています。

日本では、2代目(GMT800)からGMの現地法人であるGMアジア・パシフィックジャパン(現ゼネラルモーターズ・ジャパン)が輸入販売をしていました。

初代エスカレード(GMT400)は、1999年に登場しました。1998年から発売が開始されたGMC・ユーコン デナリ(GMC・ユーコンの豪華版)をベースモデルに高級SUVに仕上げたモデルです。

エクステリアの多くが、ユーコン デナリと共通していたのが特徴です。エンジンは5700ccのV型8気筒、トランスミッションは4ATでフルタイム4WD方式を採用していました。

2代目エスカレード(GMT800)は、2002年に販売開始されています。エンジンは、5300ccもしくは6000ccのV型8気筒です。搭載されたトランスミッションは、4ATでフルタイム4WD方式です。このモデルからは、ロングボディやピックアップがラインナップに追加されています。

3代目エスカレード(GMT900)は、2007年モデルとして北米で2006年から販売が開始されています。エンジンは、6200ccのV型8気筒です。組み合わされるトランスミッションは、6ATでフルタイム4WD方式となっています。また、本国でのカスタム嗜好を意識して、純正オプションで22インチの大径アルミホイールが選択できるようにもなっています。

4世代目のエスカレード(現行型)は、GMの新型トラック・プラットフォーム((2013年から販売開始されている2014年型シボレー・シルバラードで採用) を搭載して登場しています。北米市場では、2015年に販売開始されています。

キャデラック エスカレードのエクステリアデザインは、世代を問わずザ・アメリカと思えるほどボリューミーで迫力のある仕様ですね。

現行モデルの特徴
印象的なヘッドランプに綺麗な配置で囲まれた、迫力あるメッキグリルが特徴となっていますね。ガルバノクロームで大胆かつ丹精に仕上がったプラチナムグリルは、洗練されたデザイン性を引き出しています。

ホイールは、クロームのインサートが特徴的な22インチのプレミアムぺイントホイールが装備されています。フローフォーミング工程で製造されたこのホイールは、重量を抑えるだけでなく強度を高めた仕様です。

車のリア部分では、リアライトブレードが一般的な自動車デザインとは全く異なるのがポイントです。新設計のLEDを採用した左右のライトブレードテールランプは、眩い光を放ち、存在を強く主張できるように仕上げています。リアワイパーは、スッキリとしたデザインに見せるために、使用時以外は収納されています。

今回の特別仕様モデルは、さらに洗練さを表現するように、全身ブラックに仕上げていますね。
 (61745)

まとめ

キャデラック エスカレードで特別仕様車を販売開始しました。ベースモデルは、13,716,000円となっています。この特別仕様車は、14,094,000円です。378,000円ほど値段が上がっていますが、全身ブラック仕様に仕上げてこの価格差であればお買い得ではないでしょうか。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me