2018年11月6日 更新

フォルクスワーゲンパサートオールトラックが日本復活!クリーンディーゼル×4MOTIONがポイント。

ワンランク上の上質と走行性能をも与えられているフォルクスワーゲンパサートシリーズ。このシリーズに新たに(日本復活)パサートオールトラックが販売開始になりました。このモデルの詳細を追いかけてみます。

フォルクスワーゲンパサートオールトラックが日本復活!クリーンディーゼル×4MOTIONがポイント。

フォルクスワーゲンパサートオールトラックの概要等!

遊び上手な人の 4駆のステーションワゴンがキーコンセプト。
クラスでは、最大級の広い荷室に快適な室内空間、優れた安全性能が魅力のパサート、これにパワフルでクリーンなディーゼル×フルタイム4輪駆動を搭載したパサート オールトラックが登場したということでしょう。

高められた車高は、雪道やラフな道でも圧倒的な走破性を発揮し、高速クルージング時では低回転からの力強いトルクによりなめらかで安定した走りを体感できる模様。 本気で遊ぶ人にぴったりの広い荷室にドライブをサポートする数々の先進テクノロジーも付属。

45年の歴史を誇るロングセラー、 世界が認めたパサートの血統を継承しています。
走る道を選ばない卓越したパフォーマンスが魅力。より遠くへ、さらにアクティブに。1973年の誕生以来、全世界累計2,200万台の販売台数を達成したロングセラー、パサートシリーズの上位モデル。

広く快適な室内空間と剛性の高いボディに、優れた安全性能などを盛り込んだパサートに、高い走破性と大容量の荷室を両立させたパサート オールトラックが追加されたということでしょう。

パワートレインと4駆の魅力は、悪路での優れた走破性はもちろん、低回転から力強いパワーが発生し、荷物をたくさん積み込んでも余裕のある走りが魅力的。さらに、安定したなめらかな高速クルージング性能や高い経済性をも可能に。道を選ばないパフォーマンスが、アクティビティ性を更に広げてくれるでしょう!
 (49716)

フォルクスワーゲンパサートオールトラックのエクステリア等

アクティブな毎日を実現するために、外観からもわかるのがポイント。パサート ヴァリアントより30mmアップした車高、アンダーガード付バンパーをはじめとしたクロスオーバー的デザインが、力強くてワイルドな印象を与えてくれますね。

シルバールーフレールは、純正アクセサリーのキャリングロッドとして簡単に取り付けることができ、アウトドア用品などの積載にも便利。また流麗なルーフラインを形成し、エクステリアをスタイリッシュに。

ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右、UVカット機能付)は、日射しを抑えるとともにプライバシーを守れる存在に。室内の快適さや安心感をも高めてくれる装備に。紫外線対策にも配慮し、UVカット機能付ガラスを採用しているとの事。
 (49717)

フォルクスワーゲンパサート オールトラックってどんなクルマ?

日本へは、平成24年から導入されているモデルで、平成27年に一度販売終了になっております。

フォルクスワーゲンのパサートシリーズの最高峰モデル「パサート オールトラック(Passat Alltrack)」。ミッドサイズ ワゴンのパサート ヴァリアントをベースに、本格的なフルタイム4輪駆動システム 4MOTION(フォーモーション)と、前方の車両や障害物を感知すると、即座にドライバーに警告(警告灯+ハンドルの振動)を発する先進的なプリクラッシュブレーキシステムなどを標準装備。

2L TSIエンジン(155kW/211馬力)と6速のDSGトランスミッションを採用し、ブレーキエネルギー回生システムを搭載した結果、燃費は11.6km/L(JC08モード)とパワフルな4WDワゴンでありながら高い環境性能も有している初代モデル。

この初代販売中止から3年が経過して、新フォルクスワーゲンパサート オールトラックとして、日本に再上陸したということでしょう!
 (49718)

スマートエントリー&スタートシステム “Keyless Access”
キーを操作することなくドアロックの作動・解除(全席対応)やエンジンの始動・停止が可能なシステムが搭載。ポケットや鞄の中のキーを感知し、ドアハンドルに手をかけるとドアのロックが解除。コンソールのスタートボタンを押すだけで、エンジンの始動・停止も可能に。
 (49719)

フォルクスワーゲンパサートオールトラックの内装等

 (49721)

シートマッサージ機能(運転席)
運転席にはシートマッサージ機能を標準装備。長時間のドライビングをより快適にするこの機能は運転中でも動作可能で、ドライバーの疲労感や運転のストレスを緩和。このマッサージ機能は、今後のトレンドや必需品になってくるのではないでしょうか!

エレクトロニックパーキングブレーキ
スイッチ操作ひとつで、パーキングブレーキの作動・解除が可能。さらにオートホールド機能をONにすることで、停車時にブレーキペダルから足を離しても、ブレーキが維持。発進・停車を繰り返す街中での運転や坂道での発進に活躍。

3ゾーンフルオートエアコンディショナー/アレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター
運転席、助手席、後席の3つのゾーンで温度などを独立して設定可能にしている模様。内気とウインドーガラスの温度差や室内の湿度をモニターすることで、フロントウインドーの曇りも抑えてくれるとの事。また、ポリフェノールをコーティングしたアレルゲンフィルター採用で、アレルゲン除去機能をも付加。
 (49720)

フォルクスワーゲンパサートオールトラックのパワートレイン等

総排気量→1,968cc
最高出力→190PS/3,500-4,000rpm(ネット値) 
最大トルク→40.8kgm/1,900-3,300rpm(ネット値)

コモンレール式燃料噴射システムと可動式ガイドベーン付ターボチャージャーが最大のポイント。さらにデュアルサーキットEGRシステム(高圧タイプ/低圧タイプ)を採用することで、2000㏄ガソリン車並の出力やトルクになっているでしょう!

第5世代のハルデックスカップリングを採用した最新の4MOTIONを搭載。制御ユニットがドライバーのアクセルワークだけでなく、ホイールスピードやステアリングアングルなどのパラメーターを分析して理想的な駆動トルクを計算してくれるのが特徴。瞬時にして前後輪のトルク配分を行ってくれるとの事。
 (49887)

まとめ

Passat Alltrack TDI 4MOTIONは、車両本体価格(税込)¥5,099,000からとなっていますね。クリーンディーゼル採用で、燃料消費率(国土交通省審査値)JC08モード17.3km/ℓとなっております。

日本では、3年ぶりに復活したといってよいパサートオールトラック!このモデルに注目です。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me