「スマートフォンのカーナビアプリが、交通渋滞を招いている」という研究結果がアメリカに

「スマートフォンのカーナビアプリが、交通渋滞を招いている」という研究結果がアメリカに

スマートフォンというのは、本当に便利ですね。アプリさえダウンロードすれば、様々な役割を果たしてくれるのですから。カーナビ機能も、その1つ。昔みたいに専用の機器も要らなくなったのは、財布に優しい限りなのですが、ここに来て捨て置けない話が。アメリカでは、「交通渋滞の元凶となっているかもしれない」との研究が発表されているのです。ありゃまぁ。
どっちなの?自動運転車バラ色説とそうでないとの説

どっちなの?自動運転車バラ色説とそうでないとの説

自動運転車の導入のメリットとされるのは、交通渋滞の解消。および、それによる出勤時間や移動時間の短縮で生産性が上がるなどが挙げられます。ところが、これを巡って今、論争が起きています。今年1月に、著名大学の研究では「改善される」。ところが、ここに来てワールド・エコノミック・フォーラムとボストン・コンサルティング・グループが、ボストン市の現状とシミュレーションの結果「ダウンタウン地域では渋滞が酷くなるし、郊外とは利用で温度差が出るだろう」と指摘しているのです。著名紙のワシントン・ポストまでが、この問題を取り上げるに至り、目下カオス状態となっています。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪