2018年3月8日 更新

ホンダジャズ X-ロードは、欧州では4月に販売スタート、スペックや価格等を予想!一方国内フィットには、アクセサリーで装着可能!

日本でも人気のフィット、諸外国ではJAZZ(ジャズ)として販売されています。このジャズにSUVバージョンがラインアップされることが判明しました。その名も「ジャズ X-ロード」。このAセグメントSUVを検証してみます。 実は日本で販売のフィットには、アクセサリー対応で「クロススタイルパッケージ」になっています!

ホンダジャズ X-ロードは、欧州では4月に販売スタート、スペックや価格等を予想!一方国内フィットには、アクセサリーで装着可能!

ホンダ ジャズ X-ロードってどんなクルマ???

 (24718)

ホンダ ジャズ X-ロードは、どんなコンセプトで開発されたのでしょうか?同社では、AセグメントのSUVを販売させたかった狙いが一番のポイントでしょう!

小型タイプのSUVを販売し、今まで違うメーカーを購入していたユーザーにホンダでもAセグメントのSUVに乗ることが出来ますよ!と訴えかけるモデルとなりえますね!

実は、ジュネーブモーターショーに出展されるとのことなのですが、写真上下を見てみると、既にスペイン地方では展示されている印象!価格も・・・(後で発表)。

このAセグメントSUVであるジャズ X-ロードに焦点を集めて、検証していきます!

ホンダ ジャズ X-ロードのエクステリア

フロントビューでは
通常のフィットと大きく違う点は、フロントバンパーの形状。特にバンパー下のアルミ製アンダーガードが、ポイントでしょう。

また、フォグランプのデザインが、LEDの縦デザインになっているのも注目点。全体的なデザインは、現行型のフィットとほぼ同じで、スモールパーツの意匠変更等でSUVを表現していることがわかりますね!
https://www.autonocion.com/el-honda-jazz-tambien-recibe-version-campera-extrana-combinacion/ (24394)

via https://www.autonocion.com/el-honda-jazz-tambien-recibe-version-campera-extrana-combinacion/
サイドビューでは
一番のポイントは、やはりフェンダーアーチに与えられた樹脂製のパーツ。このデザインを施すことでSUV感は非常に増幅。さらにドアモールも中央に同様パーツで構成してるのがわかりますね!

フィットの車高よりも、若干高いことが伺えます。サスペンションを変更することで数センチ車高が上がっているようです。

 (24854)

リアビューでは
やはりリアバンパー下部のディフェーザーが、SUVの雰囲気をアピールしているでしょう!そして、リアのハッチもサイド等の樹脂パーツと同じ素材で保護されているのが伺えます。

実はヨーロッパ方面では、荷物の積み下ろしでこのリアハッチの開閉が多いと聞きます。この部分が何かに当たって傷つかないようにという思いも込められているのでは・・・?

ホンダ ジャズ X-ロードのポイント部分

アルミ製のフロントアンダーガードは、ジャズ X-ロードにあうように新設計されたバンパーにピッタリあうようになっていますね!
 (24719)

今では、このパーツなくしてSUVとは見えないほど重要なパーツ。リアのディフェーザーは、SUVを強調するならシルバーといえるでしょう!
 (24720)

今回の最大のポイントであるフェンダーアーチの樹脂パーツ追加。これにより通常のフィットよりも若干全幅が広くもなっており、ワイド感も増しているとの事。
 (24721)

サイドのモールに、サイドアンダーシルも樹脂製のパーツで保護されているジャズ X-ロード。フィットのデザインを大きく崩さないようにバランスの取れたデザイン処理を施していますね!
 (24722)

ホンダ ジャズ X-ロードのインテリア

インテリアビューは、現行フィットに類似している点が多い印象。インテリア自体は、フィットデザインをそのままジャズ X-ロードにインストールされているのではないでしょうか?
 (24725)

チョット話はそれますが、、、。
現在日本では、このAセグメントのコンパクトカーというのは沢山販売されていますよね?そして沢山レンタルもされています。筆者が、レンタカーを借りて1番広いと感じたのはフィット。

特に後部座席の頭上と足元の開放感は、他のメーカーよりも非常に広いスペース感であったことを思い出しました(筆者の思い出話ですみません)。

このリアシートの写真を見ても解るとおり、意外と後部座席は広いといえるでしょう。
 (24726)

リアのハッチもAセグメントカーとしては、充分な容量を確保しているのではないでしょうか?シートも6対4分割で倒れることで、いろいろな大きさの荷物を入れることが可能。
 (24727)

日本のフィットでは、アクセサリー対応でSUVの雰囲気が楽しめるように!

日本国内では、フィットにアクセサリーとして、各種パーツをつけることでSUVの躍動感を楽しめる方式。

ホンダ ジャズ X-ロードは、ヨーロッパ方面でひとつのモデルとして販売されるのですが、日本ではもっとリーズナブルに楽しむことが可能ですね!

RS以外のグレードにてこのオプションが選択できるのも魅力。

参考URL
http://www.honda.co.jp/ACCESS/fit/exterior/package_crossstyle/
 (24851)

ホンダ ジャズ X-ロードとフィットのオプションとの違いは???
細かい所では、若干フロントのアルミアンダーガードのデザインが違う、同様にリアのディフェーザーデザインが違う点。

ホンダ ジャズ X-ロードは、車高を数センチ上げているのですが、フィットは、アクセサリー対応なので車高は、現状維持といったところが違う点でしょうか?

 (24852)

実はこのアクセサリーパーツには、「クロススタイルパッケージ」として単品購入よりも安く買える設定が有ります。

下記の画像6点セットで、なんと、、、138,240円(単品だと155,520円)
ということは、1番安いフィットを購入した場合、1.3Fで1,428,840円 +138,240円=1,567,080円。
雰囲気を楽しむのであれば、充分ではないでしょうか!

 (24853)

ホンダ ジャズ X-ロードのパワートレーン

筆者が予想するジャズ X-ロードのパワートレーンは?

欧州では、1500㏄エンジンにマニュアルまたはCVTの組み合わせ。それにFFと4WDとなってくると考えます。将来的には、ハイブリッドのシステムも導入されてくると予想。これにホンダセンシング等の装備が追加されたモデルがラインアップ。

まとめ

これからジュネーブモーターショーでお披露目されるとの事、、、なのですが、実は筆者がスペイン等のサイトを調べていたら、なぜか店頭に並んでいる雰囲気のサイトがありました。

参考URL
http://www.promoneuve.fr/annonce/honda-jazz-neuve-175106.html

現在ヨーロッパホンダでは、ジャズの価格帯は、14,115€から17,115€となっています。日本円に換算すると約184万円から223万円くらい。1500cc のラインアップなので日本のフィットとは価格構成が異なります。

ヨーロッパでは、ジャズ X-ロードは、240万円前後からの販売になるのでは?

一方日本では、既に「クロススタイルパッケージ」というアクセサリーでフィットにインストールできますので(しかも結構お安く)、日本の皆様はこちらのアクセサリーで楽しむのがベター!

36 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me