2018年9月19日 更新

<動画あり!>DS automobileから DS3 CROSSBACKが登場!日本のDSホームページにも掲載開始!!!

DS automobileから新モデルとしてDS3 CROSSBACKが発売になりそうです。現時点でもホームページでアナウンスが開始されました。このモデルの詳細を追いかけてみます!!!

<動画あり!>DS automobileから DS3 CROSSBACKが登場!日本のDSホームページにも掲載開始!!!

DS automobile新モデルDS3 CROSSBACKの動画から

DS 3 CROSSBACK : icône du style high-tech

DS automobile新モデルDS3 CROSSBACKのエクステリア等

エレガンスで、快適性、フランステクノロジーが融合したDS3 CROSSBACKが登場。コンパクトSUVの印象的なシェイプは、モダンさと洗練性を映し出すディテールによって、より印象的な存在になるとの事です。

DS独自の技術で作り上げているのが、一番重要なポイントであり、そこにふんだんにフランスの香りと高級感を追加したコンパクトSUVに仕上げているのが伺えます!
 (43445)

多彩なボディカラー×ルーフカラー

ボディーカラーは
・ブランバンキーズ
・ブランパールナクレ
・ブルーミレニアム
・ノアールペルラレラ
・グリアルタンス
・グリプラチナム
・オルインペリアル
・ルージュルビ
・ウィスパー
全9カラーとなっていますね。さらにルーフカラーが4カラー選べる仕様

ルーフカラー
・ブランオパール
・ノアールオニキス
・ダイアモンドレッド
・グリアルタンス

 (43446)

そういえばDS automobileって・・・?

DS automobileをここで少しおさらい!!!

元々は、2009年にシトロエンの高級サブブランドとして設立され、2015年にシトロエンから独立したことで単独のブランドとなったのが、DS automobileです。現在では、グループPSA傘下となっておりますね(プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクスホールブランドで自動車の製造・販売を行っているフランスの多国籍企業)。

簡単な話をすると、、、トヨタとレクサス、日産とインフィニティ的な位置づけであると考えてよいのではないでしょうか?!(チョット強引かもしれませんが・・・)。
 (43447)

エレガントなルックスを醸し出す最新のDS MATRIX LED VISIONプロジェクターヘッドランプ。常時ハイビームで運転しても、ほかのドライバーの目を眩ませることがないのが最大のポイント。それは、フロントガラスの上部に装着されたカメラによって、インテリジェント・ヘッドライトの光線は、周囲の交通事情に合わせて自動的に調節されるからでしょう。

DS MATRIX LED VISIONプロジェクターは、ロービーム用の3つのLEDモジュールに、ハイビーム用のMATRIX BEAMモジュールで構成。全部で15個のLEDで構成されていますが、それぞれが独立することで、道路状況に応じて明るさを段階的に調節できるシステム。
 (43448)

非常にデザイン的な装備として・・・。
必要なときにだけ現れるアウタードアハンドルは、非常に驚きの装備。フラッシュサーフェス処理により、DS3 CROSSBACKの洗練されたシルエットをすっきり、さらにシャープに。
 (43452)

やはりDSモデルには必要不可欠なグリルデザインにエンブレムですね!
 (43449)

DS automobile新モデルDS3 CROSSBACKの内装デザイン等

 (43451)

短距離の移動でも長旅でも、DS3 CROSSBACK車内のきわめて高い快適性を保持してくれる内装になっている模様。画期的な処理を施した高密度フォームをフロントシートにもリアシートにも採用することで、包み込むような高品質のシートを提供してくれるとの事。

長年のパートナー関係であるフランスのFOCAL社と協力して、スピーカー12個と515ワットのアンプ1つを備えた、見事なサウンドシステムを搭載。運転席周りに調和して埋め込まれたスピーカーが、臨場感あふれるサウンドを!きわめて緻密な配置によって、防音が施された車内での優れた音響システムになっているでしょう。

街中ではとくに、静けさは貴重な場所になりますよね?車内が騒音や振動からしっかり遮断されるように技術者たちが苦心して作り上げた内装に仕上げ。DS3 CROSSBACKの車内で、洗練性を存分に堪能してもらいたい想いが込められていますね。

タッチスクリーンの下の中央のパネルはは、華やかな上品さを備え、ブランドのエンブレムを反映していますね。タッチパネルと中央の2つのエアダクトは、ダイヤモンドの形に。

https://www.dsautomobiles.jp/ (42977)

via https://www.dsautomobiles.jp/
直感的なドライビングポジションでドライバーは、最も大切な「運転を楽しむ」ことに集中できるよう最適化されている模様。DS3 CROSSBACKのドライバー席は、すべての情報と設定にすぐにアクセスできるように配慮。

タッチスクリーンとデジタル表示画面
車の設定はワイドな10.3インチのタッチスクリーンから確認でき、走行情報は7インチのデジタル表示画面から確認。快適性を最大化するために、画面に表示される情報(速度、燃料レベル、走行距離、ドライバー補助、ナビゲーション等)を、必要に応じてカスタイマイズすることも可能に。
https://www.dsautomobiles.jp/ (42979)

via https://www.dsautomobiles.jp/

DS automobile新モデルDS3 CROSSBACKのパワートレイン等

3つのパワートレインが用意されるとの事

PureTechガソリンエンジン
パワフルで効率の良いPureTech ガソリンエンジンは、きわめて少ない排出ガス量で、ダイナミックな走行を。

BlueHDiディーゼルエンジン
最新で画期的な汚染抑制システムのBlueHDi ディーゼルエンジンは、ハイレベルの効率性。低公害と高性能で、将来的な基準をも満たすエンジン。

E-Tense 100%電動エンジン
パワーとフレキシビリティが一体化した、きわめて静音性の高い100%電動モーターを搭載したDS 3 CROSSBACK E-Tenseパワーユニット。

パワートレーンごとに、8速のオートマチックトランスミッションと、6速のマニュアルトランスミッションが個々に装備。

センターコンソールにてニーズと希望に合わせて車の走行モードを変えることが可能に!ドライビングとトラクションには、規定のオプションに応じた7つのモード設定。ドライビングモードには、マニュアル、スポーツ、ノーマル、エコの4モード。トラクションモードでは、サンド、マッド、スノーモードの3モード。

https://www.dsautomobiles.jp/ (42980)

via https://www.dsautomobiles.jp/

まとめ

現在、本国のホームページでも公開されており、日本のホームページでも公式に公開がスタートしました。まだ、ラインアップ状況がはっきり公開されていないのですが、通常のDS3が2,590,000円からとなっておりDS4が3,170,000円となっておりますので、通常グレードはこの間の価格になるのではないでしょうか???
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me