溝口将太

溝口将太

クルマをただの道具としてではなく、クルマがもたらしてくれる『モノ』とは何か。

『人×クルマ×◯◯=無限大』をテーマに執筆しております。よろしくお願いします。

ご質問、お問い合わせ等はお気軽にmizo.imp@gmail.comまでお寄せください。必ず返信します。

フォロー

0 人にフォローされています

新たな日本の大動脈 新東名・新名神が相次いで開通!

新たな日本の大動脈 新東名・新名神が相次いで開通!

2019年3月17日、新東名高速道路と新名神高速道路の一部区間が相次いで開通しました。関東は東京・横浜から名古屋を挟み関西は大阪・神戸を結ぶ日本の大動脈「東名神」と「新東名神」。今回は高速自動車国道の中でも「高速」の名を冠する新東名と新名神の今をお伝えします。
東京から気軽にドライブ!河口湖エリアをご紹介

東京から気軽にドライブ!河口湖エリアをご紹介

3月も中旬を迎え春らしい気候を感じるようになりました。今回は東京から気軽にドライブを楽しめるエリア・河口湖エリアをご紹介します。
スバルよりVIZIV ADRENALINE CONCEPTが世界初公開!

スバルよりVIZIV ADRENALINE CONCEPTが世界初公開!

先日取り上げましたVIZIV ADRENALINE CONCEPTがついに3月5日から開催中の第89回ジュネーブ国際モーターショーにて世界初公開されました。予想通りSUVではありましたが、見える角度次第ではクーペスタイルも取り入れているという印象です。このVIZIVが示すものは何か?スバルの今後を占ってみましょう。
首都高速3号渋谷線下り 渋谷入口の進捗状況を考察

首都高速3号渋谷線下り 渋谷入口の進捗状況を考察

2016年から首都高渋谷線の渋谷入口(下り方面)の新設工事が行われています。六本木通りの慢性的な渋滞緩和と実質的に霞が関と池尻の間に新たに首都高渋谷線の入口が誕生することにより、各方面へのアクセス向上が期待されています。 共用開始は2018年度内とされていますが、現在の進捗状況で間に合うのでしょうか?
アウディQ5よりディーゼルモデルが登場!その実力は?

アウディQ5よりディーゼルモデルが登場!その実力は?

アウディが展開しるSUVモデルの一つ、Q5より新たなモデルが登場しました。その名も「Audi Q5 40 TDI quattro」です。最大のトピックスはディーゼルエンジンを搭載している点です。日本の道路環境化では最高出力よりも最大トルクの方が発揮しやすいと言えますが、アウディが提案するディーゼルエンジンモデルのQ5、その実力を探ります。
スバルの次なる一手、『VIZIV アドレナリン コンセプト』を出展

スバルの次なる一手、『VIZIV アドレナリン コンセプト』を出展

スバルはスイス・ジュネーブで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーにて新たなコンセプトカーを出展します。「アドレナリン」という言葉にどのような意図が込められているのでしょうか?事前に公開された限られた情報ですが、その中身を追ってみます。
トヨタ自動車が設した新会社「KINTO」とは?

トヨタ自動車が設した新会社「KINTO」とは?

トヨタ自動車は愛車サブスクリプションサービスを提供する目的として、新会社「KINTO」を2019年1月11日に設立しました。 サブスクリプションサービスとは「定額制」を意味しますが、そこにどのような狙いがあるのでしょうか?
7代目 新型レガシィ 2020年モデルついにお披露目!

7代目 新型レガシィ 2020年モデルついにお披露目!

日本時間2月8日、米国シカゴで開催中の「2019シカゴオートショー」にて新型レガシィが世界初公開されました。公開された情報を元に新型レガシィの中身を探ります。
アウディが贈るスーパースポーツ。R8をご紹介

アウディが贈るスーパースポーツ。R8をご紹介

子供の頃、「スーパーカー」という響きに憧れを抱いていました。フェラーリ・ポルシェ・ランボルギーニ…誰もが一度は聞いたことのあるメーカーですが、アウディにもスーパーカーが存在します。それが「R8」です。今回は試乗もさせて頂いたので、その感想も踏まえてR8をご紹介します。
新型レガシィ(米国仕様)がいよいよお披露目!登場は2月7日

新型レガシィ(米国仕様)がいよいよお披露目!登場は2月7日

米国仕様ではありますが、スバルは新型レガシィを2月7日のシカゴオートショーにて世界初公開すると発表しました。 シカゴオートショーは2019年2月7日~18日の期間で開催。手元にある情報は限られたものですが、新型レガシィの内容を考察をしてみたいと思います。
新東名高速道路の一部区間で制限速度120㎞/h時代が到来!

新東名高速道路の一部区間で制限速度120㎞/h時代が到来!

新東名高速道路の一部区間における速度制限が2019年3月1日より試験的に120㎞/hへ引き上げることがわかりました。 私は以前、高速道路各地で制限速度を試験的に110㎞/hへ引き上げていた内容を取り上げました。警視庁は新東名高速における試験結果の分析を経て、速度引き上げによる事故増加との因果関係は認められないと判断したのでしょう。 片側3車線区間と2車線区間が入り混じっている新東名高速…私たちドライバーに求められるものは何か。実際に走ってきたので独自視点で解説します。
未来はすでに現実だった…テスラ モデルXを試乗!

未来はすでに現実だった…テスラ モデルXを試乗!

テスラに試乗する機会に恵まれました。すべてが未知な体験。私がこれまで想像していた未来はずっと近くにあったのだなと再認識させてもらいました。今回はテスラが展開しているSUV「テスラ モデルX」をご紹介します。
スバルのエントリーモデルセダン インプレッサG4をご紹介

スバルのエントリーモデルセダン インプレッサG4をご紹介

過去私は「レガシィ B4」と「WRX S4」をご紹介しましたが、スバルのセダンでまだご紹介できていないのが今回の「インプレッサ G4」です。ハッチバックではありますが3代目インプレッサを所有して時期もありますので、その進化を交えながらお伝えします。
プレミアムなコンパクト アウディ A1をご紹介します

プレミアムなコンパクト アウディ A1をご紹介します

アウディ A1はアウディにおけるエントリーモデルでありコンパクトカーに属するクルマですが、そのクオリティはコンパクトカーのそれを大きく超えています。小さなボディにアウディの魅力が詰まったA1をご紹介します。
マニアックなミニバン スバル エクシーガ クロスオーバー7をご紹介

マニアックなミニバン スバル エクシーガ クロスオーバー7をご紹介

スバルには多人数乗用車(のちにミニバンと呼称)が存在していたのをご存知でしょうか?「エクシーガ」がそれにあたります。 レガシィの流れを汲むエクシーガは2015年に「エクシーガ クロスオーバー7」へとSUV風にドレスアップを行った7人乗りミニバンです。走行性能の高さは評価されていたもののスライドドア勢のミニバンに販売台数で押され、一部のファンに惜しまれつつも2018年3月30日に販売終了となりました。今回は個人的には隠れた名車として認識している「エクシーガ クロスオーバー7」をご紹介します。
スバル レヴォーグの特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」をご紹介します

スバル レヴォーグの特別仕様車「1.6GT EyeSight V-SPORT」をご紹介します

2018年11月27日、レヴォーグの特別仕様車「レヴォーグ 1.6GT EyeSight V-SPORT」が発売されました。ベースグレードである「1.6GT EyeSight」と何が違うのか?熟成を重ねているレヴォーグの特別仕様車の魅力を探ります。
セダン検討の方に一度は触れてほしい レガシィ B4をご紹介します。

セダン検討の方に一度は触れてほしい レガシィ B4をご紹介します。

スバルが展開するセダンは『インプレッサ G4』『WRX S4』そして今回取り上げる『レガシィ B4』があります。インプレッサはSGP、WRXは直噴ターボによりその存在感を高めているのですが、実はレガシィには“弟分”にはない魅力も詰まっているのです。今回はその魅力を探ります。
38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪