2018年12月9日 更新

トヨタC-HRに特別仕様車設定 追求したのは「走り」と「スタイル」

トヨタは3日「C-HR」に、特別仕様車「G”モード・ネロ”」及び、「G”モード・ブルーノ”」を、ハイブリッド車のGと、1.2L直噴ターボ車のG-Tに設定し販売を開始しました。価格は、2,655,200円~となっています。

トヨタC-HRに特別仕様車設定 追求したのは「走り」と「スタイル」

2つの異なるテイスト

モード・ネロ

モード・ネロ

モードブルーノ

モードブルーノ

”モード・ネロ”は走りを追求した「For your Drive」、”モード・ブルーノ”は街の視線を引き寄せる個性を強調した「For your Style」と、2つの異なるテイストの仕様に分かれています。”モード・ネロ」は”イタリア語で“流行の黒色”の意味、「モード・ブルーノ」は同じく“流行の茶色”を意味しています。

G”Mode-Nero”/G-T”Mode-Nero”

モードネロ

モードネロ

TOYOTA、C-HRに特別仕様車を設定 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (51874)

2つの特別仕様車の最も大きな違いはインテリアカラーで、特別仕様車「G”モード・ネロ”/G-T”モード・ネロ”」は、インテリアををブラック基調とし、標準車以上にクールな印象を高めた仕様となっています。

また、シートの素材には、クールグレー(本革部)をアクセントカラーとして採用し、インストルメントパネルの上部やコンソールボックスなどをブラックとなっています。さらに、エクステリアにはブラック塗装とブラックナットの18インチアルミホイールを特別装備し、さらにクールでスポーティなイメージとなっています。また、ボディカラーは2色の特別設定色を含む10色です。

”モード・ネロ”の詳細

TOYOTA、C-HRに特別仕様車を設定 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (51877)

1.2L直噴ターボ車G-T2WD:2,655,200円
1.2L直噴ターボ車G-T4WD:2,849,600円
ハイブリッド車G:2,979,200円

専用装備

・専用シート表皮( 上級ファブリック[ブラック]+本革[ ブラック×クールグレー]&専用ステッチ[グレー])
・インストルメントパネルアッパー(ブラック)
・コンソールボックス(ブラック)
・ドアトリムオーナメント(ブラック)
ボディカラー

・メタルストリームメタリック
・ブラックマイカ
・ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション32,400円)
・センシュアルレッドマイカ(メーカーオプション32,400円)
・ブラック×メタルストリームメタリック(メーカーオプション32,400円) 
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(特別設定メーカーオプション32,400円)
・メタルストリームメタリック×ブラックマイカ(特別設定メーカーオプション32,400円)
・ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション54,000円)
・ブラック×センシュアルレッドマイカ(メーカーオプション54,000円)
・メタルストリームメタリック×ブラッキッシュアゲハガラスフレー(メーカーオプション54,000円)

G“Mode-Bruno”、G-T“Mode-Bruno”

モードブルーノ

モードブルーノ

TOYOTA、C-HRに特別仕様車を設定 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (51881)

特別仕様車 G”モード・ブルーノ”、G-T“モード・ブルーノ”は、インテリアをブラウン基調とし、上質な印象を高めた仕様となっています。シート素材やインストルメントパネルの丈夫、そしてコンソールボックスには、ダークサドルタン(ブラウン系)を配色し、インテリア全体をブラウンで統一されています。

また、エクステリアには、フロントアウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すことで、”Mode-Nero”とは異なるおしゃれな仕様となっており、ボディカラーは2色の特別設定色を含む6色となります。

”モード・ブルーノ”の詳細

TOYOTA、C-HRに特別仕様車を設定 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (51884)

車両価格

1.2L直噴ターボ車G-T2WD:2,655,200円
1.2L直噴ターボ車G-T4WD:2,849,600円
ハイブリッド車G:2,979,200円

専用装備

・専用シート表皮( 上級ファブリック[ブラック]+本革[ ダークサドルタン]&専用ステッチ[ブラウン])
・インストルメントパネルアッパー(ダークサドルタン)
・コンソールボックス(ダークサドルタン)
・ドアトリムオーナメント(ブラック)
TOYOTA、C-HRに特別仕様車を設定 | TOYOTA | トヨタグローバルニュースルーム (51887)

ボディカラー

・メタルストリームメタリック
・ブラックマイカ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ブラック×メタルストリームメタリック(メーカーオプション32,400円
・メタルストリームメタリック×ブラックマイカ(特別設定メーカーオプション32,400円)
・ダークブラウンマイカメタリック×ホワイトパールクリスタルシャイ(特別設定メーカーオプション54,000円)
その他、2つの特別仕様車共通の装備としては、後退時の安全運転をサポートする「バックカメラ」と「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」を特別装備。もちろん他のC-HR同様に、4つの先進安全機能を持つ「Toyota Safety Sense 」は標準装備されています。

まとめ

専用装備としては、インテリアカラー程度と少ないものの、標準車に比較して5万円のアップで済んでいるので、お買い得感はあります。特にブラウンカラーのインテリアは、スポーツ色の強いC-HRとしては落ち着いた印象で、年配の方にも受け入れられるでしょう。

このところデビュー当時の勢いがないC-HRですが、年末商戦にむけて、この特別仕様車で販売を盛り上げたいところです。
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン