bsr-kansai

bsr-kansai

フォロー

0 人にフォローされています

ゼロクラウンから4代目、クラウンはどこへ向かう?!

ゼロクラウンから4代目、クラウンはどこへ向かう?!

国産を代表する高級車クラウン。大きく変革を遂げたゼロクラウンから4代目となる新型クラウンが登場しましたが、今後クラウンはどんな顧客層を狙い、そしてライバル車に対してどのように向き合ってゆくのでしょうか?
トヨタの本気!カローラ・スポーツ!

トヨタの本気!カローラ・スポーツ!

新型クラウンと同時に登場したカローラ・スポーツ。オーリスは消えてあえてカローラにCセグメントハッチバックを継がせたのです。その狙いは?!
魅力がいっぱい!ジムニー・シエラ!

魅力がいっぱい!ジムニー・シエラ!

大人気の軽クロスカントリー・スズキ・ジムニーですが、ここで注目したいのは兄貴分のジムニー・シエラです。
燃料電池でクルマの未来は変わるのか?!

燃料電池でクルマの未来は変わるのか?!

クルマを取り巻く環境はどんどん変化しています。排ガス規制という考えが出てからもう40年以上も経ちました。トヨタはいち早くハイブリッド車の開発、市販化を実現し、日産もEVカーを定着させようとしています。そしてトヨタは更に燃料電池によるモーターカーについても市販化を実現させたのです。
1BOXやハイトワゴンは「お顔」が重要?!

1BOXやハイトワゴンは「お顔」が重要?!

SUVと共に高い需要がある1BOXカーとハイトワゴン。最近の傾向で顕著なのは「ノーマル顔」と「カスタム顔」という2種類をラインアップすることではないでしょうか?軽や小型車では「女性系」と「男性系」と分けてもいいかもしれません。確かにイメージが大きく変わってきます!
ウェイクをもっと「デッカク使おう!」

ウェイクをもっと「デッカク使おう!」

「デッカク使おう!」の謳い文句のCMで華々しく登場したダイハツ・ウェイク。軽自動車最大のサイズのスーパートールワゴンですか、最近ちょっと販売面で苦戦しているようです。それには何か原因があるのでしょうか?
マツダ・ロータリーエンジンの歴史

マツダ・ロータリーエンジンの歴史

ロータリーエンジンは現在、残念ながら生産されていませんが、マツダのロータリーエンジン と言えば登場時は一世を風靡したものです。まるで電気モーターのように吹き上がるエンジンフィールは感動的でした。このロータリーエンジンの搭載車を振り返ってみたいと思います。
栄光の英国車、ジャガーの素晴らしさ!

栄光の英国車、ジャガーの素晴らしさ!

中高年世代にとってはジャガーは間違いなく憧れのクルマのひとつでした。その栄光と現在でも独自の存在感を放つジャガーの魅力を追います。
N-BOXに挑め!ライバル車!

N-BOXに挑め!ライバル車!

新型になってホンダ・N-BOXはいよいよ好調です!まさに敵ナシの販売成績を築いていますが、ライバルも負けているわけにはいきません。ダイハツ、スズキにもちゃんとライバル車があります。ここでは改めてライバル車との比較をしてみることにします。
コスパのいいクルマを選ぼう!

コスパのいいクルマを選ぼう!

強い趣味性、こだわりなどがある場合は別ですが、基本的には誰だってコスパのいい、お買い得なクルマ選びをしたいものです。ここでは各クラスの中でお勧めとなるコスパのいいクルマをピックアップしてみました。ただし、基本的にコスパで選ばれている軽自動車については、ここではあえて外しています。
スズキのSUVは個性的!

スズキのSUVは個性的!

スズキは自動車メーカーの中でもユニークな存在です。大手を相手に堂々と渡り合うラインアップは個性的で、特にSUV的な車種は得意技です!
今ならまだ買える!走りのクルマ!

今ならまだ買える!走りのクルマ!

確かにスポーツカーという分野はエコカー、ミニバンなどの分野に押され、確実に減ってきているのは間違いないところでしょう。 そんな状況下ですが、一部ではネオクラシックなスポーツカーに対する見直しも見られます。明確ではありませんが、年式的には1990年~2000年前半あたりということになるのでしょうか。逆に言えば、このあたりからスポーツカーが減っていったのかもしれません。特に軽量&コンパクトなスポーツ車などは充分に狙い目だとおもいます。今ならまだまだいい状態のモノが手にはいると思いますよ!当時、憧れだったクルマをゲットしてみませんか?
熟成の三菱SUV!その着実な進歩を検証!

熟成の三菱SUV!その着実な進歩を検証!

そもそも三菱はオフロード車がお家芸です。三菱といえば、パリダカの「パジェロ」やラリーの「ランサーエボリューション」 の印象が強く残っているように、オフロードでは相当な本格派が揃っていました。この技術と経験を基礎としているのが三菱のSUV!悪いわけがありません。
欧州のコンパクトSUVは個性的!そして以外にお買い得!

欧州のコンパクトSUVは個性的!そして以外にお買い得!

国産車でもコンパクトSUVがかなり増えてきましたが、欧州のコンパクトSUVは個性の強さがハンパない!性能もいいですし、そして価格もかなりリーズナブルですよ!
「かわいいクルマ」でたっぷり楽しもう!

「かわいいクルマ」でたっぷり楽しもう!

「かわいいクルマ!」と言うとゴツい男性には敬遠されてしまうかもしれませんが、いえいえ、ひとたび気に入ってしまえば長い付き合いのできるいい相棒になると思いますよ!
セダンを見直そう!今買える300万円以内国産セダン

セダンを見直そう!今買える300万円以内国産セダン

今や乗用車ではSUV、ミニバンが大人気となっているこの頃です。軽自動車でも車内は広くてファミリーユースに充分応えています。ミニバンなら多人数での乗車もできますし、ハイブリッなら燃費もいい…。こうした状況で忘れ去られがちなのが「セダン」です。お値ごろのセダンもいろいろあります。やっぱりクルマの基本はセダン!もう一度セダンを見直してみませんか?!
売れているクルマ・なぜ売れている?を再検証!

売れているクルマ・なぜ売れている?を再検証!

表は、日本自動車販売協会連合会発表による、昨年4月から今年3月末までの1年間の車種別販売台数です。軽自動車を除くベスト20というわけですが、ここでは売れているクルマを一部ピックアップして再検証しようと思います。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪