2018年10月14日 更新

次期パジェロもこんな感じ?海外専売モデル「パジェロスポーツ」とは

三菱パジェロは三菱自動車のフラッグシップモデルとなる大型SUVで、1982年のデビュー当時は無骨なクロカンといった感じでしたが、1990年代初めに2代目にモデルチェンジした際、時代の求めもありラグジュアリー性が追加されました。今販売されているのは4代目ですが、デビューは2006年で12年間も販売されています。そろそろモデルチェンジの話が出てもいい頃ですが、まだ憶測の域を出た情報はありません。そんな中、海外では「パジェロスポーツ」なるクルマが販売されています。これはどんなクルマなのでしょうか?詳しく調べてみたいと思います。

次期パジェロもこんな感じ?海外専売モデル「パジェロスポーツ」とは

どんなクルマ?

Shogun Sport - Superior 7 Seat 4x4 SUV - Mitsubishi Motors in the UK (46385)

パジェロスポーツは7人乗りの実用性と、3.1tもの驚異的な牽引能力と悪路での高い走破性が組み合わされた、ラグジュアリー性よりも信頼性に重点を置いたクルマです。

イギリスではパジェロと併売されており、パジェロよりも1つ下のクラスの位置づけです。

シャーシはかつて日本でも販売されていた三菱トライトン(海外名:L200)というピックアップトラックと共有しているとのことなので、ラダーフレームが採用されているようです。

ここからも、乗り心地よりも悪路走破性と耐久性を重視しているクルマだということが分かります。

スペックは?

Shogun Sport - Superior 7 Seat 4x4 SUV - Mitsubishi Motors in the UK (46386)

サイズ:全長4,785mm×全幅1,815mm×全高1,805mm
最高速度:180km/h
0-100km/h加速:11.0秒
燃費:11.6km/l
乾燥重量:2,105kg
エンジン:2.4L4気筒ディーゼルターボ
ギアボックス:8速AT
最高出力:181ps/3,500rpm
最大トルク:43.7kg-m/2,500rpm

排気量は2.4Lということで、今日本で販売されているパジェロよりも車格は1クラス下となります。ライバルはさしずめトヨタランドクルーザープラドあたりでしょうか。

また、ヨーロッパでも販売されているためか、8速という多段ATを採用している点にも目を引かれます。

43.7kg-mという強大なトルクと多段ATの組み合わせで、おそらく高速道路の長距離移動は快適なものになるでしょう。

室内は?

Shogun Sport - Superior 7 Seat 4x4 SUV - Mitsubishi Motors in the UK (46387)

7人乗りSUVということで、それなりの実用性は確保されているようです。

2列目と3列目のシートを倒せば1,488ℓのラゲッジスペースが生まれますが、シートはフルフラットにはならないようで、荷物を滑らせて積むような使い方はできなさそうです。

また、リアホイールアーチが大きく室内に張り出しており、荷室の幅が狭められていますが、これはオフロード走行時のサスのストローク量を確保するためのデザインであり、本格SUVというこのクルマの性質上仕方のないところかもしれません。

走行性能は?

Shogun Sport - Superior 7 Seat 4x4 SUV - Mitsubishi Motors in the UK (46388)

ローレンジ、センター&リアデフロック機構付きのスーパーセレクト4WDが搭載されており、またタイヤとフェンダーのクリアランスも十分に確保されているため、悪路の走破性は抜群です。地球上のどこにいても、無事に家まで帰ってこれます。。

また、最大トルクが43.7kg-mもあるので、普通の人が街乗りをしたり高速道路を走ったりする分には全く不足はないでしょう。

しかし、ボディの重さが2tを超えているため、フル乗車やフル積載、或いはトレーラーハウスを引っ張ったりするには、もう少しパワーがあってもいいのではないかと思います。

シャーシはL200と共有していますが、ボディマウントやダンパー等を快適性重視のものに変え、リアサスペンションの剛性を上げ、乗り心地やハンドリングを改善しているようです。

ただ。まなじり吊り上げてコーナーを攻めるようなクルマではなく、悪路を安全に走破するようなキャラクターであるため、乗り心地についてはあまり大きな期待が出来ないかもしれません。

【推測】これは新型パジェロとして売られる?

Shogun Sport - Superior 7 Seat 4x4 SUV - Mitsubishi Motors in the UK (46389)

パジェロスポーツは、日本で売られる可能性はあまり高くないような気がします。売られるとしても、次期パジェロとしてではなく、かつてのチャレンジャーのような位置づけになるのではないかと思います。

三菱自動車にとって、パジェロはブランドイメージそのものです。トヨタにおけるクラウン、日産におけるスカイラインGT-Rのような、会社そのものを表すアイコンであると言っても過言ではありません。

文字通り看板車種なわけですから、それを海外から持ってきただけの、しかも格下のクルマで埋め合わせるということはしないはずです。

また、クルマのキャラクターが少々“ガチすぎる”のも気になる点です。パジェロスポーツは東南アジアなど、道路状況の悪い発展途上国で販売されているモデルで、快適性よりも悪路走破性や耐久性に重点を置いて開発されています。

硬派でタフなSUVといった感じなので筆者は大変に好みなのですが、果たしてこれが一般的な日本のユーザーに受け入れられるでしょうか。

まとめ

Shogun Sport - Superior 7 Seat 4x4 SUV - Mitsubishi Motors in the UK (46390)

パジェロスポーツは、日本以外で販売されているモデルで、ラグジュアリー性よりも走破性、耐久性に重点を置いたクルマでした。

街乗りSUVは世界的な流行になっていますが、それに対するアンチテーゼのような内容のクルマであり、個人的にはスペックを調べているうちに痛快な気分になってきました。

正直、これを日本に持ってきてもあまり売れないような気はしますが、70ランクルのように期間限定、台数限定で売ってみるのもいいでしょう。イギリス仕様があるので右ハンドルはすでにあります。

これで名前を「チャレンジャー」にしたら、ノスタルジーを感じる人も出てくるのでは…?
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲