2019年10月6日 更新

ダイハツから「ブーン」・「トール」に特別仕様車を設定!

ダイハツは、小型乗用モデルとなっているブーンとトールに特別仕様モデルを設定し、10/1から販売開始しました。両モデルともに、上質感や高級感をアップさせて、ベースモデルよりもお買い得な設定になっているとのことです。これらのモデルをご紹介します。

ダイハツから「ブーン」・「トール」に特別仕様車を設定!

ダイハツ 「ブーン」・「トール」の特別仕様の概要等

ダイハツ工業(株)「以下ダイハツ」は、小型乗用車ブーン・トールに特別仕様車を設定して、10月1日(火)から全国一斉に発売開始しました。いずれもベースグレードに対して、お買い得な価格設定となっていて、ユーザーの選択幅を広げる特別仕様車に仕上げています。

ダイハツは“ Light you up”の考え方のもと、ユーザーのひとりひとりに最適なモビリティを考案して、軽自動車と小型車の幅広いスモールカーラインナップを目標にしているメーカーですね。
 (67020)

ブーン特別仕様車の特徴等

ブーンは、ダイハツが軽自動車で培ってきた技術やノウハウを小型車に展開したモデルで、2004年に初代が販売開始され、2016年に現行モデルとなる3代目がデビューし、2018年には丸みを持たせたキュートなデザインが特長の新グレード「ブーン スタイル」を追加設定しています。

今回設定した特別仕様車「スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ”」・「スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ”」は、ベースグレードである「スタイル“SAⅢ”」に、ホワイトと、これまで「ブーン シルク」だけに設定されていたブラックのルーフカラーによる2トーン仕様を装備させて、ユーザーの選択幅を広げたモデルになっています。

さらに、ホワイト/ブラックルーフに対応した内外装の装飾だけでなく、パノラマモニターやLEDフォグランプ、スーパーUV&IRカットガラスなども特別装備しています。
 (67019)

ブーン特別仕様車の特別装備内容等

①グレード名称 スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ”
エクステリア特別装備内容
・ドアアウターハンドル(ボディ同色)
・フロントドアガラス(スーパーUV&IRカット機能付)
・リヤドア/クォーターガラス(スーパーUVカット機能付スモークドガラス)
・LEDフォグランプ
・オート電動格納式ドアミラー(キーフリー連動・ホワイト)

インテリア特別装備内容
・メッキシフトレバーボタン
・メッキインナードアハンドル

安全装備
・パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

ボディカラー
・2トーン(ルーフカラー“ホワイト”)

②グレード名称 スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ”
エクステリア特別装備
・ドアアウターハンドル(ボディ同色)
・フロントドアガラス(スーパーUV&IRカット機能付)
・リヤドア/クォーターガラス(スーパーUVカット機能付スモークドガラス)
・LEDフォグランプ
・フロントグリル(ガンメタ塗装+艶有りブラック塗装)&フロントフォグベゼル付ガンメタ塗装)/リヤリフレクター(リングガンメタ塗装)

インテリア特別装備
・メッキシフトレバーボタン
・メッキインナードアハンドル
・ファブリックシート表皮(シルク用スエード調トリコット)
・オートエアコン(プッシュ式/ピアノブラック調スイッチパネル)&エアコンパネル加飾(ピアノブラック調)
・エアコンレジスター/オーディオパネル加飾(シルバー+カッパー)

安全装備
・パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック

ボディカラー
2トーン(ルーフカラー“ブラック”)

高級感を追加する特別装備から、あったらより快適だなという装備が盛り込まれていますね。この装備内容でお求め安さも追求されているとのことですので、ブーンを購入したい方には検討の幅が広がりますね。
 (67021)

ブーン特別仕様車のグレード等

①スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ” NA CVT 2WD 1,639,000円
②スタイル“ホワイトリミテッドSAⅢ” NA CVT 4WD 1,838,100円
③スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ” NA CVT 2WD 1,639,000円
④スタイル“ブラックリミテッドSAⅢ” NA CVT 4WD 1,838,100円

ホワイト・ブラックそれぞれにFFモデルと4WDモデルが設定されていて、グレード展開も日本の縦長の気候に合わせた仕様になっていますね。

 (67022)

トール特別仕様車の特徴等

 (67023)

トールは、「家族とのつながり」をキーワードにして、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」をコンセプトにして開発されたモデルです。2016年11月に発売開始し、今回は特別仕様車として「G“リミテッドⅡSAⅢ”」・「カスタムG“リミテッドⅡSAⅢ”」を設定しました。

パノラマモニターやコンフォータブルパック、カスタムの内装仕様を標準装備した従来のリミテッドシリーズに、両グレード共にトップシェイドガラス/メッキアウターハンドル、さらに「G“リミテッドⅡSAⅢ”」にはLEDヘッドランプを特別装備しています。

通常カスタムでしか選べない2トーンカラーを選択できるようにしたことで、上質感を高めたモデルに仕上げています。ベースグレードに対してもお買い得な設定となっている点が、ユーザー選択の幅を広げる特別仕様車になっていますね。
 (67024)

トール 特別仕様車の特別装備等

①グレード名称 G“リミテッドⅡSAⅢ”
ベースグレード G“SAⅢ

エクステリア特別装備
・メッキドアアウターハンドル
・トップシェイドガラス
・LEDヘッドランプ

インテリア特別装備
・ピアノブラック塗装センタークラスターパネル(シルバー加飾付)/ピアノブラックオートエアコンパネル
・メッキエアコンレジスターノブ
・シルバー加飾付ドアトリム
・メッキインナードアハンドル

安全・快適特別装備
・パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
・コンフォータブルパック(シートヒーター&シートバックテーブル)

ボディカラー
・2トーン選択可能(メーカーオプション)

①グレード名称 カスタムG“リミテッドⅡSAⅢ”
ベースグレード カスタムG“SAⅢ”

エクステリア特別装備
・メッキドアアウターハンドル
・トップシェイドガラス

安全・快適特別装備
・パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
・コンフォータブルパック(シートヒーター&シートバックテーブル)

G“リミテッドⅡSAⅢ”には、LEDヘッドランプが装備されたことで、さらに視界良好となっているのではないでしょうか。上質感をより追求した特別仕様モデル達ですね。
 (67026)

トール特別仕様車のグレード等

①G“リミテッドⅡSAⅢ” NA CVT 2WD 1,815,000円
②G“リミテッドⅡSAⅢ” NA CVT 4WD 1,991,000円
③カスタムG“リミテッドⅡSAⅢ” NA CVT 2WD 1,930,500円
④カスタムG“リミテッドⅡSAⅢ” NA CVT 4WD 2,106,500円

ブーン同様にFFから4WDのラインアップが有り、ベースグレードも2系統で構成されていることで、ユーザーの嗜好を擽る2モデルではないでしょうか。
 (67027)

まとめ

ダイハツから軽自動車ではなく小型乗用モデルであるブーン・トールで特別仕様車が設定されました。同社は、軽自動車から小型自動車という部門で、ユーザーの要望を出来るだけ取り入れ、満足できるモデルのラインアップを目指している企業です。この2モデルの特別仕様車の今後の販売動向に注目ですね。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me