イスラエルのスタートアップ企業「触れた道路のデータ分析」で、自動車業界が注目

イスラエルのスタートアップ企業「触れた道路のデータ分析」で、自動車業界が注目

ハンドルを握る緊張感から解放されても、自動運転車のAIが悪路を走ってしまえば乗り心地の悪い思いをしてしまいますね。そんな中、イスラエルのスタートアップ企業が地元自治体と提携しながら、道路の凹凸などをデータ収集しながら、より素晴らしい運転体験を提供しようと奮闘中。フォードなど自動車大手も注目しています。
英国のドライバーは4キロに1回、運転中に毒づく。イスラエルのドライバーは過去1年間に1度はあおり運転を目撃。いずこも一緒?

英国のドライバーは4キロに1回、運転中に毒づく。イスラエルのドライバーは過去1年間に1度はあおり運転を目撃。いずこも一緒?

普段はとっても良い人だけど、ハンドルを握ると性格が豹変。それって、どうやら洋の東西を問わないみたいです。このほど判明した調査から、英国では4キロに1回、運転中に毒づき、イスラエルのドライバーは過去1年間に1度、あおり運転に遭遇したことがあるのだそうです。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪