自動運転車両の普及と実用化を後押し。「改正道路運送車両法」が成立

自動運転車両の普及と実用化を後押し。「改正道路運送車両法」が成立

2019年5月17日、自動運転の実用化に向けて安全基準を定める「改正道路運送車両法」が参院本会議で可決・成立しました。2020年への自動運転車両の実用化がいよいよ現実味を帯びてきましたので簡単にまとめてみたいと思います。
日産、次期新型スカイラインに自動運転が可能となる「プロパイロット2.0」を搭載

日産、次期新型スカイラインに自動運転が可能となる「プロパイロット2.0」を搭載

日産は、同一車線内でハンズオフが可能となる世界初の運転支援システム「プロパイロット2.0」を発表しました。この新しい「プロパイロット2.0」を今秋日本で発売するスカイラインに搭載する予定としており、17日より新テレビCMの放映が開始されています。
日産が「プロパイロット2.0」を発表!進化した日産の自動運転技術を紹介!

日産が「プロパイロット2.0」を発表!進化した日産の自動運転技術を紹介!

日産は自動運転技術に関しては、他の自動車メーカーと比べても特に力を入れており、技術が進んでいます。今回は「プロパイロット2.0」を発表したということで、その詳細を紹介していきます。
トラックドライバー不足の救世主? カリフォルニアのスタートアップに投資家熱視線

トラックドライバー不足の救世主? カリフォルニアのスタートアップに投資家熱視線

世界各国で深刻化する、トラックドライバー不足。自動運転トラックが解決策だろうとされている中、カリフォルニアに本社を置くIKEというスタートアップ企業が注目されています。某大手家具メーカーと似たような名前ですが、こちらは「アイク」と発音するのだとか。1950年代にアメリカ大統領を務めた、ドワイト・デビッド・アイゼンハワー大統領の愛称から命名したそうです。5200万ドルの資金調達に成功しましたが、さて、吉と出るか凶と出るか?
ルノーEZ-Ultimo Conceptが公開!ルノー技術の搭載でレベル4の安全技術になっているとの事!!!

ルノーEZ-Ultimo Conceptが公開!ルノー技術の搭載でレベル4の安全技術になっているとの事!!!

将来に向けてルノーが提案している3代目のモデルとの事。今回は、広々とした空間の中で少し広い行動範囲や仕様も可能なことを視野に入れているようです。このモデルを調査してみます。
ボルボが自動運転トラック発表。その名も「ベラ」(自信)

ボルボが自動運転トラック発表。その名も「ベラ」(自信)

頑丈さをアピールするCMで、日本でも知られているスウェーデンのボルボ。世界第二位のトラック・メーカーでもありますが、そんな同社が自動運転によるトラックのコンセプト・カーを発表しました。その名も「ベラ」。スウェーデン語で「自信」を意味するのだそうです。
テキサスのスタートアップのEdgetensor社、AIを使った自動運転車用のドライバー監視システムを開発

テキサスのスタートアップのEdgetensor社、AIを使った自動運転車用のドライバー監視システムを開発

やったら駄目な運転として思い浮かぶのは、酔っ払い運転に、脇見運転、そして注意散漫な運転。特に最後については、スマートフォン時代というのもあって、「見ながら運転」も増加しています。これは、自動運転車時代になっても克服すべき課題でして、テキサスのEdgetensor社というスタートアップ企業が、こうした注意散漫なドライバーをAIで監視するシステムを開発。業界関係者から注目されています。FutureCarという自動車情報サイトが報じています(2018年8月8日付け)。
「50年以上の超中古車だって、自動運転は可能」と、英国の大学が53年前のムスタングを改造

「50年以上の超中古車だって、自動運転は可能」と、英国の大学が53年前のムスタングを改造

自動運転車と言えば、最新デザインの車体が街を疾走していく光景を想像しがち。しかし、英国では地元の大学が1965年のムスタングを魔改造し、日本でも知られる「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」に出場させました。さすがに颯爽と走るというわけにはいかず、ヨタヨタしながらの走行。でも、何となくほのぼのさせられますね。
スペインのスタートアップ「自動運転車の事故を25%減らせるソリューションを開発」と発表

スペインのスタートアップ「自動運転車の事故を25%減らせるソリューションを開発」と発表

余り考えたくないのですが、自動車に付き物なのが事故。まして、自動運転の世の中になれば、なおのこと心配されますが、そうした事故を減らそうと、スペインのDiscoperiというスタートアップ企業が、このほど「事故を25%減らせるソリューションを開発した」と発表し、業界関係者の注目を浴びています。使われているのは、これまた昨今注目を集めているAI(人工知能)と、ブロック・チェーンのテクノロジーなのですって。
「20分で運転技術を車のAIに教え込みさせます」と、英国のスタートアップが豪語

「20分で運転技術を車のAIに教え込みさせます」と、英国のスタートアップが豪語

ケンブリッジ大学工学部の出身者によって創業されたWayveというスタートアップ企業が、人工知能(AI)を使って自動運転車に20分で技術を教え込ませる事を可能にしたとしています。同社の公式サイトを見ていると、ハッタリではないのがまざまざと分かります。本当にSFの世界。シュール・リアリスティックな感覚にすら襲われます。
トラック集団自動運転、ボルボも欧米で相次ぎ実験中

トラック集団自動運転、ボルボも欧米で相次ぎ実験中

先日、「ドイツで、コネクテッドカーをトラックに応用する『プラトーニング』プロジェクト」という記事で、かの国でトラックを集団で自動運転させるプロジェクトがあると紹介しましたが、同様の試みをボルボのトラック部門でやっていることが分かりました。2016年から欧州で始めており、目処が付きつつあると考えたらしく、このほどアメリカのノース・カロライナ州でも試験走行を始めています。
このデザインどっちが前?ルノーが、EZ-GO Conceptを発表。開発目的・用途・仕様はどうなっているのか?

このデザインどっちが前?ルノーが、EZ-GO Conceptを発表。開発目的・用途・仕様はどうなっているのか?

どっちが前でどっちが後ろ???それともそういう前後の概念が無いのがポイント?ヨーロッパでは、電気自動車を推進しています。その為には、インフラ整備や街・国全体がそのベクトルに向かないとなりません。インフラ整備に欠かせない商用ビークル(完全自動運転)を開発目的ともしているのが、 EZ-GO Concept。
MAGNAが開発した4次元ICON RADARが、自動運転を飛躍的に向上させるとの事!4次元レーダーを検証

MAGNAが開発した4次元ICON RADARが、自動運転を飛躍的に向上させるとの事!4次元レーダーを検証

デトロイトモーターショーで、次世代自動車に向けて新しい提案が発進されました。それがICON RADAR。自動運転技術から完全自動運転へ向けて技術が飛躍的に確信しているようです。このICON RADARを追ってみたいと思います。
インフィニティが「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開!VCターボと自動運転が魅力の新時代セダン、日本発売なるか!?

インフィニティが「Qインスピレーションコンセプト」を世界初公開!VCターボと自動運転が魅力の新時代セダン、日本発売なるか!?

インフィニティは1月15日、アメリカで開催されているデトロイトモータショーにおいて新型セダンコンセプトモデルとなる「Qインスピレーションコンセプト」の世界初公開を発表しました!
日産が新たなモビリティ サービスを発表!注目の自動運転技術を活用したサービスも!

日産が新たなモビリティ サービスを発表!注目の自動運転技術を活用したサービスも!

日産は1月12日に、日本で新たに提供を始める予定の新たな交通サービスである「Easy Ride(イージーライド)」と、カーシェアリングサービスである「NISSAN e-シェアモビ」について発表しました!
日産「プロパイロット」を搭載の販売車両が7万5,000台を突破!今後のラインナップ追加も!?

日産「プロパイロット」を搭載の販売車両が7万5,000台を突破!今後のラインナップ追加も!?

日産は1月11日に、高速道路同一車線自動運転技術である通称「プロパイロット」搭載車両の販売台数が、累計で7万5,000台を超えたことを発表しました!
アウディが2年連続NIPSカンファレンスに参加!AIを駆使した自動運転技術が話題に!

アウディが2年連続NIPSカンファレンスに参加!AIを駆使した自動運転技術が話題に!

アウディは世界初レベル3の自動運転(条件によって自動運転可能)を可能にした自動車メーカーです。そんなアウディは、昨年に続いて人工知能に関する世界的なカンファレンスである「NIPS」に今年も参加することが明らかとなりました!
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪