2018年10月31日 更新

新型アテンザの評価や口コミは??洗練されたデザインの秘密とは!?

新型アテンザは、意外とみかけるようで希少価値の高い車であると筆者は感じています。 そしてなによりも赤いエクステリアがアテンザセダンにとてもマッチしていると思います。 新しい車を購入する際、下調べをすることはかなり大切なことであると思います。 意外とお気に入りのデザインや車種が決まっていても、購入後に他の車種と比べてみたら購入した車よりも性能が良かった!などと後悔が先に立たないという教訓を経験してしまうかもしれないです。 ですので今回はそのようなことを起こさないための記事を改めて書いていきます。

新型アテンザの評価や口コミは??洗練されたデザインの秘密とは!?

新型アテンザのインテリアとエクステリアの評価は??

価格.com - アテンザセダン 2012年モデル の製品画像 (49607)

赤いエクステリアの似合う新型アテンザには、マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」が施されており、一際輝きを魅せる洗練されたデザインへと進化しているのです。

そして、様々な新技術の採用によって基本性能から走行性能、環境性能、安全性能までも強化をしている自動車メーカーが増えています。
価格.com - アテンザセダン 2012年モデル の製品画像 (49610)

実際にこれからそのような先進技術が取り入れられて、ハイブリッド車や電気自動車の普及が進んでいくことは間違いないと言えますが、アテンザはこれからも独自の技術とデザインを持ち合わせながらも進化し続けていくと思います。

エクステリアの評価

そして気になる評価ですが、評価段階が5段階あるとして、最高が5.0であるとしますと、エクステリアの評価は4.76、このようにエクステリアの評価が高いことが伺えます。

その評価が高い理由はマツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」による洗練されたデザインだけでなく、生き物をモデルとして車のフォルムのイメージを作っているからであるそうです。

まるで命が宿っているかのようなフォルムの車に仕上げる「魂動デザイン」を採用することにより、生き物のように意思を感じるデザインの車に仕上げ、単なる鉄の塊でなく生きたマシンのような存在感と緊張感をデザインから感じさせて人の心を掴んでいるそうです。

インテリアの評価

価格.com - アテンザセダン 2012年モデル の製品画像 (49617)

インテリアの評価ですが3.84となっています。過度に高いということでもなく低くもないと言ったような評価であると思います。しかし、シートのホワイトレザーがかなりの好評で、ラグジュアリー性を出しつつも汚れが落としやすくなっているそうです。

そして自然の木の素材を使っているグレードも存在しているのでそちらのグレードは自然と一体化したような感覚になるかもしれないです。
Road Beams Path · Free photo on Pixabay (49620)

そして、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色から成るインテリアのデザインは乗る人の個性や好みに合わせつつ自分らしさを演出できるカラーバリエーションになっていると思います。

赤いエクステリアにはホワイトレザーのシートを採用することで個性を大きく強調しつつも落ち着いたデザインに、ブラックレザーのシートにはセダンの力強さと洗練された雰囲気を一層引き出すようなデザインへと変わると思います。

新型アテンザのおすすめグレードとは??

【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (49623)

新型アテンザの新車のベースグレードでオプション無しの赤いエクステリアデザインもシンプルで魅力的ですが、せっかくならほんの短い時間を使って長い人生を楽しく過ごすことに活かしたいとは思いませんか?

価格は同じでも燃費の異なるグレードも存在するかもしれないです。

また、このアテンザはガソリンモデルよりもディーゼルエンジン搭載車モデルの方が燃費効率が良く、価値と価格にマッチしたオススメのモデルとなっています。
筆者のオススメのモデルはディーゼルモデル「XD」のMT仕様、4WD、18.8km/L、¥3,531,600です。

低燃費であり価格も驚くほど高額ではなく、4WD仕様とMT操作により楽しいパフォーマンスを楽しむことができると思います。

そして、ディーゼルエンジンの音は新鮮でワクワクするような気持ちになるかもしれないです。
【MAZDA】アテンザ スカイアクティブ テクノロジー - エンジンなど、走りと燃費を両立した革新技術 (49629)

新型アテンザには、ガソリンモデルとディーゼルモデルが存在しています。

そして、マツダの新技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」によって燃費の良い走行をすることができるだけでなく、基本性能から走行性能、安全性能を向上させることになったのです。

まとめ

評価の方は、大きい車体でありつつも動きに無駄が少なく、ブレーキの利きが良いそうです。

エクステリアとインテリアのラグジュアリー性の魅力は素晴らしいですが、新型アテンザには駆動力を積極的に自動制御するi-ACTIV AWDが採用されています。

この先進的な4WDシステムはスイッチなどで2WDと4WDを切り替える必要がなく、スムーズに走破性能と燃費性能を両立させているのです。

この4WDシステムはディーゼルエンジン搭載車に採用されているので、新型アテンザを購入するのでしたらディーゼルエンジン搭載車をオススメします。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan