グーグルのラリー・ペイジ氏イチ押しの「空飛ぶ車」来年デビュー

グーグルのラリー・ペイジ氏イチ押しの「空飛ぶ車」来年デビュー

グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジ氏が支援しているシリコン・バレーの「空飛ぶ車」製作スタートアップ企業のオープナー(Opener)。その甲斐あって、同社の「ブラックフライ」が、来年にデビューしそう。操縦免許が不要な一方、飛べる地域は制限されます。おまけに、ヘリコプターより安いけど、車で比べるとSUV並み。ハードルが高いのか、低いんだか…。
グーグルの共同創業者、ラリー・ペイジ氏は「空飛ぶ自動車」に並々ならぬ関心

グーグルの共同創業者、ラリー・ペイジ氏は「空飛ぶ自動車」に並々ならぬ関心

グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジ氏と言えば、2015年9月の時点で333億ドル(約4兆円)の純資産を有する、文字通りチョー大金持ち。母校のミシガン大学工学部の国家諮問委員も務めておられますし、2004年には全米技術アカデミーの会員に選出され、2005年からはエックスプライズ財団の理事も務めておられます(いずれもウィキペディア日本語版による)。ただ、Wikiには書かれてない、もう1つの顔があります。それは「空飛ぶ自動車」に並々ならぬ関心をいだいていること。2つのスタート・アップ企業に投資しているぐらいなのです。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪