2018年10月31日 更新

ホンダ「フィット」次期型を初スクープ!「i-MMD」ハイブリッド搭載で45km/Lも視野、2019年発売予定.!

ホンダ「フィット」次期型の最新情報をお届けします。

ホンダ「フィット」次期型を初スクープ!「i-MMD」ハイブリッド搭載で45km/Lも視野、2019年発売予定.!

最新情報!

ホンダの人気コンパクト・ハッチバック、『フィット』の次期型プロトタイプをカメラで初めて捉えることに成功しました。

今回カメラで初めて捉えたプロトタイプは、初期段階のためなのか、厳重なカモフラージュで包まれていました。
フロント

フロント

しかし、カモフラージュから見てとれるように、エクステリアは大刷新されることが伺えます。

まず目についたのは、フロントドアベンチ(三角窓)です。

現行型の正三角形に近い形から、Aピラーの上部へ伸びる純角三角形となることで、視界が大幅に向上しています。
サイド

サイド

リア

リア

また大円形プロジェクト・ヘッドライトも確認できるますし、他にはDピラーは厚みを持ち、テールライトは、リアウィンドウに沿って伸びる縦型から、ワイドな横型へ変更されているのも見てとれます。

大刷新されるエクステリアと共に、パワートレインにも注目です。
1リットルの直列3気筒ダウンサイジングターボを搭載することで、最高出力128psのハイパワーを生みます。

さらにホンダの新世代ハイブリッドシステム「i-MMD」(2モーター方式ハイブリッド)を搭載し、馬力アップや燃費性能の向上が見込まれます。

最高出力は、エンジンとモーターをあわせ合計145psとなり、燃費は45km/Lを目指して開発が進んでいると言われています。

また高性能「RS」の設定されるのが確実と見られていて、こちらも1リットルターボの搭載が予想されています。

今後情報

公表が予想されるワールドプレミアの場は、2019年後半のモーターショーが有力とされています。

海外でも人気が高い車種の次期型の発表は、今後の最新情報に大いに注目です。

「フィット」とは?

「フィット」の歴史は、2001年に『ロゴ』の後継車として初代フィットがデビューしました。

日本を代表するコンパクトカーとして、2001年に登場しました。2007年には、新型がデビューすることともに2代目へと移り、初代よりもボディが拡大されました。

2013年には、3代目となる現行モデルが発売されました。海外向けには、『ジャズ』との名称にて、現在世界各国でグローバルに活躍している車種となりました。

現在の日本でも、まだまだ人気の車種です。

<ハイブリッド車・HYBRID>
・駆動方式:FF、4WD
・エンジン:1.5L i-VTEC+i-DCD
・トランスミッション:7速デュアルクラッチトランスミッション
・JC08モード燃費:FF 37.2km/L、4WD 29.4km/L

<ガソリン車・13G・F>
・駆動方式:FF、4WD
・エンジン:1.3L i-VTEC
・トランスミッション:CVT、5MT、CVT
・JC08モード燃費:CVT 24.6km/L、5MT 21.8km/L、CVT 20.2km/L
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部