間も無く投票のアメリカ中間選挙。自動運転車に対するテストの透明性の強化を求めている運動団体は「民主党に勝って欲しい」と願ってるんだって

間も無く投票のアメリカ中間選挙。自動運転車に対するテストの透明性の強化を求めている運動団体は「民主党に勝って欲しい」と願ってるんだって

6日に投開票のアメリカ中間選挙。様々な有権者や、業界団体の思惑が交錯しているのは言うまでもありませんが、自動運転車の安全運行を求める団体は、野党の民主党に勝って欲しいと願っているのだそうです。もっとも、勝利するかどうかは微妙だとの声や要因もあり、予断を許さない状況です。
米トラック業界苦悩。マリファナ合法化で、ドライバー採用試験で落とさねばならない事例が続出

米トラック業界苦悩。マリファナ合法化で、ドライバー採用試験で落とさねばならない事例が続出

先日、アメリカでマリファナ合法化によって自動車事故が増えているのではないかとの記事を紹介しましたが、これは関連になりましょうか。解禁に踏み切った州が増えるにつれて、トラック・ドライバーの採用試験でマリファナ検査に引っかかる事例が続出。人手不足の解消が全く出来なくなっているのだそうです。
これ、日本の幼稚園の送迎バスにも使えそうなアプリかも? 

これ、日本の幼稚園の送迎バスにも使えそうなアプリかも? 

アメリカで、ちょっと面白いアプリが注目を集めています。スクールバスの呼び出しアプリがそれ。バスが近づいたら、親御さんのスマートフォンに告知。これによって、停留所での待ち時間を大幅に減らせるとしています。今までありそうで無かったサービスとなりましょうか。iTunesの教育関連アプリでは1位に輝いた他、レビューも2万3000件とのことですから、関係者の注目を浴びています。
要領の悪いドライバーさんに朗報? アメリカで自動駐車してくれるアプリが出現

要領の悪いドライバーさんに朗報? アメリカで自動駐車してくれるアプリが出現

女性が男性をパートナーとして選ぶ際の重要なポイントに「要領の良さ」があるそうです。自動車関係の場合、運転が上手だとか、車庫入れがスムーズとか。そうした中の1つが「駐車場探しが上手いかどうか」。「何やってんのよー。こんな遠い所? レストランから帰ってくるとき、ダル過ぎじゃん」「ねー、ショッピングモールの端っこの端っこに駐車したら、割引きでもあるわけ? ホント、こんなに待たせて。子供達、すっかりグズってるじゃないの」といったウンザリ反応にお心当たりのある方もいるかと。そんな方々に朗報かも知れないアプリが出現しています。
トホホ、ホンダ車は窃盗犯の間で大人気。ターゲットで1位と2位を独占したばかりか・・・

トホホ、ホンダ車は窃盗犯の間で大人気。ターゲットで1位と2位を独占したばかりか・・・

困った方面で、大人気となりましょうか。アメリカでは、車の窃盗犯の間で日本車が人気となっており、専門機関の調査によると上位10位にはトヨタや日産などの名前が占めているそうです。そして、1位と2位はホンダ車。メーカーにしたら「そんな人気、要らん」となるでしょう。しかも、この話には続きが・・・。
アメリカでマリファナ服用後の事故が増加中?しかも、SNSから甘い誘惑が!

アメリカでマリファナ服用後の事故が増加中?しかも、SNSから甘い誘惑が!

アメリカでは、幾つかの州でレクリエーション用のマリファナ服用が合法化されていますが、そうした州で高速道路での衝突事故が6%増えているのだそうです。直接的な因果関係を巡っては、専門家の間でも慎重な見方が出ていますが、危険なのは、子供を乗せての事故が14%もあったこと。自己責任と言えない状況になっています。更に、そこへSNSから甘い誘惑が・・・。
仰天! アメリカに自動車の自販機が

仰天! アメリカに自動車の自販機が

激烈なビジネスの世界で生き残るには、いかにして宣伝費をかけずに世の人々の注目を集めるかがカギ。その点で、凄いアイディアとなりましょうか。アメリカ・フィラデルフィア州のフィッシュタウンに、何と自動車の自動販売機(と言って良いのかというぐらいの大きさです)が出現し、地元メディアが早速取材しています。
オーストラリアやアメリカで模索されるトラック専用レーン。成果やいかに?

オーストラリアやアメリカで模索されるトラック専用レーン。成果やいかに?

オーストラリアやアメリカで、「高速道路のトラック専用レーン」が模索されています。渋滞を緩和したいというのが、運輸当局の狙いなのですが、インターネット上では疑問視する人が少なくありません。あるニュースサイトでは「ギャンブルだ」と言い切っているぐらい。果たして、成果や如何に?
アメリカの「あおり運転」「危険運転」は命にかかわる! 銃社会なので弾が飛び交うのが当たり前

アメリカの「あおり運転」「危険運転」は命にかかわる! 銃社会なので弾が飛び交うのが当たり前

高速道路での「あおり運転」は、本当に腹立たしいし、怖いものですね。ただ、上には上がある(『下には下がある』、と言い換えるべきでしょうか)と思ってしまうのが、アメリカ。英語ではroad rage(直訳すると『道での怒り』)と言います。これには危険運転も含まれますが、単語を入力してグーグル・ニュースで検索すると、漏れなく付いて来るのがshoot。そう、「撃つ」です。銃社会ですから、怒ったドライバーが拳銃などを持ち出してバーン!となるのです。
アメリカの1マイル当たりのトラック運用コスト、ジワジワッと上昇中

アメリカの1マイル当たりのトラック運用コスト、ジワジワッと上昇中

これまでに何度かお知らせしてきた、アメリカのトラック・ドライバー不足事情。かの国の業界では、ドライバーの給与を上げるなどの対応に追われています。そして、運用コストにも、ジワジワとアップの波が…。最新集計(2017年対象)では、6%の上昇となったそうです。
アメリカを襲った巨大ハリケーンのせいで、中古車価格が上昇するかも

アメリカを襲った巨大ハリケーンのせいで、中古車価格が上昇するかも

日本では北海道胆振東部地震の関連大報道によって影が薄くなってしまった、スーパーハリケーン「フローレンス」。襲われたアメリカ東海岸では20人近い死者が出てしまいました。お気の毒な限りですが、CNN日本語版が報じているように「最悪の事態はこれから」。多くの車が冠水などで乗れなくなり、新たに購入する必要が出てきたのですが、ディーラー自身も被害を受けているからです。多くの専門家が「中古車の価格が上がるだろう」と指摘しています。その上、更なる難題が…。
「スマートフォンのカーナビアプリが、交通渋滞を招いている」という研究結果がアメリカに

「スマートフォンのカーナビアプリが、交通渋滞を招いている」という研究結果がアメリカに

スマートフォンというのは、本当に便利ですね。アプリさえダウンロードすれば、様々な役割を果たしてくれるのですから。カーナビ機能も、その1つ。昔みたいに専用の機器も要らなくなったのは、財布に優しい限りなのですが、ここに来て捨て置けない話が。アメリカでは、「交通渋滞の元凶となっているかもしれない」との研究が発表されているのです。ありゃまぁ。
目指せブラック業種脱出!アメリカのトラック業界、目下賃金を昇給中?!

目指せブラック業種脱出!アメリカのトラック業界、目下賃金を昇給中?!

アメリカの凄い所は、「これって問題だ」と思ったら、当事者が声を出し、即座に社会が解決に動こうとする所でしょうか(まぁ銃規制は例外なんでしょうけど)。このサイトでも再三再四取り上げてきたトラック運転手の不足問題についてですが、ドライバー自らがインターネットで問題提起し、昇給という形で対応しようとしています。 ところが、そこでも問題が発生しています。地域で格差が出ており、隣り合う州で倍以上になっているケースも。そうなると「あっちの州で働いた方が良い暮らしができる」と、人材流出につながりかねないのでは?
アメリカのトラック運転手不足問題、専門家は「ストレスがキツすぎる」からと指摘。「尊敬されてないし、やってられない?」

アメリカのトラック運転手不足問題、専門家は「ストレスがキツすぎる」からと指摘。「尊敬されてないし、やってられない?」

先日来から断続的に紹介している、アメリカのトラック運転手の不足問題。医療心理の専門家の間からは、「そもそもストレスがキツすぎる職業になっているのが原因だ」とする研究報告が上がっています。お客さんだけでなく、職場でも軽蔑の視線を感じているドライバーも少なくないのだとか。社会に必要な仕事なのに!
トランプ政権の自動車部品への追加関税政策のせいで、車泥棒が増加する?

トランプ政権の自動車部品への追加関税政策のせいで、車泥棒が増加する?

トランプ政権が掲げる自動車部品への追加関税政策は、諸外国から非難轟々となっているばかりではなく、アメリカ国内からも懸念の声が上がっているのは皆様もご存知でしょう。実際、自動車部品を輸入している関係で、アメリカの国産自動車のコストに影響するとの反対論もあります。ところが、ここに来て驚きの予測が。何と、「車泥棒が増えるかもしれない」との分析が出て、アメリカの各メディアは大騒ぎしています。
電気自動車や自動運転車への投資や研究総額は、2022年までに35兆円もかかる!

電気自動車や自動運転車への投資や研究総額は、2022年までに35兆円もかかる!

日暮れて途遠し、でしょうか。昨今持て囃されている電気自動車や自動運転車に費やされた投資や基礎研究は、2022年までに最低でも3100億ドルかかるとの試算が出ています。日本円に換算して、35兆円。気の遠くなるような金額ですね。さすがにアメリカでは悲鳴が上がっているそうです。
人手不足に悩むアメリカのトラック運転手、平均年齢は何と58歳!

人手不足に悩むアメリカのトラック運転手、平均年齢は何と58歳!

先日の「離職率90%!アメリカのトラック運転手不足が社会問題化。無人運転は解決策になるのか?」の記事の続編です。いやー、これは本当に驚き。慢性的な人手不足に悩んでいるだけではなく、超が3つか4つもつくほどの高齢業界になっていました。何と運転手の平均年齢は58歳なんです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪