2018年10月16日 更新

グーグルのラリー・ペイジ氏イチ押しの「空飛ぶ車」来年デビュー

グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジ氏が支援しているシリコン・バレーの「空飛ぶ車」製作スタートアップ企業のオープナー(Opener)。その甲斐あって、同社の「ブラックフライ」が、来年にデビューしそう。操縦免許が不要な一方、飛べる地域は制限されます。おまけに、ヘリコプターより安いけど、車で比べるとSUV並み。ハードルが高いのか、低いんだか…。

グーグルのラリー・ペイジ氏イチ押しの「空飛ぶ車」来年デビュー

ペイジ氏が数百万ドルを投資、あのボーイングと互角に争う

アメリカのCNBCが報じています(2018年10月12日付け)。

優雅な飛行ぶりですね。ハンドルの代わりにスティックがあるなど、およそ自動車には見えないんですが、まぁ当事者が「空飛ぶ車」と言ってる以上、車なんでしょう。

さて、この会社、今年7月に突如存在がクローズアップ。空飛ぶ車を巡ってはUber、Joby、エアバス、ボーイング等が鎬を削っていますが、そこに食い込んだ格好。不思議なのは、無名なはずなのに、気がついたらペイジ氏が数百万ドルを投資していたこと。

さすがは検索大手、見つけるのがうまい…では無く、同じパロ・アルトに本社があり、元グーグルの役員であるアラン・ユースタス氏が技術顧問を務めている縁のようです。

課題だったバッテリーや推進システムや、障害物を回避するテクノロジーに改良が見られ、小さくて静かで、それでいて安全に離発着出来る段階に達しつつあります。

その上、ヘリコプターやプライベート・ジェット機よりもお値段安めとなれば、期待が増しますよね。もっとも、SUV並の値段になりそうだとのことですから、ちょっと考えてしまうかも?

技術顧問「輸送業界の大きな危機を解決するかもしれない」

ユースタス氏は「輸送業界の大きな危機を解決するかもしれない」と怪気炎を上げています。こうした空飛ぶ車を使えば、パロ・アルトからサンフランシスコまで11分で到着するとしています。

ちなみに、グーグルで検索すると、自動車で36分だそうですが、CNBCによるとラッシュアワーなら90分かかるとのこと。9分の1になるのなら、少し考えてしまいますね。

気になる乗り心地ですが、「全く怖さは感じませんよ」(同社メカニカル・エンジニアのエレノア・リー氏)とのことです。

ただ、課題が今なおあります。法律がそれ。アメリカでは来年から飛行可能ですが、現状では僻地のみ。飛行機の操縦免許は要らないという利点がありますが、混雑する空域では飛べません。

つまり、サンフランシスコからパロアルトまでの飛行は、今のところは無理なのです。法律の方が追いついていない側面があり、総合的な整備はアメリカでも最低5年かかるだろうと見られているそうです。

NASA向けに個人による飛行手段の研究を行ってきたデューク大学のヒューマン・オートノミー研究所のディレクターを務めるミッシー・カミングス氏は「コンセプトとしては面白いが、5年以内に実際に飛べるとは思えない」と残念そう。技術的に可能なのと、法律的に可能なのは別だとなりましょう。

まとめ:スピードそのものは案外遅く、最高速度は100キロ

同社のショップ欄

同社のショップ欄

ユースタス氏によると、社員さんが25人と、所帯が小さいこともあって「運転資金は当面心配しなくて良い」とのこと。実現を見ずして…とはならないのが救いでしょうか。

ちなみに、CNETの「ロードショー」欄の配信記事(2018年10月12日付け)には、人によってはガッカリするかもしれない下りが。案外、スピードが遅いんです。最高時速が62マイル。キロ換算すると100キロ未満なのです。おまけに、乗れるのは1人だけ。「ちょっと贅沢なおもちゃ」な感じがしますね。

なお、ペイジ氏はキティ・ホークという空飛ぶ車のスタートアップ企業にも投資しています。こちらは2人乗りですが、商業化には3年以上かかりそうなのだとか。まぁ、ご本人にしたら、「どっちかが成功すれば良いぐらいな」なのでしょう。

ちなみに、同社のHPにはショップ欄があり(写真上)、Tシャツやキャップなどを販売中。まずは地道に稼ぎたいのでしょうか?でも、ちょっと値段が高い気が…。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373