グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード

英国で自動運転車による初のレースが開催。地元紙は絶賛も、中国メディアは酷評

英国で自動運転車による初のレースが開催。地元紙は絶賛も、中国メディアは酷評

英国で今年25年を迎える「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、初めて自動運転車によるレースが開催されました。地元のタブロイド紙は「成功した」と好意的な報道なのですが、最高速度が125キロだったこともあってか、中国系メディアは「遅いし、退屈?」と酷評しています。背景には、嫉妬心が…?
「50年以上の超中古車だって、自動運転は可能」と、英国の大学が53年前のムスタングを改造

「50年以上の超中古車だって、自動運転は可能」と、英国の大学が53年前のムスタングを改造

自動運転車と言えば、最新デザインの車体が街を疾走していく光景を想像しがち。しかし、英国では地元の大学が1965年のムスタングを魔改造し、日本でも知られる「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に出場させました。さすがに颯爽と走るというわけにはいかず、ヨタヨタしながらの走行。でも、何となくほのぼのさせられますね。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪