2019年4月25日 更新

日産の高級車ブランド、インフィニティが「Qsインスピレーション」を世界初公開!

インフィニティが今月16日に、上海モーターショーで「Qsインスピレーション」を世界初公開しました。インフィニティの将来の電動化モデルをプレビューするコンセプトカーとして発表されたこのモデルの詳細を紹介していきます。

日産の高級車ブランド、インフィニティが「Qsインスピレーション」を世界初公開!

「Qsインスピレーション」の概要

Infiniti Qs Inspiration | Exterior, Interior | 2019 Shanghai Auto Show

「Qsインスピレーション」は、今月16日に上海モーターショーにて、電動化時代に向けてデザインされた新しいスポーツセダンコンセプトカーとして世界初公開されました。高く設定されたドライビングポジションと高性能の電動四輪駆動パワートレインでスポーツセダンの新たなる展望を示します。そして存在感のある新しいエクステリアと、ラウンジのような広いインテリアにより、伝統的な「3ボックス」セダンデザインを再解釈しています。

「Qsインスピレーション」の公開と同時に、インフィニティは、同ブランド初となる電動化車両を中国市場向けに、中国で生産すると発表しました。EVの普及が進んでいる中国市場にターゲットを絞っていく戦略だと思われます。

またインフィニティは今後、全ラインナップを通して電気自動車、あるいはe-POWER搭載車を投入していく計画です。日産では電気自動車として「リーフ」、e-POWERモデルとしては「ノート」・「セレナ」がラインナップされていますが、この技術をインフィニティの全ラインナップに搭載することになると思われます。現行モデルに搭載されている電気自動車・e-POWER搭載車の走行性能の詳細を以下に紹介していきます。

電気自動車の走行性能

日産:リーフ [ LEAF ] | 走行性能 (59295)

電気自動車の走行をリーフを例に挙げて紹介します。リーフのモーターはEM57型と呼ばれるモーターを動力として使用しており、通常の40kWhバッテリー搭載のリーフで最高出力110kW・最大トルク320N・m、今年新たにラインナップに加わった62kWhバッテリー搭載車のリーフe+では最高出力160kW・最大トルク340N・mもの走行性能を発揮しています。
何といっても100%電気自動車の魅力は、加速性能にあります。ガソリン車とは違い、回転しはじめから急峻なトルクを発生して、アクセルを踏んだ瞬間からリニアに加速していきます。高速道路での合流時や追い越し時などにストレスない走行を実現することが出来るのです。
またエンジンを搭載していないため静粛性がとても高いので、走行時でも車内はいつでも静かで快適な時間を過ごすことが出来ます。

e-POWERの走行性能

日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER) | 走行性能 (59298)

2016年にノートに初めて搭載されたe-POWERは、2017年にはセレナにも搭載され、大きな話題になりました。シリーズ式ハイブリッドシステムとして位置づけられ、ガソリン車同様エンジンが搭載されていますが、エンジンは発電用のみに使用されて、動力はモーターのみになります。
モーターはリーフと同様のEM57型のモーターが搭載されています。バッテリー容量が小さいので、リーフよりパワーは劣りますが、走行感覚はリーフと同様です。特に今の日本のように充電設備のインフラが整っていない場所では、ガソリンの使用で走行できる電気自動車という位置づけは特に需要のあるものになっています。
ただし、100%電気自動車のリーフと違い、発電時にはエンジンが始動するので、車内の静粛性に欠ける部分があります。その点さえ目をつむれば、今現在こんな便利なクルマはないように思えます。

まとめ

今回は日産の高級車ブランドであるインフィニティが発表した「Qsインスピレーション」の詳細とそれに付随する電気自動車・e-POWER搭載車の走行性能を紹介してきました。
日産・インフィニティ共にこれからどんどん電動化車両を普及させていくことになると思われるので、今ある現行モデルが将来ほぼ電気自動車とe-POWER搭載車になるのではないでしょうか。今あるガソリン車が、モーターによる快適な加速性能を体験できる電動化車両に進化していくことに期待したいですね。
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi