2019年12月2日 更新

スバル レヴォーグ特別仕様2.0GT アイサイト V-SPORT登場!

スバル レヴォーグから特別仕様車が設定され、2020年1月23日から販売開始になる予定です。同モデルは、ベースモデルに「2.0GT-S EyeSight」を起用し、厳選された特別パーツが装備されていそうです。同モデルの特徴等をご紹介します。

スバル レヴォーグ特別仕様2.0GT アイサイト V-SPORT登場!

スバル レヴォーグ特別仕様車2.0GT EyeSight V-SPORTの概要等

スバルは、レヴォーグの特別仕様車となる2.0GT EyeSight V-SPORTを本日2019年11月7日に発表し、2020年1月23日に発売開始します。

レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに2014年4月に販売開始しました。アイサイトをはじめとする先進の安全性能と、スバルが培ってきたツーリング性能を高い次元で両立させたスポーツワゴンです。

特別仕様車「2.0GT EyeSight V-SPORT」では、スポーティで力強い動力性能を誇る2000㏄水平対向直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載しています。「2.0GT-S EyeSight」グレードをベースモデルに、追加アイテムを厳選してお求めやすい価格に設定したモデルです。
 (69319)

スバル レヴォーグ特別仕様車2.0GT EyeSight V-SPORTのエクステリア等

エクステリアは、18インチアルミホイールやリヤオーナメント、ドアミラーをブラックカラーでコーディネートさせているのがポイントです。足回りには、ベースモデル同様にビルシュタイン製ダンパー、フロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキや225/45R18タイヤを搭載し、高い運動性能を継承しています。

また先進安全機能は、アイサイトセイフティプラス(運転支援)を標準装備し、ドライバーの認識範囲を広げ、さらなる安心となっています。
 (69310)

特別仕様車2.0GT EyeSight V-SPORTの装備内容等

エクステリア
・18インチアルミホイール(ブラック塗装)
・LEVORGリヤオーナメント(ラスターブラック)
・シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)
・ブラックカラードドアミラー

足回り
・ビルシュタイン製ダンパー(フロント倒立式)
・フロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ
・225/45R18タイヤ

安全性能
・アイサイトセイフティプラス(運転支援)

エクステリアから足回り、そして安全装備まで随所に厳選されたパーツがチョイスされていますね。また、ベースモデル同様に、走行性能も高次元で確保されています。
 (69311)

スバル レヴォーグ特別仕様車2.0GT EyeSight V-SPORTの内装等

インテリアでは、シルバーステッチの本革巻ステアリングやピアノブラック調クロームメッキの装飾パネルを採用して、よりスポーティな仕上げになっています。さらにフロントシートは、ホールド性の高いスポーツシートを搭載したこで、洗練された車内空間に昇華していますね。

インテリアの装備内容等
・本革巻ステアリングホイール(シルバーステッチ)
・シフトブーツ(シルバーステッチ)
・インパネセンターバイザー(レザー調素材巻)
・インパネ装飾パネル ピアノブラック調+クロームメッキ
・フロントスポーツシート「ファブリック/トリコットシート(シルバーステッチ)」
 (69312)

スバル レヴォーグ特別仕様車2.0GT EyeSight V-SPORTのパワートレイン等

レヴォーグ特別仕様車2.0GT EyeSight V-SPORTは、アクセルを踏み込んでいくと、ダイレクトに気持ちよく呼応する2000㏄直噴ターボエンジンが搭載されています。操るほどに、鋭さとしなやかさが相乗効果と成る上質な乗り味に、レヴォーグで実感できるさらなるドライビングの悦びやスポーツの興奮に、ユーザーの高揚感がアップする仕様です。

レヴォーグ 2.0GT EyeSight V-SPORT
・エンジン 2000㏄水平対向直噴ターボ DITエンジン
・トランスミッション:スポーツリニアトロニック
・最高出力 221kW(300ps)/5600rpm
・最大トルク 400N・m(40.8kgf・m)/2000-4800rpm
・駆動 AWD
・価格 3,465,000円(消費税込み)
 (69320)

アイサイトセイフティプラスとは?

ヒヤリを減らすための運転支援としてアイサイトにプラスされる機能です。

①車線変更や後退時の危険を知らせるスバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)は、車体後部に内蔵されたセンサーによって、自車の後側方から接近する車両を検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドアミラー鏡面のLEDインジケーターや警報音でドライバーに注意を促してくれます。

②夜のドライブを明るく見やすくするハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)では、フロントウインドゥ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、状況に応じてハイビーム/ロービームを自動的に切り替えてくれます。より明るく安全な夜間視界を確保します。

③後ろの視界をグンと広げるスマートリヤビューミラーは、リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像を、ルームミラーに表示してくれる機能です。乗員や荷物で後方視界が遮られてしまう時や、夕方や夜間・悪天候などで後方が見えにくくなる場合でも、安全な後方確認をサポートしてくれます。

④前方/助手席側前方の死角を減らすフロントビューモニターサイドビューモニターは、フロントグリルおよび助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示してくれる機能です。死角を低減し、安全運転をアシストします。
 (69321)

まとめ

スバルが、来年1月23日販売開始で、レヴォーグの特別仕様モデルを販売開始します。コレに先立ってモデル紹介等が早めに行われました。ベースモデルにスポーティな2.0GT-S EyeSightを起用し、厳選パーツ等が特別装備されそうです。同モデルの販売開始が気になりますね。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me