2018年6月20日 更新

自動運転車の世界ではグーグル系のWaymoがリード。ただし現状では「マナーの悪い一般ドライバー」が課題に

テスラ・モーターズなど様々な会社が参戦している自動運転車の世界。アメリカだけでなく、中国勢も名乗りを上げていますが、目下リードしているのはグーグル系列のWaymoだと香港紙が指摘しています。ところが、そのWaymoの車がアリゾナ州のメサという街で事故に巻き込まれています。原因は、「赤信号で突っ込んできた酔っ払い運転を回避できなかった」。まだまだ課題が多そうです。

自動運転車の世界ではグーグル系のWaymoがリード。ただし現状では「マナーの悪い一般ドライバー」が課題に

現在、アリゾナでは400人がWaymoを利用

報じているのは香港のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙(2018年6月18日付け)です。同紙によると、現在アリゾナ州のフェニックスで、100平方マイル限定でWaymoの自動運転車を400人が利用している状態。

スマートフォンでタッピングするだけで乗ることが出来るという、シンプルなシステムが好評の模様です。「開始1年で、早期運転プログラムと大規模な実地走行試験などにより、世界で最も経験豊かな自動運転車を作りつつある」と、新興ニュースサイトのメディウムの取材にWaymoは答えています。

さて、香港の新聞が、アメリカでの自動運転車の現況を報じているのには理由があります。この分野で米中の競争が激化しているからです。日常生活や移動の在り方に革命をもたらすテクノロジーと位置づけられ、人工知能など最先端の技術が盛り込まれつつあるからです。

目下、そんな分野でアメリカが中国をリードしています。走行距離で上回っているからです。もっとも、中国政府は、産業IT省が自動運転車を巡る規制を地方自治体に移譲するなどして、認可のスピードを早めてアメリカに対抗しようとしています。

また、アメリカと似たタクシーの自動運転プログラムが、中国南部の広州市で行われています。主導しているのはJingchiとPony.aiというスタートアップ企業です。

いずれも、シリコンバレーで創業されたものの、昨年に本社を中国に移転させています。1月から24台を運行させ「順調だ」とPony.aiの広報担当者は話しています。

ただ、Waymoには2009年から試験運行を重ねているというタイム・アドバンテージがあるのが、依然として強みになっています。ユーザーのフィードバックを乗り降りのプロセスに生かし、なるべく近くで停車してくれるという段階にまで進化しています。

今後は動物の運搬などにも応用できるだろうと、メディウムの取材に答えています。なお、運航している車の走行距離数を合計すると、1日あたり約3万9000キロになっているとのことです。

ただし、事故も発生。「赤信号に突っ込んできた酔っぱらい」に対処できず

もっとも、そんな同社にも課題は残っています。恐れられている事故が、根絶できていないからです。アメリカの現地時間の6月17日には、衝突事故が発生しています。地元メディアの報道によると、「酔っ払い運転で、赤信号を突っ込んできた」のが原因とのことです。

Impaired driver hits Waymo van in Mesa crash

アメリカABCテレビのYouTube公式サイトより
アメリカABCテレビによると、発生したのはアリゾナ州のメサという街。

午後10時にカントリー・クラブ・ドライブという場所を南に向かっていた車が、赤信号で止まりきれず、東から左折しようとしていたWaymoの自動運転車と衝突してしまったそうです。勢いがつきすぎていたのか、その後も別の3台の車と衝突し、ようやく停止したと、警察では発表しています。

ただ、不幸中の幸いと言いましょうか、多重衝突だったにもかかわらず重傷者は無く、子供1人が軽いけがで手当を受けただけだったそうです。

警察では、突っ込んでしまったドライバーを飲酒運転容疑で逮捕したと発表しています。

まとめ:「マナーの悪いドライバー」に、どう対処するかがカギ

ちなみに、警察の捜査に対し、Waymoのドライバーは、事故当時は自動運転モードを解除していたと話しています。

また、今年5月には、同じアリゾナ州のチャンドラーという街で、信号無視していた車と衝突し、大破しています。この時は自動運転モードでした。幸いにもWaymo側のドライバーの怪我は軽かったとのことです。

つまり、自動運転モードにしていようといまいと、事故が起きているというのが現状。課題となるのは「マナーの悪い一般ドライバーへの対処」となりましょうか。更なるフィードバックが望まれるところです。

出典:
http://www.scmp.com/tech/science-research/article/2151024/race-self-driving-dominance-alphabets-waymo-still-leads-pack
https://www.abc15.com/news/region-southeast-valley/mesa/police-impaired-driver-hits-self-driving-vehicle-3-other-cars-in-mesa
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373