2019年6月9日 更新

レンジローバー 新型イヴォーク登場、フロント下を映すクリアサイトグランドビュー搭載

レンジローバーイヴォーグが、発売開始以来初のフルモデルチェンジを発表しました。同モデルでは、ディテール以外にも最新の技術が採用されていそうです。エクステリアや内装、そして新技術をご紹介していきます。

レンジローバー 新型イヴォーク登場、フロント下を映すクリアサイトグランドビュー搭載

レンジローバー 新型イヴォークの概要等

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2019年5月30日に新型「レンジローバー イヴォーク」を6月1日より受付を開始することを発表しました。同モデルは、日本で2012年3月の発売以来、初のフルモデルチェンジとなります。

新型イヴォークには、フロント下の180度視界を確保する新技術「クリアサイトグラウンドビュー」を採用しています。パワートレインでは、ディーゼルエンジンとガゾリンエンジンに加えて、ランドローバー初となるマイルド・ハイブリッド・エンジンを搭載しました。

さらにボディ構造を新設計し、居住空間とトランク容量の拡大を図るなど、前モデルから大幅に刷新されて登場していそうです。このモデルの詳細をご紹介していきます。
 (61776)

レンジローバー 新型イヴォークのエクステリア等

新型イヴォーグのコンセプトは、街中でウィンドウショッピングしている人でも、視線を向けたくなるほど磨かれたデザインに仕上げている事がポイントです。

シャープな印象のLEDヘッドライトを採用し、精悍な顔立ちとなっているフロントフェイスでしょう。ディテール全体は、ひと目でクーペを思わせるスタイルに仕上げています。大胆に傾斜したルーフラインや力強く隆起したホイールアーチなどの特徴的な要素は、周囲から注目を集める美しさとして完成させていますね。

走行中は、ボディに格納されるフラッシュエクステリアドアハンドルは、すっきりとしたラインのエクステリアを生み出して、空力性能の向上にも貢献しています。
 (61777)

リアビューでは、先代モデルの雰囲気を継承しながらも多くが刷新されていることが伺えます。テールライトデザインは、フロントライト同様にシャープなディテールとなっていますね。リアデザインの押し出し感も強くディテールされています。
 (61778)

レンジローバー 新型イヴォークの内装等

内装では、サステナビリティ(接続性)にこだわった、洗練されたインテリアを特徴としています。レンジローバーファミリーとわかる洗練されたデザインに、クラフトマンシップを極めた内装素材、さらに最先端のテクノロジーが調和した内装空間にしあげています。

AndroidTM/AppleTMスマートフォンとのリンクだけでなく、インフォテインメント&コネクティビティ機能も強化して搭載されています。洗練された空間に、快適なドライブを融合させた仕様ですね。
 (61779)

世界初の機能として、ボンネット下の路面をシースルーで確認できるシステムが装備されました。

新型イヴォークは、ドライバーの死角となる部分を見通せる様に、世界初のテクノロジーを搭載しています。この装備は、クリアサイトグランドビューと命名され、フロントボディの下、180度の映像をカメラで撮影して、タッチスクリーンに表示してくれるシステムです。

まるでシースルーのように路面状況を確認することができ、オフロード走行や、街中で操作が難しい駐車スペースや段差がある路面などで強力な効果を発揮してくれそうです。また最新のテレインレスポンス2を標準装備したことで、走行状況に応じて最適な車両設定をオート選択します。
 (61780)

イノベーション技術では、クリアサイトルームミラー4を採用しました。ランドローバー初採用の装備となっています。 ドライバーの死角を映し出すことで、オフロードや難易度の高い市街地での運転を強力にサポートしてくれそうですね。
 (61781)

レンジローバー 新型イヴォークのパワートレイン等

パワートレインでは、ディーゼル・ガソリン・マイルドハイブリッドが用意されています。

①D180 EVOQUE S/SE 2000ccディーゼルエンジン 180PS 9速オートマチック

②P200 EVOQUE S/SE 2000ccガソリン 200PS 9速オートマチック

③P250 EVOQUE SE 2000ccガソリン 249PS 9速オートマチック

力強い走りが楽しめるガソリンエンジンに加えて、ランドローバー初のマイルドハイブリッドもラインアップさせています。ユーザーの好みに合わせて、最適な一台を選べるようにパワートレインをラインアップしていますね。

安定した走りを支える全輪駆動システムに、スムーズなドライビングや駐車をアシストする多彩な先進テクノロジーをミックスさせています。

レンジローバー 新型イヴォークのキャンペーン企画

・NEW RANGE ROVER EVOQUEアクセサリー50%OFFキャンペーン
デビューを記念して、NEW RANGE ROVER EVOQUEのアクセサリーを50%OFFでする企画です。

期間:2019年6月30日まで
対象:2019年6月30日までにNEW RANGE ROVER EVOQUE及びアクセサリーをご成約のお客様
条件:NEW RANGE ROVER EVOQUEのアクセサリーを10万円(税抜)以上ご購入で適用。

折角の機会ですので、欲しいオプションを半額で購入できるチェンスでも有ります。
 (61952)

まとめ

新型イヴォーグは、¥4,610,000からとなっています。EVOQUE Sは、¥5,280,000から、EVOQUE SEでは、¥6,050,000からです。また、EVOQUE FIRST EDITIONの販売も行われ、¥7,990,000からとなっています。

各モデルともカスタマイズすることで、ユーザーの嗜好にあったものをチョイスできるようにもなっています。このモデルが、街中を走行しているシーンが楽しみです。

23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me