2019年7月12日 更新

ルノーMegane RS Trophy-Rが公開、軽量化がポイント!

ルノーから新型Megane RS Trophy-Rが発表されました。同モデルは、ルノーの技術力を駆使して、さらなる軽量化を行って登場していそうです。エクステリア、内装等をご紹介します。

ルノーMegane RS Trophy-Rが公開、軽量化がポイント!

ルノー Megane RS Trophy-Rのエクステリア等

新型Megane RS Trophy-Rの空力性能は、まるで顕微鏡で詳細を調べて、設計したように綿密にアップデートされています。設計自体が、パフォーマンスを最適化することを証明するように仕上げられています。

エンジニアは、空力抵抗を制限しながら前後のダウンフォースを向上させることに成功しています。改良されアップデートされたディテールは、CFD(計算流体力学)とダクトで得られた結果です。

新型Megane RS Trophy-Rのフロントビューは、NACAインテーク付きの新しいボンネットが採用されています。エンジンの下にある同様のダクトと組み合わされて、空気の流れを約7パーセント改善します。ハードドライブ中のエンジンルーム冷却を最適化してくれるシステムです。

停止時は、ボンネットにセットされた新しい横方向のルーバーが、NACAダクトと組み合わせて作動し、エンジンの熱気を自然放出してくれます。

フロントバンパー下とフロア下の新しいフェアリングは、リアディフューザーへのエア供給を最適化してくれるようアップデートされています。さらにフロントバンパー下のボトムブレードは、フロントとリア間のより良い空力バランスを提供するために再構築されています。
https://www.netcarshow.com/ (63330)

via https://www.netcarshow.com/
新型Megane RS Trophy-Rは、130kgの軽量化が図られています。300psターボチャージャー付き1800ccエンジンは、今までのモデルでは、1トンあたり209psに対して、新型では、230psの重量対出力比に仕上がっています。質量の削減は、さまざまな方法で行われました。
https://www.netcarshow.com/ (63331)

via https://www.netcarshow.com/
カーボンファイバー製リアディフューザーは、中央部でさらに大きな有効表面積を特徴とするように仕上げられています。より細いF1タイプの湾曲したブレードデザインです。

ツインAkrapoviチタン製エキゾーストは、ディフューザーの輪郭に沿ってカットされたテールパイプを装備したことで、中央の空気乱流を最小限に抑えることができます。気流を最適化することにより、エンジニアはMegane RS Trophyと比較して、ダウンフォースを増加させました。
https://www.netcarshow.com/ (63332)

via https://www.netcarshow.com/

ルノー Megane RS Trophy-Rの内装等

新型Megane RS Trophy-Rの内装は、軽量化というエンジニアの執念から仕上げられています。改良を加えながら、内部全体のほとんどが、質量を最小限に抑えてパフォーマンスを向上させるためにアップデートされています。

Sabeltコンポジットモノコックレーシングシートは、滑りにくく丈夫なAlcantara®で仕上げられ、1シートあたり約7kgの軽量化が図られています。サベルトの6点式ハーネスが付属し、両方の座席は軽量サブフレームを使用して3種類の高さに設定することができます。

新型は、後部座席の取り外しが可能になっています。これにより3kgのカーウェイトが減少します。オプションのカーボンファイバー製ホイールを装備した車には、さらに、1.3kgを節約できます。

7.0インチのインフォテインメントスクリーンは、標準のトロフィーの8.7インチスクリーンと比較して250gの節約とています。こういった内装装備でも軽量化が行われていますね。
https://www.netcarshow.com/ (63333)

via https://www.netcarshow.com/
Megane RS R26.RとMegane RS 275 Trophy-Rのように、新型Megane RS Trophy-Rは、さらに専用性のあるモデルに昇華しています。洗練された魅力的なハンドリングを求めているユーザーや最も要求の厳しいタイプのユーザー向けのモデルですね。

同モデルは、フランス、ドイツ、イギリス、スイス、そして日本が主要市場で、世界で500台限定シリーズとして発売されます。世界中の500台の内、30台は、カーボンホイール・カーボンセラミックパックのオプションを特徴とする超限定バージョンです。

残りの470台は、新型Megane RS Trophy-Rの性能をさらに向上させることを目的としたさまざまなオプションが設定できる状態で供給されます。

オプション例
①調整可能なリアバンプストップとショートサスペンションスプリング
②DESSリチウム電池
③6点Sabeltハーネス
④動的吸気のための吸気ダクト
⑤ダイナミックエアインテーク
https://www.netcarshow.com/ (63334)

via https://www.netcarshow.com/

ルノー Megane RS Trophy-Rのパワートレイン等

1800cc直噴ターボ4気筒ユニットは、6,000rpmで300psを発生させ、400Nmのトルクです。ターボチャージャーは、フォーミュラ1で使用のセラミックボールベアリングコーティングをフィードバックさせて搭載しています。

ルノースポーツのエンジニアは、デュアルクラッチEDCトランスミッションよりも軽量な6速マニュアルギアボックスを同モデルに組み合わせています。大幅な軽量化と相まって、優れた性能を発揮します。

最高速度は、時速262km
加速0〜100mは、5.4秒
さらに、エンジンは、ガソリン粒子フィルターを備えており、ユーロ6dの温度基準を満たしています。

画像は、日本導入のメガーヌR.S.

 (63397)

まとめ

ルノーからMegane RS Trophy-Rが公開されました。RS 275 Trophy-Rや RS Trophyと比較して、かなりの軽量化を図って登場しそうです。このモデルは、世界で500台限定となっています。日本にも導入予定ですが、日本への導入台数は現在未定です。日本登場が楽しみですね。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me