ミナト自動車㈲

ミナト自動車㈲

幼少期は、自動車カタログが絵本の代わり。一番初めに覚えた英単語は「TURBO」。トラックから高級車まで何でもござれ。レンタカー会社勤務の経験から、独自の視点で車を考察いたします。

フォロー

0 人にフォローされています

レトロ可愛い!2代目ホンダN-WGNのタイムレスな魅力!

レトロ可愛い!2代目ホンダN-WGNのタイムレスな魅力!

最近の軽ハイトワゴンには、ミニバンに負けないくらい迫力のあるデザインを与えられているものもありますが、まなじり吊り上げたようなヘッドライトのクルマばかりです。もう少し「抜け感」のあるクルマがあってもいいのでは…と常々思っていましたが、ホンダの2代目N-WGNがちょうどそれに当てはまるクルマになっていました。
最後のコンパクトセダン!日産ラティオを覚えていますか?

最後のコンパクトセダン!日産ラティオを覚えていますか?

スモールセダンというジャンルは、今では全く人気が無くなってしまいました。しかし、東南アジアや北米では、まだまだ人気のあるジャンルです。今回は、日本で最後のコンパクトセダンになった日産ラティオをご紹介します。
お手頃ライトウェイトスポーツ!初代MR2はこんなクルマ!

お手頃ライトウェイトスポーツ!初代MR2はこんなクルマ!

バブル景気に沸き立つ1980年代、トヨタから国産初のミッドシップレイアウトのスポーツカーが発表されました。中身は当時のカローラのパーツを流用していますが、ミッドシップ、2シーター、リトラクタブルライトといういで立ちはまさにスーパーカーそのものです。今回は、クルマ好きが好む要件を全て満たしていた初代MR2をご紹介します。
初代アルファードがエルグランドに勝てた理由

初代アルファードがエルグランドに勝てた理由

トヨタの屋台骨を支えていると言っても過言ではないアルファード/ヴェルファイア。狙いを絞ったマーケティングを行い、かつてVIPセダンに乗っていた層をうまく取り込みました。そして今では、中国や東南アジアでも大人気となっています。当初はエルグランドとライバル関係にありましたが、今では独り勝ち状態です。いったいどこで差が付いたのでしょうか。その秘密は、初代アルファードを詳しく見てみるとよく分かります。
個性派快速ワゴン!Mini John Cooper Works Clubmanの魅力

個性派快速ワゴン!Mini John Cooper Works Clubmanの魅力

ミニバンとSUV全盛の今ですが、ステーションワゴンも根強い人気があります。人を乗せて荷物も積みたいから大きいクルマが良いけど、駐車場の都合で背の高いクルマを所有できないとなるとステーションワゴンがベストな選択肢です。ステーションワゴンは質実剛健なものもあればスポーティーで速いものもあります。ですが、個性的なものはなかなかありません。今回は、個性的かつスポーティーなステーションワゴン「Mini John Cooper Works Clubman」をご紹介します。
クルマ好きが納得する5つの条件とは?

クルマ好きが納得する5つの条件とは?

ほとんどのクルマ好きな人は、「最近のクルマはつまらなくなった」と思っている事でしょう。確かに手軽に買えるスポーツカーは激減してしまい、クルマ雑誌の特集も過去の名車の話ばかりです。では基本に立ち返り、そもそもどんな条件を満たしていれば「楽しいクルマ」になるのかを考えてみましょう。
バチッ!痛っ!静電気を防げ!

バチッ!痛っ!静電気を防げ!

乾燥する時期になると、クルマの乗り降りの度にバチッ!と静電気がくることがあります。痛いしビックリするし何となくイラッとするし、良いことはありません。何とかして防ぎたいものです。いろいろな静電気を防ぐグッズが売られていますが、今回はそれらに頼らず解決する方法をお教えします。
個性派ラージセダン!シトロエンC6をオシャレに乗ろう!

個性派ラージセダン!シトロエンC6をオシャレに乗ろう!

世界的にSUVが人気なのはご存知かと思いますが、世界的にセダンが不人気というのはご存知でしたでしょうか。トヨタのマークXは2019年12月で生産終了予定となっており、アメリカではフォードがセダンの市場から撤退する姿勢を表明しています。確かにSUVはただのクルマの域を出て、その人のライフスタイルを表すステートメントとなります。確かにSUVに乗っている人にはアクティブな印象を覚えますね。しかし、SUVでフォーマルな印象を与えられるでしょうか。フォーマルといえばやはりセダンに分があるはずです。今回は、かなり個性派なフレンチセダンを紹介します。
ディーゼルターボのエクストレイルは長距離楽々!

ディーゼルターボのエクストレイルは長距離楽々!

最近は、クルマのラインナップの中でディーゼルターボを選べるのはごくごく当たり前の事になってきています。やはりガソリンエンジンでは味わえない豊富なトルクと、安い燃料費が人気の要因でしょう。かつてのディーゼルエンジンは黒鉛と振動がひどいというイメージがありましたが、現在は各メーカーの努力によりかなり改善されてきています。今回紹介する2代目エクストレイルには、ポスト新長期規制を初めてクリアしたディーゼルエンジンが搭載されていました。どのようなエンジンで、クルマの性格はどうだったのか見てみましょう。
キャンピングカーの種類ってこんなにあるの!?

キャンピングカーの種類ってこんなにあるの!?

ここ最近、車中泊が脚光を浴び、「一部の人がやるもの」から「旅をする上でのひとつの選択肢」という認識になりました。それと同時にキャンピングカーへの注目も高まり、お手軽な軽キャンなども数多く出回るようになりました。今回は、そんなキャンピングカーにはどのような種類があるかを調べてみたいと思います。
質実剛健ジャーマンミニバン!シャランTDIはすごい!

質実剛健ジャーマンミニバン!シャランTDIはすごい!

おそらくディーゼル不正問題の影響かと思いますが、今になってようやくフォルクスワーゲンの日本でのラインナップにディーゼルモデルが設定されるようになりました。国産メーカーとは違い、昔から途切れる事なくディーゼルエンジンを作り続けているため、技術レベルの高さは侮れません。どのような性格のクルマに仕上がったか見てみましょう。
不遇のFRスポーツセダン!アルテッツァはどんなクルマ?

不遇のFRスポーツセダン!アルテッツァはどんなクルマ?

クルマ好きにとって、ミドルサイズFRスポーツセダンはとても「刺さる」ジャンルです。セダンのフォーマルなスタイリング、スポーティーな後輪駆動、それによく回るエンジンが組み合わされば素晴らしいクルマが出来上がるに決まっています。かつてトヨタから発売されていたアルテッツァは、その条件を全て満たしたクルマでした。
日本にぴったり!ルノートゥインゴ

日本にぴったり!ルノートゥインゴ

日本ではここしばらく、ヨーロッパからの輸入車が人気です。しかしそれらはBMWやメルセデスなどの、どちらかと言えば大きめで長距離移動に向いたクルマが多いような気がします。ドイツ以外で、しかも実用的なコンパクトカーとなればどのようなクルマがあるのでしょうか。今回は、8月にマイナーチェンジを受けたルノートゥインゴを紹介します。
21年ぶりのディーゼル!ゴルフTDIの実力は?

21年ぶりのディーゼル!ゴルフTDIの実力は?

2018年から、フォルクスワーゲンはディーゼルモデルの拡充に力を入れてきました。パサートやゴルフトゥーラン、ティグアンにディーゼルモデルが追加されましたが、本命とも言うべきゴルフにはなかなかディーゼルエンジンが設定されませんでした。もういい加減そろそろ…といったところでようやく発売されました。日本で正規販売されていたディーゼルのゴルフは3代目までで、実に21年前のことです。さて、実力はどんなものか見てみましょう。
手頃なマルチプレーヤー!5代目ゴルフGTI

手頃なマルチプレーヤー!5代目ゴルフGTI

ゴルフは世界中で売られているクルマで、ハッチバックの中ではベンチマーク的な存在です。良いハッチバックの条件は荷物も積めて、人も乗せられて、かつ運転が楽しいという3点ですが、ゴルフは最低グレードでも全て満たしています。しかしGTIとなると、楽しさはさらに倍増します。「ホットハッチ」というジャンルを確立したクルマの実力を見てみましょう。
アメリカンなFFセダン!トヨタプロナード

アメリカンなFFセダン!トヨタプロナード

国が変わればクルマの好みも変わるわけで、世界戦略車もあればドメスティックなクルマもあります。今回紹介するのは後者の方で、北米市場で売られていた(日本からすると)大型なFFのセダンです。SUVやミニバンが流行っている現在、あえてこのようなクルマに乗ってみるのも面白いのではないのでしょうか?
今はいずこ?豪快アメリカンミニバンのシボレーアストロ

今はいずこ?豪快アメリカンミニバンのシボレーアストロ

現在のように国産ミニバンが人気になる前、アメ車のミニバンのシボレーアストロが大ヒットした事がありました。持て余しそうな大きいボディ、今となっては効率の悪いエンジン、何かと不便な左ハンドルという悪条件にも関わらず大ヒットした理由は何だったのでしょうか?詳しく調べてみましょう。
123 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪