世界的大人気のSUV アウディQ5をご紹介します

世界的大人気のSUV アウディQ5をご紹介します

現在販売されているアウディQ5は二代目にあたるのですが、初代Q5が世界販売台数160万台に達した超人気モデルでした。 もちろんSUV市場が活性化されたこともあるのですが、日本においては8年間のロングセールスを経て2017年10月にフルモデルチェンジを果たしました。 先代Q5乗りの私が比較を前提で試乗させて頂いたので、ドライブフィールも交えて解説します。
国産SUVの中から特徴的なクルマをご紹介!フォレスター・ハリアー・C-HR・ヴェゼル・CX-8

国産SUVの中から特徴的なクルマをご紹介!フォレスター・ハリアー・C-HR・ヴェゼル・CX-8

今や世界的人気カテゴリーにまで成長したSUV市場。SUVとは「スポーツ・ユーティリティ・ビークル」の略で日本においては「スポーツ用多目的車」を意味します。言葉の通りラインアップが多岐に渡っていますが、今回は国産SUVを主軸にそれぞれの良さをまとめてみたいと思います。
ホンダ「ヴェゼル」がSUVの中でもトップクラスの人気を誇る理由とは??ガソリンモデルもハイブリッドモデルも優秀!

ホンダ「ヴェゼル」がSUVの中でもトップクラスの人気を誇る理由とは??ガソリンモデルもハイブリッドモデルも優秀!

本田技研工業が製造及び販売をするSUV「ヴェゼル」の圧倒的な知名度と人気度の高さを誇る理由を紹介します。
N-BOXに勝つにはこれしかない! スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売

N-BOXに勝つにはこれしかない! スズキ、新型「スペーシア ギア」を発売

スズキは、軽ハイト-ルワゴンの「スペーシア」に、「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴンをコンセプト」とした、新型「スペーシアギア」を設定し、20日より発売しました。価格は1,614,600円からとなっています。
レクサスより新型SUV「レクサス UX」が登場!

レクサスより新型SUV「レクサス UX」が登場!

レクサスより新型SUV「レクサス UX」が2018年11月27日にデビューしました。レクサスのSUVラインアップでは最もコンパクトなカテゴリーに位置にするこの新型UX。レクサスの今後の狙いを新型UXで分析します。
スバルで最も売れているクルマ「新型フォレスター」をご紹介します!

スバルで最も売れているクルマ「新型フォレスター」をご紹介します!

5代目フォレスターとして2018年7月19日から販売を開始しました。当初は2.5LNAエンジンの3グレード構成でのスタートでしたが、同年9月14日にハイブリッド仕様のe-BOXERが登場し、現在は4グレード構成でラインアップされています。 2種類のユニットで提案されている新型フォレスター。それぞれに上下関係はないとされていますが結局どちらを選べばいいのか?試乗をした上で分析をしてみたいと思います。
女性にもオススメのSUV!日産のジュークの魅力を紹介します!

女性にもオススメのSUV!日産のジュークの魅力を紹介します!

SUVといえば、大きい車体で男性が運転するイメージが強いです。しかし、この日産のジュークは女性にもオススメのSUVなんです。今回はそんなジュークの魅力を紹介します。
スタイリッシュSUVの先駆車ハリアーを再検証!

スタイリッシュSUVの先駆車ハリアーを再検証!

今でこそSUVは人気カテゴリーですが、ゴツい外観だったSUVを初めて都会的にして登場したのが初代ハリアーでした。ライバルはかなり増えましたが、今でも根強い人気があるハリアーの魅力を再検証してみましょう。
スズキのスポーティーなSUV!エスクードの魅力を紹介します!

スズキのスポーティーなSUV!エスクードの魅力を紹介します!

スズキはSUV型の軽自動車のハスラー、コンパクトカーのクロスビーを販売していますが、本格的なSUVも販売しています。今回はそんなSUVのエスクードの魅力を紹介します。
ボルボXC40が大人気!現時点で納車まで半年以上なので画期的なプランで対応!

ボルボXC40が大人気!現時点で納車まで半年以上なので画期的なプランで対応!

2017年9月21日、イタリア・ミラノでワールドプレミアされたXC40。それはクルマが主役のモーターショーではなく、服飾が主役のファッションウィーク特設会場での発表でした。そして現在、ボルボには嬉しい悲鳴の納期がなんと半年以上!そんなボルボの対応策とXC40 の魅力を探ります。
クルマ界のファストファッション!「ダチア」の魅力

クルマ界のファストファッション!「ダチア」の魅力

最近発表される新車を見ると、押し出しが強いクルマばかり目立ちます。もう少し自然にラジエーターグリルのデザインができないものでしょうか。派手なデザインにうんざりしていたところ、気になる海外の自動車メーカーを見つけました。今の国産車のデザインとは正反対で、素肌美人なクルマを作っているようです。そして、中身も国産車と正反対で、徹底的にシンプルさを貫いています。さて、どんなメーカーが、どんなクルマを作っているのでしょうか?
ジムニーだけじゃない!軽SUV「ダイハツテリオスキッド」

ジムニーだけじゃない!軽SUV「ダイハツテリオスキッド」

現在、国内外ともにSUVが大きなブームですが、10年程前、軽自動車カテゴリーではすでにSUVブームが来ていました。ただのハッチバックやステーションワゴンの車高を上げ、樹脂製バンパーや樹脂製フェンダーガードを付けてお茶を濁したクルマも存在する中、軽SUVは本気のSUVが多かったように思えます。今回は、その中でも本気度高めなダイハツテリオスキッドについて見てみましょう。
お手軽だけど本格派SUV!3代目スズキエスクード

お手軽だけど本格派SUV!3代目スズキエスクード

現在、世界的なSUVブームです。国内外の自動車メーカーからは硬軟取り混ぜて様々なSUVが販売されていますが、問題点はどれもこれも値段が高いことと、悪路走破性に疑問点が残ること。しかし、3代目スズキエスクードなら、そのどちらの問題点も解決できます。3代目スズキエスクードはどんなクルマだったのか、見ていきましょう。
小さくても装備は豪華!パジェロの弟分、2代目パジェロミニ

小さくても装備は豪華!パジェロの弟分、2代目パジェロミニ

今、国内外の自動車メーカーから沢山のSUVが発売されています。本格的な機構を備えたものから見た目の体裁を整えただけのものまで様々です。 三菱がかつて販売していたパジェロミニを覚えている方はいるでしょうか? 軽自動車ながらも本格オフローダーとして発売され、ジムニーのライバルとされていました。 ジムニーと違うところは、パジェロ譲りの豪華な装備です。 内装にラグジュアリー性を持たされ、質実剛健なジムニーと差別化していました。 見た目だけのSUVが多い現在、小さくても本格的な悪路走破性を持つパジェロミニに乗ってみるのはいかがでしょう?
新型には負けないぞ!3代目スズキジムニー(JB23)の魅力!

新型には負けないぞ!3代目スズキジムニー(JB23)の魅力!

4代目ジムニーがデビューしましたが、まだまだ需要に供給が追い付いていない状態です。年単位で納車を待たなければならないケースもあるようです。 しかし、ひとつ前のモデルなら中古市場の在庫は豊富です。型落ちといっても、オフロードの走行性能は新型には負けていません。 実際に3代目ジムニーに乗ってみて、感じた事をレビューします。
フォルクスワーゲン トゥアレグの新型が登場。本国では販売もスタートしているとの事。日本導入間近のこのモデルを検証。

フォルクスワーゲン トゥアレグの新型が登場。本国では販売もスタートしているとの事。日本導入間近のこのモデルを検証。

フォルクスワーゲンから新型トゥアレグが登場しました。ポルシェカイエンやアウディQ7の姉妹車という位置づけにもなっているこのモデルのデザイン・スペック・ライバル等を検証してみます。
マツダ CX-5 20S PROACTIVE (FF)/XD L Package (FF) 試乗記 ~マツダ人気のSUVが新しいエンジンを搭載してさらにパワーアップ~

マツダ CX-5 20S PROACTIVE (FF)/XD L Package (FF) 試乗記 ~マツダ人気のSUVが新しいエンジンを搭載してさらにパワーアップ~

2月8日に商品改良が発表され、3月8日に発売が開始されたCX-5に試乗しました。今回の商品改良では搭載されている2000CCガソリン・2500CCガソリン・2200ディーゼル全てのエンジンが新エンジンに換装されるといった、フルモデルチェンジ後1年のタイミングとしては例の無い大幅な改良が行われました。今回は2000CCガソリンモデルの20S PROACTIVE(2,689,200円・FF)と2200CCディーゼルモデルのXD L Package(3,299,400円・FF)に試乗しその実力を検証しました。
177 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪