2018年10月25日 更新

プジョー「208」次期型、室内を激写。「i-Cockpit」第2世代搭載!

プジョー「208」次期型の最新情報をお届けします。

プジョー「208」次期型、室内を激写。「i-Cockpit」第2世代搭載!

最新情報!

プジョーのコンパクトハッチバックとなる『208』次期型の室内キャビンをカメラで初めて捉えることに成功しました。
 (48349)

「i-Cockpit」の第2世代を搭載するコックピットは、『508』新型から継承されたデザインが見てとることができます。

インストルメント・クラスタ(※1)は、ダッシュボードの高い位置に設置されており、ディスプレイが暗いのは、フルデジタル画面がオフにされているからだと予想されます。

インフォテインメントシステム(※2)が、レジスターの下にある「508」と異なり、センターコンソール上部にあることが見てとれます。

またパドルシフトを備える、プジョー特有のコンパクトなステアリングホイールも装着されています。

※1:車内で運転者の正面に配置されているメインの制御パネルのことをいいます。
※2:「インフォメーション(情報)」と「エンターテインメント(娯楽)」のシステム機能を幅広く提供するものです。
フロント

フロント

サイド

サイド

リア

リア

「i-Cockpit」第2世代は、より直感的で自然な操作パネルを特徴としています。高精細12.3インチ・デジタルインストルメントパネルは、ドライバーの好みにカスタマイズが可能となると予想されています。

今回カメラで捉えた最新のプロトタイプは、ヘッドライトにあった「牙」のようなLEDデイタイムランニングライトが消えていることが分かります。

どちらが市販型かを判断することは難しく不明ですが、「508」のような縦型LEDはバンパーに残っています。

またこの試作車には、大型ルーフスポイラーやデュアルエキゾーストパイプが見られ、高性能「GTI」の可能性もあるようです。

次期型では、トレッドを拡大し、居住空間を向上すると共に、約220ポンド(100kg)の軽量化を図るようです。

パワートレインの詳細は現在はまだ不明の状態ですが、最大の注目となるのは、フルEVモデルの設定です。

『DS 3 クロスバック』と共有する、EV用プラットフォーム「e-CMP」を採用し、最高出力115ps程度を発揮する50kWhバッテリーを搭載して、航続距離は450kmと噂されています。

今後情報

ワールドプレミアの場は、早くとも2019年3月のジュネーブモーターショーと見られています。

今後の情報を楽しみに待ちましょう!

「208」とは?

先の「207」モデルの後継車として、2012年3月にスイスのジュネーヴ・モーターショーで発表されて、欧州では9月20日に計8グレードの発売が開始されました。

日本では、2012年11月より販売が開始されて、現在も人気があるシリーズとなります。

208の開発コードは「A9」と、「RE-GENERATION (再生)」 をキャッチフレーズに、Bセグメントに於ける新しいプジョーを示す位置付けとなっています。

排気量は最小限になり、エネルギー効率は最大限となりました。

インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2018の1.0~1.4L部門で、4年連続の最優秀賞に選ばれた1.2L PureTechターボエンジンは、プジョーを駆動する新時代のコンセプトとなっています。

コンパクトで軽く、ロスを徹底的に抑え込んだパワーソースは、最新の6速AT、EAT6を介して、208に生き生きとした生命力を注ぎ込んでいます。

1.2L PureTech3気筒ターボエンジンと同じ基本構造を持つ、自然吸気エンジンを採用しています。

アルミ合金製のシリンダーブロック、そしてシリンダーヘッドと一体化させた、エキゾーストマニフォールドなどの採用したことによって、1.4L 4気筒エンジンと比較して約21kgもの軽量化を達成しているそうです。

・全長:3,975mm
・全幅:1,740mm
・全高:1,470mm
・ホイールベース:2,540mm
・最高出力:60kW(82ps)/5,750rpm
・最大トルク:118Nm/2,750rpm
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部